1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の「ラジマガサーキット破りin焼山サーキット」参戦に向けてBDのメンテ開始です^^
BDのメンテ 2月28日

BDはとてもメンテナンス性がいいので、あっという間にバラバラです。
まずはベアリングから。今回初めて“RPMベアリングブラスター”を使ってみました


Bブラスター 1
クールなクリアブルーがいいカンジです。

Bブラスター 2
このようにベアリングを乗せて・・・

Bブラスター 3
フタを被せて上部の穴からクリーナースプレーをジューーー!!!っと注入します☆
これは実によく考えられていて、クリーナー液の圧力がベアリング内部の汚れ等を押し出してくれます。
底から勢いよくクリーナー液が吹き出るので、トレイのようなものを受けておかないとタイヘンなことになります><
この“RPMベアリングブラスター”は定価1200円もするのですが威力はなかなかのものですよ♪

もうひとつベアリングメンテで重宝しているのが“KOSE ベアリングチェックスティック”です

Bチェックスティック 1
なんだかゲッター2を思い起こさせるカタチですね^^;
Bチェックスティック 2
クルクル~っと回してチェックしてます。これも便利ですよ~☆

次回、デフメンテ編へつづく・・・

スポンサーサイト

ボディの塗装とライト製作を終え、ついに“マイティフロッグ”完成しました!!
マイティ完成 2マイティ完成 3

ドーーーーーーーーン!!!う~ん懐かしいです・・・このシルエット;;
パッと見は旧マイティと同じように見えますが、実は進化している点もいくつかあります。
その代表格がオイルダンパーです!!非常にスムーズに作動します☆
外観は昔のオイルダンパーにそっくりですが、中身は最新のTRFダンパーに近い造りとなっていて、ピストンはテフロン削り出し3穴が入っています。
マイティダンパー
TRFダンパー同様、5ミリピロボールで取り付けてガタのないスムーズな動きを獲得♪キット標準ではビスで取り付けるようになっています。
マイティアップライト
アップライトの上下方向に1ミリ以上のガタがあり、磨耗の原因となりそうなのでキングピンにシムを入れて調整しました。
プラメタルは全てスクワットVCベアリングに交換しています。
マイティバッテリーホルダー
バッテリーホルダーにもひと工夫。最大の重量物であるバッテリーを後方の低い位置に固定できるように、ウレタンスポンジテープとエプトシーラーを貼ってみました。トラクション向上が狙いですが効果のほどは・・・どうでしょう^^;
エプトシーラーはカー用品でおなじみの“エーモン”がカーオーディオのデッドニング用に発売しています。ウイニングがバッテリー保温ウレタンとして発売しているものと同じ素材ですが、“エーモン”製は片面が粘着テープになっているので貼り付けが可能です。
マイティメカプレート
そして旧マイティからスピコン取り付け用アルミメカプレートを拝借しました。旧マイティファンとしてはこれが付いていないと違和感があるんです><
復刻版はアンプ指定となっているためか、鉄製のパイプ2本で左右のメインフレームを連結するようになってます。鉄製パイプは結構重いので、アルミメカプレートにすることによって計量化にもなります☆
アンプのスイッチをメインフレームの上に取り付けました。ボディを載せていてもフロントウインドの開口部から指を入れてON-OFF可能です。

愛情たっぷりに組み上げたマイティフロッグ。近々“笠岡湾干拓 太陽の広場”か“笠岡運動公園”にてシェイクダウン予定です^^

マイティは子供のおもちゃ
今朝、夜勤から帰ってみると・・・なんじゃこりゃ^^;
さっそく子供に遊ばれてしまったみたい・・・やっぱりこのカタチは子供の興味を引くようですね♪

“マイティフロッグ”のボディ製作の続きです。

パイプフレーム部分をブラックで塗装したら、次はピンクの部分を塗りにかかります。
手持ちの塗料の中からピンクを探したところ、タミヤポリカカラースプレーの蛍光ピンクしかありません。でも・・・

蛍光カラーには“ポリカーボネート”用の製品であっても食い付きが弱く衝

撃などで剥離しやすいという弱点があるんです。

私自身、出光シビックやチャージマツダ787Bを塗装したときに蛍光オレンジが剥離してボロボロになったという苦い経験があります;;

そこで登場するのが「救世主」“東邦エンジンカラー”“京商ポリカカラー”“クリア”です!!

これはかなり重要ですよ!!!

蛍光カラーを塗る前に薄くクリアを吹いておけば、クリアの塗料が“つなぎ”の役割をはたしてくれるのでガッチリ食いつきます!!さらに、マスキングテープとボディの隙間も若干埋めてくれるので、塗料のはみ出しも軽減されるかも!(←期待しすぎはいけません)

今回私は“東邦エンジンカラーパールブルー”を薄く2回吹いてクリアの代わりとしました(大丈夫かな・・・)。その上から“蛍光ピンク”を重ねることによって、近くで見たときキラキラして綺麗なピンクを狙ってみました^^
ピンクの部分が済んだら次は白です。白は全体に吹き付けます(窓はマスキングしたままです)。蛍光カラーは白で裏打ちしないと綺麗に発色しませんし^^

そして“マイティフロッグ”のチャームポイントでもある“ライト”を作ります。
合わせ目に瞬間接着剤を流し込む→耐水ペーパーでやすりがけ(合わせ目消し)→スジ彫り彫り直し→サーフェイサー吹き付け→ホワイト塗装→イエロー塗装→フラットブラック塗装と、まるでガンプラを作るかのような手間をかけて完成させました^^;
マイティライト 1
↑サーフェイサーを吹いたところ
マイティライト 2
↑イエロー塗装後マスキングしてフラットブラックを吹きました
マイティライト 3
↑やっと出来上がり!!

ライトは頑張って作りましたがドライバー人形は作りません・・・だってオッサンがキモいんだもん><

一日でメカ積みまですすんだ“マイティフロッグ”の組み立ても最終段階に突入!!

いよいよボディの塗装です。そこで登場するのが“ザフト軍 最終兵器ジェネシス”じゃなくて、“自作ペインティングブース”!!
自作ペインティングブース
ホームセンターで家庭用換気扇とダンプレート(プラスティック製段ボール)を買ってきて、布ガムテープで貼りあわせて組み上げたものです。ブラックのダンプレートと布ガムテープを使ってシックに仕上げました。換気扇が吸い込んだ塗装ミストを、上部のダクトから室外へ抜く仕組みとなっております☆
市販の塗装ブースの半額くらいで出来ました^^

そしてボディのマスキングに取りかかります。
取説では黒いパイプフレームの部分はデカールを貼るようになっていますが、私は塗装で仕上げることにしました。
マイティマスキング完了
黒に塗る部分以外をすべてマスキングテープで覆いました。結構たいへんでした^^; 

ここまで順調にきた“マイティフロッグ”の組み立て。
いよいよメカ積みです!!
あれこれ考えた末、FF01シャーシ“出光モーション無限シビック”から外して使うことにしました。

マイティ用メカ群
フタバPCM受信機とS9401サーボ、アンプはTEKIN411-G2と旧車には贅沢な超ハイスペック(?)メカを搭載します!LRP ICSデジタルはTEKINがダメだったときのピンチヒッターです^^;

そして・・・TEKINも無事作動してくれてスムーズにメカ積み完了!!!
ブレークインしてあったマブチRS540SHモーターを搭載!!カットしたボディを載せて室内シュイクダウンも済ませました^^
マイティメカ積み完了

よ~し!この勢いでボディも塗ってしまおう☆
時間の誘惑 ~TIME LEAP~

今日は天気がよくポカポカと暖かい日だった。
窓を開けてさわやかな風を部屋いっぱいに取り込んだ。
こんな気分のいい日は目を閉じて物思いに耽るのもいいだろう。

マイティ箱

さあ、出掛けようか。20年の時を遡り少年だったあの頃の“自分”に逢う旅へ。


と、さむい前振りはここまで!!
遂に買ってしまいました“タミヤ マイティフロッグ”!!

福山ラジコンセンターさんでは通販店もビックリ!のお値打ち価格ですよ!!
30代の少年たちよ!!いそげ~^^

マイティ組み立て中
早速組み立て中の図。懐かしいです;;
オールレンジバリアー、ブラックグリスなどの近代ケミカルをふんだんに使って仕上げます。
3種から選べるギア比はもちろん「高速仕様」!
今日は仕事に行く前にちょっとだけボディを塗りました。
練習用に作っている“ライド・ダッジMk-Ⅱ”です。

私は“ダッジ・ストラトス”と名前のつくボディはすべて実車のほうの愛車“シビックフェリオ”をモチーフに塗っています^^
ラジコンの“ダッジ”はかなりディフォルメされていて縦横比などが実車的ではありませんが、塗り方で自分仕様“シビックフェリオ”に近い雰囲気を出せる(と思っている)ので大好きです♪

フロントバンパーの部分はEGシピック定番エアロ“BOMEX ビッグマウス”パターンです。
開口部はミニ四駆用メッシュ(軽量化に使うやつ?)を裏からあてて黒を塗り、ドライヤー強制乾燥させたあとメッシュを取り除いてシルバーを塗ります。手軽にメッシュなカンジを出せるのでおすすめですよ^^

Mk-Ⅱ塗装中
あとはライトとテールを塗るだけとなりました。ちょこっと写っているのが“ミニ四駆メッシュ”です。
昨日の続きいきま~す!!長いで~す(爆)

予選1ラウンド目で奇跡の31周をマークしたのでBメイン入りはほぼ確定しました。今日のBDの調子ならノーミスで走ればあと数秒は縮められるかも・・・などど妄想しつつ午後からの2ラウンド目に向けてメンテを開始します。
しかし・・・相変わらずどんよりとした曇り空で路面温度が上がらないため、次のラウンドもRP24じゃないとツラそうです。勝負用タイヤはRP24とRP30が1セットずつしかないため「予選2R目RP24(2パック目)→決勝RP30」という作戦を選択。RP24は先ほどの走行でフロント2本がかなり磨耗していますがラスペネ塗布で無理やり使うことに決定!!
そしてWAKO マッチド IDEAL GP3700の№3を充電スタート!
モーター換装、各部アライメントチェックなどした後10gのウエイトを積みました。好調なのでセット変更はしませんでした。

ところが2ラウンド目出走数分前という時に、急に晴れ間がのぞいて路面温度がグングン上昇!!あっという間に20℃を超えてRP24ではキツい状況になりました。やむをえず“自作バッテリーウォーマー”のなかに放り込んでいたRP30に履き替えます!!急いでタイヤウォーマーをかけますがほとんど温めることができないまま出番となってしまいました><

そしてレーススタート!!やはり最初の数周はグリップ感がいまひとつで不安定です。でも温まってくればイケるかも~と思った矢先、インフィールドで縁石に引っ掛けて激しく転倒!!!コースマーシャルの人に救助してもらっている間に数台に先行を許してしまいます。
コース復帰してからは徐々に調子が上がってきて、何周かしているうちにトップを走るA山選手に追いつきました。そのままずっと周回を重ね、最終ラップでなんとかA山選手の前に出ることができました。
終わってみれば30周 8:00:340 ベストラップ15:270 アベレージラップ16:011・・・
序盤の転倒がなければ1ラウンド目の記録を上回っていたかもしれません。

すべての予選が終了し、なんとBメインポールポジションが確定!!
強豪23名がひしめくスーパースポーツクラスで予選総合9位は明らかに出来すぎです^^;
Bメイン決勝にズラリそろったメンバー私より格上の選手ばかりですよ・・・
とはいえせっかくのチャンスなのでメイン優勝を狙いたい!!と欲を出し、気合いを入れてマシンのメンテに取り掛かります。
モーターをコミュ研磨&ブレークインを済ませたフラットアウトL-Tに交換し、WAKO マッチドGP3700の№2を充電スタート。クラッシュによるダメージがないかを確認しつつアライメントをチェック。
タイヤは引き続きRP30で行くことにしました。磨耗もほとんどなく新品に近い状態をキープしています。ラスペネを塗ってウォーマーにかけてピットを離れ、いろんな選手とトークを楽しみました^^

そして出走20分前にピットに戻り、「ラスペネは乾いたかな~?」と思ってタイヤを確認してみると・・・ガビーーーン!!!ホイールが熱で変形してるぅ。゚(゚´Д`゚)゚。
まだほとんど新品だったし、レース後は練習用として末永く活躍してもらう予定だったのに、これではもう使い物になりません;;

結局決勝は状態の悪いRP24を使うことに><
15時くらいから曇り空になり気温とともに路面温度も10℃くらいに下がったままだったので、どのみちRP24でなければ勝負にならない条件だったのですが・・・貴重なタイヤを1セット失ったショックは大きく、テンションは一気に急降下・・・

そんな中いよいよBメイン決勝がスタート!!慎重にスタートを決めてトップのまま1コーナーを回りますが、タイヤがズルズルでクルマが前に出ません。ラスペネの仕込みが失敗したのか、ペースが上がらず苦しみながらのトップ走行が続きます。5、6周したあたりで2番手に上がってきた選手がすごい勢いで追いついてきました。
「ペースを上げなければ抜かれる!!」緊張が走った瞬間、私のBDは操縦台前の高速コーナーで宙を舞ってコースアウト!!その後コース復帰したもののダメージは大きく、1周回ってきたところで走行不能となりそのままリタイヤ・・・ガマンして走っていればタイヤグリップが良化してくる可能性もあったのにもったいない;;

初のスーパースポーツクラス参戦は残念な結果に終わりましたが、31周をマークできたことで少し自信がついた他、レース以外でも『いい事』がいっぱいありました。
数名の選手と初めてお話できたこと、WANGANから来られた選手が私のことを憶えていてくれたこと(感動しました)、そして普段からよくしていただいている方々とたくさんお話できたこと。POMに行く度にレースに出る度にどんどんラジコンが楽しくなっていきます!!皆さん本当にありがとうございます!!これからもよろしくお願いします^^

今回のBDセッティングは“当たり”のようで、レース後にH見氏とhideさんと走らせたときの感触はいままでで最高のものでした(時すでに遅し・・・)。今度走らせるのが楽しみで仕方ありません♪

変形したRP30
↑ホイールが変形したRP30・・・ウォーマーのかけ過ぎに注意しましょう;;
2006シーズンの開幕戦が終わりました。初めてのスーパースポーツクラス参戦、そしてBDでの初レースでもありました。
今日一日でいろんなことがあったので時間の流れを追ってリポートしてみたいと思います^^

朝7時頃POMに到着するとすでに大勢の方が到着されていました。YO-YO-さんのNEWマシン“モビリオスパイク”を見せていただきながら実車トークしているとhideさんが来られました。hideさんと一緒にM山さんグループに混ぜていただいてピット設営しました(←スゴいことその1)。
今回はWANGANからの刺客(?)が数名来場予定で、なんと『チーム天草』時代からお付き合いのある“H見氏”が来られます!!(←スゴいことその2!!)昨年ラジ復帰して以来、“H見氏”と一緒にレースをするのをとても楽しみにしていました^^

8時頃に“H見氏”が到着!荷物運びを手伝い、ピット設営後電源提供☆現地での作業がいっぱいあったので、顔見知り&仲良しさんへの挨拶まわりの後、大好きなおしゃべりもそこそこにアライメントチェック、モーターメンテ、タイヤのサンディング、レース用バッテリー放電などなどモタモタと進行。ダンパーオイル補充は面倒くさくなってやめました^^;
気になる天候はほぼ曇りっぱなしで路面温度が上がりません。組み立てを済ませていたRP30を使う予定が一転、RP24を組まざるをえない状況に追い込まれました><
中古タイヤからインナーを取り出すところから始まり、かつてないハイペースでタイヤが完成したのは出走5分前!!どう考えてもタイヤウォーマーをかける時間が足りませんがどうしようもありません;;
モーター搭載、バックラッシュ調整、トランスポンダー取り付けなどミスのないように急いで済ませ、勝負用バッテリー『WAKO マッチドGP3700 最上級グレード№1』を載せてなんとか出番に間に合いました。

そしてスーパースポーツクラス予選第1ラウンドがスタート!!
やはりタイヤ温度が低いようで挙動が不安定なためクリップを突いていけません。でもミスだけはしないよう気を付けながら淡々と周回を重ねます。10周くらい周ったあたりからタイヤにアタリが付いてきたのかイイカンジで走れるようになってきました!!
2,3回軽く縁石に引っ掛けたり、フラついてオーバーランしたりしたものの、さほど大きなミスもなくこのヒートのトップでゴール。気になるタイムは・・・
31周 8:11:830 ベストラップ15:210 アベレージラップ15:865!!!
ナンジャこりゃぁっ!!!誰のタイムですか?コレは!!31周って・・・マジですか?!(←スゴいことその3!!)
とても私が記録したタイムとは思えません・・・確かにBDはよく走っていましたし、転倒するほどのミスもありませんでした(←奇跡!!)が、いくらなんでも出来すぎです。

長くなってきたので次回に続く・・・

2006開幕戦にて
<予選2ヒート目に向けて準備中の図>
1ラウンド目の重量計測でギリギリセーフの1503gだったため10gのウエイトを載せました。仕事を終えた『アレックス フラットアウト-レイダウン』の代わりに『ルナ レジェンド-レイダウン』を搭載。
レースの時はいつもこの2基を順番に使っています^^
やっとBDのメンテが終わりました。
23:30に仕事から帰って急ピッチで頑張ったのに終わったのは3:45!相変わらず手が遅いです><

モーターのメンテとダンパーのオイル補充は現地でしないといけません。NEWボディはまったくの手付かずで、結局EVOⅣから奪って使いまくっているボロボロのライドMkⅢを使うハメになりました;;

今回新たに“バッテリーカバー”と“センターボディマウント”を作ってみました。
“バッテリーカバー”はもはや冬季の必需品で、昨年最終戦でEVOⅣに装着して効果を確認しています♪

2006シーズン開幕戦、楽しんでがんばってきます^^V
バッテリーカバー

ただいまBDの完バラメンテ中です。

リアサスシャフト1本と、ステアリングポスト1本が曲がっていたので交換しました。
先日のWANGANタミチャレのとき、一緒に参戦していたO本選手からステアリングポストは非常に曲がりやすいと聞いていたのでスペアは用意してありました。助かった~^^;

『BD-202P アルミ製ステアリングベルクランクポスト(2コ入) 550円』

BDユーザーの方はチェックしてみることをおすすめします^^

今回リアにアルミドッグボーンを入れてナックルをトレール0にしてみました。

BD初完バラメンテ


PRO2セッティングボード
↑PRO2のセッティングボードに付属していた小さいアクリル板はゲタとして使ってみました。
アクリサンデー等で接着してしまうと取れなくなるので、ニトムズの超透明両面テープで貼り付けてみました。思ったとおりキレイに仕上がってよかったです♪
2ミリ厚だったので全高17ミリになりましたが問題ないでしょう^^
今日は“WAKOさん”に寄って新兵器“PRO2セッティングプレート”をGETしてからPOMに向かい、着いたのはお昼ごろでした。
時折小雨がぱらつき強風が吹きすさぶという悪コンディションの中なんとかピットを設営し、バッテリーの放電→充電、グリップ剤塗布&タイヤウォーマーセット、ダンパーオイル交換、アライメントチェックなどのメニューをモタモタとこなし、一息ついたところで“さちさん”にいつものお好み焼きをオーダー♪

30分後お好み焼きを取りに行って帰ってくると、ランチアラリーボディーを乗せた京商TF-2でおなじみのM本氏が来られていました。
M本氏はウチの“OH!月”をはじめ数名のビギナークラスの選手を次々にシゴいてレベルアップさせてくれるありがたい人物で、平日のPOMには欠かせない存在です。
M本氏“マジで数年ノーメンテ”TF-2を封じ込めることが出来ればビギナークラスのレースで上位が狙えるレベルにあると思って間違いありません!!
WAKO CUPでビギナークラスに参戦している、もしくは参戦予定の方はぜひ挑戦してみてください。ウデが上がりますよ^^

間もなく練習に来られた“WAKO T店長”と一緒に2パックほど走らせてみましたが、路面コンディションは最悪に近いようでぜんぜんダメでした。とういか私のBDは本命タイヤRP24中古を家に忘れて来たため、代わりに使っている古いCS22の影響が大きいです^^;

そして15時すぎに“さちさん”が愛車“415MSX”を持って来られました。ラジトークに花を咲かせていると“WAKO T店長”三たび登場!!恒例の平日1パックバトルのスタートです!!
いつもならこの二人に付いていくのはかなり難しいのですが、今日は3人それぞれに不安要素を抱えているため意外にも接近戦に!!
“さちさん”
は事前に私が伝えた路面温度(そのときは23℃だった・・・のに)に合わせてソレックス32Rを装着しているためメチャメチャ辛そうです・・・ちなにみこのバトル時の路面温度は15℃くらい(ゴメンナサイ><)
“WAKO T店長”は私の『充電完了後2時間放置プレイGP3700』を搭載しているためパワーが足りない模様・・・(爆)
終わってみれば私のワナにかかった二人相手にいい練習ができちゃったみたいなカンジで、申し訳なくも楽しいバトルでした^^; レース当日も路面状態と温度に振り回される予感がしますね~タイヤ選択を含めてセッティングにも苦労しそうです。
2月17日練習
今日は予定通り『長女スキーデビューツアー』に行ってきました。

選んだゲレンデは“上蒜山(かみひるぜん)スキー場”。岡山県内のスキー場に行くのは“新見いぶきの里”以来2箇所目です。
ここに決まったのはズバリ!お金がかからないから!!子供が主役なんで親は満足できなくてもイイんです^^;

ネットで入手できる割引券を使うと、「リフト1日券・昼食券・コーヒー券・温泉入浴券」(←平日限定です)がセットでなんと2500円!!なんだこのプライス!!5歳と3歳の娘は無料でした(いいのかな?)!!

リフトは1基でコースは3つ、最大斜度18°とスペック上はヤバいくらい小さい感じですが、コースとリフトの長さは猫山より長いかも。
食べ物もしっかり作り込まれた物が出てきました!レンジでチンッ!!じゃありませんよ^^

長女の滑りはといいますと、これがビックリ!!初スキーでオモチャの板とゴム長靴を履いているわりには上出来でした♪スピードが出たり転んだりするのにも全く臆することなくナンボでも挑戦します!!
来シーズンはちゃんとした道具買ってやるかなぁ・・・

午後2時を過ぎた頃に霧雨が降ってきたので撤収し、“休暇村蒜山高原”で温泉に入って帰りました。
近くてリーズナブルで大満足のツアーでした^^

さて、明日はPOMで練習です!!でもメンテの続きは現地でやろうかな~今日はもう疲れてるし^^;

そういえば・・・ちーぱぱさんからの確かな情報で3/5日のJ&KタミチャレにはEVOⅣで出られるクラスがないことが判明しました;;これは困りましたよ・・・

やっとBDのメンテに取りかかりました。

レース用に温存しておいたボンバーベルト&セラミックベアリングの仕込みと、手持ちのスプリングのバネレート測定が今日のメニュー。

スプリングはヨコモ、レイスピード、アソシ、テック、タミヤ(イエローは3台分!)と種類が増えすぎて、硬さを調べないと使うのにも困る状況です。面倒だけどきっちり測定して的確にセット変更できるようにしたいと思います♪

明日は蒜山方面へ家族でスキーに出かけますが、やっぱり雨が降るみたいです・・・雪ならいいけど雨は困りますね;;
BDメンテ開始

16日(木)の“長女スキーデビュー”(次女はそり)に向けて子供のスキーウェアにミノフスキー粒子・・・じゃなくて防水スプレーを散布しました。

でも天気予報によると降水確率70%・・・orz
子供のウェア

~初めてのレース~編

ミッドシップに改造したゼルダでライバルとしのぎを削っていた中3か高1のある日(←記憶が・・・)、JUN君パパが“笠岡西中RC軍団”の精鋭7人を福山メモリアルパークで行われるという“ヒロボーRCレース”に連れて行ってくれることになりました。もちろん生涯初のラジコンのレースです。
会場についてみるとけっこう華やかな雰囲気で、たくさんの参加者で賑わっていました。なんと広島のTV局のカメラが来ており“河内りえ”さん(←漢字がわかりません><)という美人リポーター(アナウンサー?)が取材して回っています!!
ヒロボーが世界に誇るラジコンヘリのデモフライトもありました。初めて見るRCヘリのスゴさに度肝を抜かれました・・・
“ストロベリーズ”(←たしかこういう名前だったハズ)とうい2人組アイドルのステージもありました♪

でも“笠岡西中RC軍団”を一番ビックリさせたのはヒロボーワークスドライバー『B所さん』のすごい走りでした!!!
自分達のマシンとは走りのレベルがケタ違い!!!とにかくスピードが速いです!!!
この日以来『B所さん』は我らラジコン少年のヒーローとなりました。その証拠にレース後数名が“ヒロボーエイリアン”“ヒロボーインベーダー”に買い替え、JUN君に至っては伝説の高級車“ヒロボージェラシー”を買うことになるのでした。

あっ、レースの結果はもちろん・・・「決勝リタイヤ」でした^^;

メモリアルパーク

レースが行われた『福山メモリアルパーク』。
奥にあるオペラハウス(?)で「ストロベリーズ」のステージがありました^^

-- 当時仲間内で流行っていたモノ --
・ヒロボーサターン(パナ製ニッカド)
・NASA PRO TURBO(謎のニッカド)
・ヨコモ ホットラップスタイヤ
・ヨコモ インタークーラー
・AYK クリーナースプレー 
ここ数日、レーザーZXやタミヤFF01などを復活させるにために、古いラジ用品が入ったダンボール箱を漁っていると続々と出てくるものがありました。

それは・・・歴代“メガテック”送信機!!!

思い返せば“初代アタック”に始まり今の“メガテック3PK”に至るまでずっとフタバプロポを愛用してきました。
ホイラープロポが高嶺の花だった15年くらい前(←いいかげん)、“メガテックJr.”がデビューしました。お世辞にもカッコよくはなかったけれど、クラス初の舵角調整機能がついているのに惹かれて購入しました。
その数年後突如ナローバンド化の波が押し寄せてきました。ハイエンド機を買うお金はなかったので仕方なくナローバンド対応“メガテックJr.”2号機購入。しかし、優しいフタバさんはなんと旧バンド仕様のメガテックJr.を2000円くらいでナローバンド使用にアップデートしてくれたのです!!!
このようなユーザー救済措置(?)をとってくれたのはフタバさんだけでした。フタバさんが大好きになりました^^
年に2,3回レースに出るようになったF1ブームの頃、PCMというハイテク(?)に魅せられて“メガテックPCM”を買いました。しかしこのシリーズは不人気だったらしく、レースに行っても使っている人はごく少数でした^^;
数年後(←またいいかげん)、名機“メガテック3PJ”デビュー!!!今見てもカッコいいスタイルと充実した機能が功を奏し、今日のカー用プロポ界におけるフタバの地位を確立する原動力となりました。のちにレスポンス向上型“3PJ Super”へと進化します。
そのまた数年後、待望のハイレスポンスシステム搭載の最新鋭機“メガテック3PK”デビュー!!!福山ラジコンセンターに並んで1番に購入(←実話)!!いまでも元気に活躍中です^^

メガテック兄弟
ズラリ並んだメガテックブラザーズ
モビルスーツみたいw
3PK 1
“自分仕様3PK”
S藤さんに解体法を教えてもらい、キャロムショットの『ガンブルー』で塗装済み。
カーボンプレートをワインポイントに、ちーぱぱさん作製『プロジェクトK』デカールでキメてます♪
トリノオリンピックを観ながらレース用“ライド・ダッジMkⅢ軽量”にパターンを描き込みました。

RC WORLDの百武さんの記事を参考に、マスキングテープでの転写にチャレンジしてみました。このワザすごく便利ですね~!!おかげでサクサク描き込めました♪
この調子ならレースに間に合うかな?

でもBDのメンテもしてあげないと^^;

上村選手と里谷選手が予選通過!!!決勝でも頑張ってほしいですね☆
ジャンプの原田選手が失格・・・残念(´Д⊂グスン



軽量MkⅢ描き込み完了

昨日、発注していた新兵器『GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサーL10』が届きました。オーバーホールに出したWAVE 217が3ヶ月経っても帰ってこないので思い切って購入に踏み切りました。これでやっとBD用の新しいボディを塗れます♪

このリニコンL10のいいところは高い静粛性と24時間連続使用可能というタフぶりです。たいていのコンプレッサーには連続使用時間に限りがあり、それを超えて運転し続けると発熱などにより故障してしまうようです。
会社の装置の中に同じ形状の大型コンプレッサーが入っているのを見たことがあるので、おそらく工業用コンプレッサーをアレンジしたものだとおもわれます。

リニアコンプレッサーL10 1


↓フロントマスクを塗ってもらえるのをずっと待っていたライドダッジMkⅡとエクセルアコードです。どちらも練習用ですが、レース用ボディが間に合わなかったら出番がやってくるかも^^;
MkⅡとアコード

POMサーキットに行ってきました^^
2/19の2006 WAKO CUP開幕戦にむけての練習です。

会社の後輩で『TA05軍団』の“OH!月”と“ザネッティ”も一緒です。

連日の悪天候のせいで路面コンディションはかなり悪く、砂や小石がコースのいたるところに浮いている状態でした。ギヤに小石が噛むこともしばしば・・・
OH!月が積極的にLAP計測していますがやはりいいタイムが出ません。
私もBDのセットをいろいろイジって走らせたのですが終始アンダーで微妙な感触・・・。タイムは計るまでもないカンジです;;

そこにWAKOのT店長がBDを持って登場!!ストップウォッチでLAP計測してみましたがT店長らしからぬ平凡なタイムでミスも連発><
その後のミーティングで出た結論・・・「今日の路面じゃあどうにもならん!!」

使い込んでメッシュが出たRP24にも問題がありますが、練習で新品タイヤを投入するほど予算に余裕がありません^^;
レース本番で初めて使う新品RP30が吉と出るか凶と出るか・・・

POMの風景 1

今回は私がいつもTRFダンパーやピロボールを外すのに使っているアイテムを紹介してみたいと思います。もはやコレがなくてはラジコンできないくらい重宝しているスグレモノです。

その名も“ホットボディーズ・ショックエンドリムーバー”!!

写真のようにボールエンドの下に差し込んで使います。ほとんどの場合、差し込みつつ栓抜きのように上に持ち上げると簡単に外すことができます。
横に捻って使うと稀に折れてしまうことがあるみたいなので注意してくださいね!

ショックエンドリムーバー 1



ショックエンドリムーバー 2

~ゼルダの鼓動~編

中学3年の頃になるとライバル達が相次いで新型を実戦投入してくるようになりました。京商オプティマ、京商ギャロップ4WDS、マルイ サムライ、AYKバイパー、ヒロボーロックンシティ44B、プレイトロン リンクスなどなど・・・それでも頑張り続けていた我がマイティフロッグでしたが、やがて決定的な転機がやってきました。

最大のライバル“JUN君”の最新鋭機『ホットショット』にはどうしても勝てなくなってしまったのです!「なんでコイツのタイヤはアスファルトで走っても減らないんだ!!」(ナンジャソリャ!)
他のライバル達が相手であればウデでねじ伏せることができたのですが“JUN君”だけはドライバーとしての格が違いました。

ホットショットに対抗し得る新型投入を余儀なくされた私は、アナハイムエレクロトニクスの・・・じゃなくてヒロボーの先進のベルトドライブ4WDマシン『ゼルダ』を購入!!定価20000円の高級車(←大げさ)で素晴らしい戦闘力を発揮しました。ロールケージが赤い限定(?)モデルで、後にニュータイプ専用“イエローゼルダ”に進化しました。
京商ル・マン480Tを搭載した我がゼルダは期待通りの大活躍!!
レースで勝つのはいつも私のゼルダか“JUN君”ホットショットでした。こうして数年続くことになる私と“JUN君”の2強時代の幕が開いたのでした。

!!当時衝撃的だった事!!
・ゼルダの無音に近い走り!
・ゼルダのサスシャフト割りピン止め
・ゼルダのベアリング巨大すぎ
・ホットショットのリアダンパー取り回しとヘビーウエイト
・京商オプティマの高性能
・AYKバイパーのカッコよさと価格
・追加ピンスパイク“ピラニアン”
黒井山時代からよくしていただいている“将軍さん”のページ『ガレージ犬小屋』をリンクに追加させていただきました。

山山杯や京都遠征などいろいろとお世話になりました^^
お仕事が忙しいなかラジコンも頑張っておられます。

先日のWANGANタミチャレにも出場されてました☆ メインマシンはアトラスYM34-Si2005とTA05です。
今回は私のBDに装着されているTRFダンパーについて書いてみたいと思います。あくまでも私個人の感想なのでアテになるかどうかは・・・(謎)

<TRFダンパーのここがイイ!>

1.精度バツグンで4本同じ状態に組むのも意外に簡単 
2.内部パーツがすべてテフロン樹脂製で理想的 
3.上下ともにピロボールマウントですばやく脱着できる 

以上3点だけでも十分スゴいのですが、もうひとつ私的にとても気に入っているポイントがあります。
ヨコモ純正ダンパーの場合、M3×20ビスをステーに通してナットで固定した後ナイロンナットで取り付けるようになっています。しかし、私の経験ではこの長いビスがクラッシュなどでよく曲がるんです;;
TRFダンパーは5ミリピロボールナットでの取り付けになるので短いビスでOK!(ナイロンナットを使わない為)ビスが短い=曲がりにくい♪さらにネジの全長に締め付けによるテンションがかかってもっと曲がりにくい!最高です!!

デメリットといえば以下の2点くらいですかね~ 
1.アルマイトがライトブルーで統一感が低下^^; 
2.スプリングリテーナーが小径のためレイスピードスプリングがすっぽ抜ける(レイスピードスプリングリテーナーを使えばOK)

いかがでしょう?お口に合いましたでしょうか?
TRFダンパーonBD

広島県府中市にある“こどもの国POMサーキット”(通称ポム)で私がお世話になっている素敵な方々のHP、ブログとリンクさせていただきました。皆さんありがとうございます!!


『RC CLUB Kappy-Racing』
カリスマRCドライバー“ちゅうボスさん”のページです。
RCのウデもさることながらなんといっても素晴らしいのはその人柄です☆レース実況の達人でもあります!私は彼の大ファンです(マジで)!!


『RC drive-in』
RCエキスパートドライバーでありながらお好み焼きの鉄人“さちさん”のブログです。お好み焼きは広島市内の有名店より断然美味しいです♪お店はPOMサーキットのすぐ近くです!いますぐGO!^^ノ メインマシンは415MSXです☆


『hideのRC日記』
静かなるBD使い“hideさん”のブログです。とてもいい人です!!
私がBD購入を決意するキッカケを作ってくた仲良しライバルで、 NEWマシンTA05にも期待が集まっています☆


『ラジコン野郎のデロリスト日記』
スジ金入りのタミヤフリークで、RCエンジョイユニット「プロジェクトK」総帥“ちーぱぱさん”のブログです。アツイです!!笑いのセンスが素晴らしいです!!
415MSX・EVOⅣ・TA05などタミヤ車テンコ盛り☆


『RC Diary』
TB-02Rで活躍されている“オレはシャフト君さん”のブログです。「プロジェクトK」のムードメーカーでナイスガイ♪ちーぱぱさんの相方さん(?)です^^


『YO-YO-blog』
TB-EVOⅣ使い“YO-YO-さん”のブログです。PCを駆使したボディ製作がすごいです!! POMレースでのクラス優勝は時間の問題かとおもわれます^^


『F's RC LiFe』
スーパーエキスパート“F'sさん”のブログです。キレのあるドライビングと豊富なノウハウがめちゃめちゃスゴイ!!オーラが出てます!!
アレックス・スティンガーで活躍されてます☆

2005年夏にEVOⅣ購入とともにラジコン復帰を果たした私ですが、始まりは中1の冬と大昔にさかのぼります。

私の初めてのマシンは当時絶大な人気を誇った“マイティフロッグ”でした。
もらったばかりのお年玉をにぎりしめて“おもちゃのにしおか”に駆け込み、キットダッシュSタミヤレーシングパック充電器セットを買った時のことは今でも鮮明に憶えています。
親の許しを得るのが大変だったのと、貧乏中学生の私にとって約3万円の買い物は初めての経験で手が震えたのは忘れられません^^;

念願叶ってマイティフロッグを手に入れた私は、近所のひとつ上の先輩3人が持っていた京商トマホークマルイハンターAYKサイドワインダー無限ブルドッグヨコモドッグファイター、さらに幼なじみの同級生2人の京商プログレス4WDSタミヤホーネットと学校の校庭やそこらの空き地などで遊びまくりました。
その後、空前のRCブームにのって中学の同級生の間でラジコンをはじめる人が急増!!ピーク時には20人くらい集まって校庭にバカデカいコースを作って1時間耐久レースを楽しんだりしていました。半数以上の人はホーネットでしたが、なかにはホットショットブーメランワイルドワンファイティングバギーターボスコーピオンもいました。う~ん、懐かしいです^^
写真のマイティフロッグは弟が所有していたスバルブラットと私のマイティとのハイブリッドです。なんとノンデフ仕様です!テックのダンパーやユージ・プロダクトスタックダートバーナーズサーティプロダクトなどのパーツも数点装備していましたがさすがに残っていません。
ポルシェ用巻線式無断変速スピコンを経て最終的には名アンプ“KO RM7 LIMITEDⅡ”を搭載していました。小遣い2000円でよくやっていたもんだと思います^^;
マイティフロッグとダッシュS
現在のメインマシン2号 『ヨコモ MR-4TC BD』です。

YOKOMO MR4TC BD

今年の主力戦闘機です。

とても素直な走りと、繊細なシャーシデザインが気に入っています♪

現在のメインマシン1号 『タミヤ TBエボリューションⅣ MS』です。

TAMIYA EVO-Ⅳ MS


“タミヤチャレンジ”仕様になっています。



おもに岡山・広島エリアラジコンを楽しんでいる“のぶし”です。

POMサーキットで流行っているブログを始めてみました^^v 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。