1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TA05メンテ中 1

日曜日はタミヤグランプリという年に一度の晴れ舞台!!しかも14年ぶり(驚!)2度目の出場!!!

いい機会だから、リバサスのプラパーツをすべて新品に交換しちゃおう!!と思ったのに、どうしても「4°Cハブ」だけがどうしても手に入りません。
どうやらメーカー在庫切れのようです。お願いしますよタミヤさん;;

Cハブだけ1年落ち中古装着では、なにか心の奥がモゾモゾしてしまいます><

こうなったら残業せずに会社を飛び出して、倉敷・岡山・玉野方面、もしくは府中代表“WAKO RCさん”まで足を伸ばすしかないか・・・どこを選んでも片道1時間以上コースだよ~

と思っていたら・・・なんと“Aki”“RCストア J&Kさん”に相談してくれて、日曜日にタミグラ会場“おもちゃ王国”現地で売ってもらえることになりました!!

“J&K店長”さん本当にありがとうございます!!

“Aki”もサンキュー!!マジで助かったよ^^ノ
スポンサーサイト

タミグラ直前テスト 2

“チームカンタク”“プロジェクトK”のホームコース笠岡湾干拓地の全長6km(?)めっちゃ長い公園のいちばん端っこ駐車場」で、タミグラ本番直前ソロテストを慣行してきました。

“さちさん”にツッコんでいただいた(あざーっす!!)、最終兵器『フタバ 3PKスーパー』シンセ受信機+VFS 1コンペティションという“エース”メカのペアを主力戦闘機BDから移植したので、その動作確認と初使用のブルーのベルトを馴染ませるのが目的です。


よしっ!!ちゃんと走ってるよ~♪


というワケでバッテリー2パック計5分くらいであっさり終了!!!タイヤがもったいないので(爆)


アソシエイテッドのツインファン(自作ですが><)を人間に向けるとかなり涼しいことが判明(遅っ)!!最近はこの向きでめざましい活躍を演じております☆
タミグラ直前テスト 3

GTジャパン06クラス指定タイヤ“ミディアムナローレーシングスリック”に刺激を与えてみたの図。
結局どうやったらバシッとグリップさせられるのか分からずじまい・・・まあいいか♪

タイヤセッターでぶん回すと遠心力で膨張したのが面白かったです^^
タミグラ直前テスト 4

8本ともフル充電でホカホカになったサンヨー新世代ニッケル水素電池“エネループ”を愛機3PKに入れてみました。

そして大きな期待とともにスイッチオン!!!

エネループ 3

!!!






電圧はいたってフツーですね・・・

数時間後、もういちどスイッチを入れてみると10.8Vまで下がっていました・・・


こりゃ普通のニッケル水素電池と大差ないですよ。゚(゚´Д`゚)゚。


でも放電せずにガンガン追い充電して使える(サンヨーさん談)のはとても便利なのでヨシとします。。。
タミヤグランプリ岡山大会まで1週間を切ってしまいました!

かなり前から構想を練っていながら、ギリギリになってやっと製作に取り掛かった「スーパーアグリF1 NSX」がだいぶ完成に近づいてきました。

カラーリングパターンは私が勝手に考えたオリジナルで、スーパーアグリF1チームのデザイナーさんがNSXを仕上げたらこうなるんじゃない?ってカンジでこうなりました。

子供の頃に、自分専用モビルスーツ(←もちろん超強い)を考えていたのを思い出しました^^;


フロントのHONDAエンブレムとエアインテークのデカールは、カワダの透明両面テープを使って裏貼りしてます。クラッシュでの痛みがかなり軽減されます。

SA-NSX-1

このあと白→黒と塗れば塗装は完了です。
SA-NSX-2

福山ラジコンセンターに注文していた3PK電池ボックスをゲット!!ずっと放置していたエネループを追い充電開始!!
エネループ 2


今日はタミヤグランプリ岡山大会のちょうど一週前ということで、笠岡湾干拓地公園にて「チ

ームカンタク&チームばかうけ合同練習」
という魅力的なイベントが開催されていました

が、それには目もくれず妻子を伴い岡山に行ってきました。

そう、OHK(岡山放送)が毎年催している「サマーカーニバルinままかり」に行ってきたのです!!
ケダマLive 2

OHKといえば、岡山県民に絶大な人気を誇るキャラクター“OH!くん”が有名ですが、今回のお目当ては“OH!くん”にあらず。首謀者は子供ではなく私ですから!


夜勤の合間に睡眠時間“0”を覚悟してまで岡山に足を運ぶほど、どうしても観たかったのは・・・

数々のOH!くんソングを手がけている超人気ユニット“ケダマ”さんのライブ!!!

ケダマLive 1

生で聴いたヴォーカル“森川アキコ”さんの歌声には本当にシビれましたよ!!


なんと1曲目からいきなり“ケダマ”最高傑作(←勝手に決定)であり、私のツボにハマる名曲「はじまりの坂道」が!!
私はあまりの感動に全身総鳥肌状態となり、危うく泣いてしまうところでしたよ~

なんせ涙腺の緩さが“西田敏行局長”並みですから^^;


新曲「旅に出よう」も素晴らしい曲でした!!CDが出たら即買いです☆

“ケダマ”さんの曲は、OH!くんを知らない人が聴いても、ファンじゃなくても素直に「いい!」と思えるクオリティの高い曲ばかりです。

ケダマLive 5

でも“ケダマ”さんのいちばんの魅力はなんといっても“森川アキコ”さんの歌声でしょう!!
爽やか優しい美声ですよ♪特に高音の伸びはマジですごいです!!最高です!!

よし!今度絶対に“森川”さんのCDを手に入れよう^^

“森川アキコ”さんのホームページはこちら
日記の内容に共感すること多し^^

ケダマLive 3

ライブ終了後、CDDVDを買ってサインをしていただきました!!

奥さん娘二人はなんと握手まで!!私はシャイなんでお願いできませんでした;;

ケダマ サイン

奥さんも娘たちも大満足だった「ケダマライブ」「サマーカーニバルinままかり」

私は眠い目を擦りながら仕事に逝ってきます。゚(゚´Д`゚)゚。

ケダマLiveの帰り

明日はTA05のメンテと『SUPER AGURI NSX』ボディ製作をがんばります☆

2006.8.24J&K 1

一昨日“S田師匠”と一緒に倉敷市種松山の麓にある「RCストア J&k」さんにお邪魔してきました。


こちらの常連さんはタミグラ山陰でも大活躍されており、ここでいいセッティングを見つけることができれば、岡山大会で好走が期待できるかも?

このサーキットで走らせるのは初めてだったので、最初はちょっとビビリましたが案外まともに走れたのでちょっと安心しました^^;


2006.8.24J&K 2
↑手前の舗装の継ぎ目でちょっとジャンプするのが楽しいです♪


今回は“S田師匠”毎パックバトル形式でどんどんセット変更していく作戦。

最初のバトルでリアの踏ん張りが足りない気がしたので、リアスプリングレッドイエローにしました。
次のバトル後、リアサスマウントを1Aから1Bに交換してトーインを2.5°→3.0°に。これはかなり効きました。この変更で“S田師匠”TA05にけっこう付いて行けるようになりました。

次のバトル後、キーエンスZERO Vエクストリームの設定を見直し。
このコースでは低速のドライバビリティがとても大事なので「POM仕様」の最小ドライブパワー25→0にし、ブレーキをマイルドに変更。これも大正解!!

次にダンパーオイル400番から300番に変更し、バンプストップのOリングを全部取り払いました。
これで“S田師匠”TA05とほぼ互角に渡り合えるようになり、けっこう白熱したバトルを楽しめるようになりました^^


この日の練習でTA05のセッティングはほぼ出来上がり!!先日のPOMレースのときより確実に前進していると思います(たぶん)。

夕方5時に片付け終わった頃には、数名のお客さんが仕事帰りに練習に来られてました。アフター5でラジコンって、なんか都会的(?)でちょっと憧れます。とても新鮮な感覚を覚えました。

そうそう、タミヤのレクサスのボディがたくさん入荷していましたよ!!


しかし小さいコースはいい練習になりますね。


お付き合いいただいた“S田師匠”ありがとうございました。

またよろしくお願いしますね^^


2006.8.24J&K 3

<<スーパースポーツクラス>> Bメイン決勝

無念のリタイヤを喫した予選2R用のセットのまま、バッテリーを『WAKOマッチド IDEAL IB4200SHV』に変更しての出走です。

最後尾にいるPOMのトップドライバーの一人、ピンクスティンガーを駆る“S藤氏”からのプレッシャーを感じながらスタート!!

ホールショットを決めて1周目をトップで帰ってくることができましたが、ソレックス40Rが暖まっていないせいかアンダーステアが強く、ラップタイム的にはけっこう厳しい状態です。

モタモタしていると、あっという間に背後に“S藤氏”が迫ってきてスパッ!とパスされてしまいました><
そのまま2番手追走で次の周回に入ったときに“S藤氏”がミス!それに乗じて再びトップに!!

その後ずっと一人旅が続き、余裕が出て来た私はコース左奥のS字の進入でいかにカッコよく
ドリフトを決められるか?と、ストレートエンド~S字区間をいかに直線的に全開でいけるか?というまったく意味の無いチャレンジを開始!!

『WAKOマッチド IDEAL IB4200SHV』のパワーはすさまじく、カワダVT極太トルクと相まって強烈な加速を生み出しています!!
そのたまらなくキモチイイ加速感を味わいたくて、ついついトリガーをいつもより多めに握ってしまう私!!こりゃタマンネー!!
何度も単独でぶっ飛んだり転げまわったりして、とてもブサイクな走りを披露しながらそのままゴール!!

もうちょっとマジメに走らないと大切なBDが壊れちゃうところでした^^;

タミヤクラスに続いて2枚目のWAKO RC500円券をGet!!



スーパースポーツクラスAメイン決勝は、ポム最強BD使い“M山氏”が圧倒的な速さを見せつけてぶっちぎり優勝!!あの芸術的な走りにはマジで感動しました!!

そして2位は“M原氏”!!タミヤクラスと同一車両のEVOⅤダブルエントリーってすごすぎます!!やはりいいセッティングが出ていたようで、かなりキレた走りを見せてくれました!!


おたのしみジャンケン大会では“JUNくん”がゼノン36タイヤをゲット!!けっこう評判がいいようなので次回のレースで使うしかないね☆


レース終了後、“S田師匠”TA05“M原氏”EVOⅤと私のTA05で、ポムの時計回りフルコースでタミヤクラスチキチキバトルを楽しみました。これがめちゃ楽しかったです♪

ミディアムナロースリック(←キット標準で低グリップです)を履いているのにB3(高いです・・)装着の2台と互角に渡り合う“S田師匠”TA05スゲー!!@@

コーナーが楽チンなセットがバッチリ決まっている“M原氏”EVOⅤもやっぱり速い!!
その速さは「ちょっとコレやってみ」って“M原氏”からプロポを渡された“Aki”がノーミスで10周以上トップをキープしてしまうほど!!
人のマシンだということも忘れてドライブに没頭してました^^;

私のTA05はストレートの伸びがいいようで、ストレートエンドで他の2台の背後にグッと接近します。でもやっぱり低速コーナーが遅いのでトータルではチャラでした><


↓スポーツクラスをダントツぶっちぎりで勝ったエース“OH!月”。次はマジでスーパースポーツ昇格を狙うようです。ラジコン初めてちょうど1年でSS昇格ですか・・・がんばれ!!
2006.8.20ポムOH!月

タミヤクラスBメイン“S田師匠”と“ちゅうボスさん”にいい勉強をさせてもらった“Aki”。レース後は“M原氏”にダンパーの組み方などを伝授してもらってました。ヨカッタね^^
2006.8.20ポムAki


ビギナークラス惨敗を喫した“ザネッチ”はレース後すぐに特訓開始!!

2006.8.20ポムザネッチ

ステアリングホイールを離すクセが抜けない“ザネッチ”を矯正するために、再び私が作った「脱ビギナークラスステアリングパッド」

もともと左利きのため他人より若干ハンデがある“ザネッチ”は、いくら練習しても右利き用プロポはしっくりこないらしく、愛機3PKSを左利きに組み替えたいと懇願しました。

しかし私と“ちゅうボスさん”の意見で右利き用を使いこなせるように特訓することとなりました☆

実はコレ、エース“OH!月”を一気に上達させた立役者なんです。

ステアリングホイールを「カツーーーンッ」といわせてる人はこれで練習してみてください。
「戻す」動作も自分できちんとできるようになる(やるしかなくなる)ので、慣れれば安定した走りができるようになり、確実にレベルアップしますよ☆


もっと早く“ザネッチ”に作ってやればよかったと反省・・・
2006.8.20ポム3PKS

いまさらですが決勝編です^^;


<<タミヤクラス>> Aメイン決勝

予選第2Rを無難にまとめたおかげでフロントローからのスタートです。

セッティングは変更せずにタイヤもタミヤB3中古をそのまま使用。
バッテリーをセルマスター4Aリニア0Vカットで優しく充電した3600HVにしたので、全備重量1500g規定に合わせて約20gのウエイトを積みました。

操縦台に上がり、ストレートに設けられた2番目のスターティンググリッドにマシンをセット。

ポールポジション
ポム最速のタミヤ使い“M原氏”でマシンはエボⅤ

3番手にはタミグラ山陰大会N1クラス優勝者“としおさん”

4番手はタミヤクラスポントリーダー“ちーぱぱさん”

5番手タミヤクラスポイント2位“Mピーさん”

6番手にはなんと私のEVOⅣ MSタミヤクラスデビューしたエース“OH!月”という濃い~メンバーが揃いました。

“M原氏”“OH!月”以外は全員TA05です。

そしてレーススタート!!

スタートは全車キレイに決まったのですが、最初のS字で低速が遅い私のTA05がキッカケとなって多重クラッシュが発生><
その後ガチャガチャして状況がよく分かりませんでしたが、2周目くらいにはなんとか2番手に復帰していました。
トップの“M原氏”は余裕でコース1/3周ほど先行しています!
通常のタミヤクラスなら絶望的な差ですが、レース中盤に突入!というところでサプライズ!!

なんと熱い男“M原氏”が、バトルを求めて私を待ってくれているではありませんか!!
これは望みどおり追い回してあげないと“M原氏”に失礼です!!遠慮なくいかせていただきます!!
やがて私が追いついたところで、チェッカーまで延々と続く火花散る激しいバトルの火蓋が切って落とされました!!

コースの左半分とバックストレート(いつもの1/3になってます)では私のTA05がやや優勢で、“M原氏”エボⅤは角材とパイロンで作られたタイトターンが全部速いです。
トータルでは“M原氏”がわずかに優位か・・・

3分が経過したあたりでどこかのコーナーで(ってどこだよ!!)一度だけ“M原氏”のINに飛び込むことに成功しTOPを奪いますが、次のコーナーでラインがクロスしてまた抜かれてしまいました><
でもギャラリー大盛り上がりなのがわかってちょっとテンションup!!またまた追いかけっこ再開です!!

しかし、ここで無常にも「残り1分です」コールが!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

「3分延長して~!!!」とマイク担当“ちゅうボスさん”に叫びますがダメでした(アタリマエ・・・)。

勝負はラスト2周となったときにPOMの神様(?)のイタズラによってドラマが!!!

なんとストレートエンドで“M原氏”の持病(?)「ノーコン」が再発!!エボⅤがフラついた間に3メートルほどあった差を1.5メートルに詰める私のTA05!!

「もしや次も?」とおもいながら追走。いよいよファイナルラップに突入!!
左奥のシケインを立ち上がって最後のストレート勝負に!!迫るストレートエンド!!

そして・・・

ノーコンキタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!

躊躇無く“M原氏”を抜き去る“私”!!「すまぬ!!“M原氏”!!」と心の中で叫びながらそのままゴール!!!

でも、どう考えても真の勝者は“M原氏”であって、ちょっとだけがよかった“私”ではないんですよね~マジで><

WAKO RC500円券は譲れませんが、この勝負は次に預けたいと思います!!

今度は速さで勝てるようにがんばりますよ^^ノ

2006.8.20ポム優勝1
↑疑惑の勝者となった私の図 ^^;

タミヤクラス予選1Rでの大ボケのことはきれいサッパリわすれて次いってみよ~!!

<<スーパースポーツクラス>> 予選第1ラウンド

フジモデルサーキットで走らせた後、TA05ばかりイジっていたため、駆動系・足回りメンテがまったく出来ていないという、未だかつてないお粗末な状態でレースに挑む可哀想な我がBD・・・前夜のメンテでも受信機積み替えに伴う作業に手こずって結局ほとんどなにも出来ませんでした><

ソレックス36R新品(インナー・AH Ver.2グレー)を履かせて車高・リバウンドをPOM用にセットし、フラットアウトLT(ギヤ比5.9)を取り付け、WAKO マッチド IDEAL IB4200①を載せていざ出陣!!

そしてレーススタート!!
ソレックス36R新品のわりにリアが滑るカンジでクルマが前に出ません。路面が悪いのかな~?などと考えながら何度か細かいミスをしながらも8分間無事(?)に走りきりました。


<<タミヤクラス>> 予選第2ラウンド

今度はちゃんと4輪ともタミヤB3タイヤを履いているのでイケるでしょ~♪
となぜかポジティヴな気持ちの私はセット変更してみることに。

前後のスタビライザーをレッドからイエローに替え、ホイールハブに1㍉のスペーサーを挟んでトレッドを広げて、キビキビ動きながらもマイルドな操縦特性を狙ってみました。

GTチューンモーターを2.5Vで2分ほど回してコンディションを整え、タミヤ3700HV②を積んでグリッドへ!!

そしてスタート!!

おおっ!!タイヤがちゃんとグリップしています(当たり前)!!
スーパースポーツクラスでいい練習(?)ができたおかげもあり、なかなかいい感じで走れます^^
いかにもTA05らしい安定感溢れる走りが楽しくて「こりゃイイ!!」と思った瞬間2分経過でレース終了・・・短いよ><

このラウンドはなんとか7周回ることができ、予選2位でAメイン決勝に進むことがきました☆


このあと“YO-YO-さん”プロジェクトK全員分を取りに行ってくれた(感謝!)“さちさん”お好み焼きを美味しく頂き、BDの出走準備にとりかかりました。


<<スーパースポーツクラス>> 予選第2ラウンド

モーターをカワダVT(ギヤ比5.5)に載せ換え、WAKO マッチド IDEAL IB4200②を積んでタイヤをソレックス40R新品(インナー・ライドオレンジ)に交換しようとしたとき・・・


う゛ぁあ゛ぁ~~~~~~っ!!!


骨折しとるっ!!!!!




なんで?予選1Rはちゃんと完走したのに!!などと考えても仕方ないので大急ぎで修理します。骨折の様子は“JUNくん”の日記に掲載されてます><

当然のようにシャーシ側のサスシャフトは曲がっていて要交換。さらに悪いことにリアハブ側の小さいサスシャフトまで曲がっていてなかなか抜けません。

予選1Rでリアが滑っていたのは、おそらくこの小さいサスシャフトが曲がっていたせいでサスがスムーズに動いていなかったからでしょう。


懸命の作業も空しく、予選第2ラウンドのスタートに間に合わせることは出来ませんでした。


きちんとメンテさえしていれば・・・orz


結局、予選2Rを棒に振ったことが響いて12人中7位となり、Bメイン決勝のポールスタートが決定してしまいました;;


新たにBDに搭載した受信機。アンプやキャパシタも一度降ろして積みなおしました。
BDのNEW受信機

若干出遅れ気味ですが、やっとレースレポスタートです!!

私の書きたいことは概ね“JUNくん”が書いてくれていますので、テンポよく(ホントか・・・?)サクサクっといきま~す!!

<<タミヤクラス>> TA05レースデビュー!!

前日、「チームカンタク」のホームコースである笠岡湾干拓地公園での合同演習に参加した後、そのまんまメンテもチェックもされずにPOMに持ち込まれた我がTA05

ボディを完成済みNSX2005軽量からNSX2003軽量に換装、ピニオンギヤを22Tから24Tに変更しました(スパーは70T)。

そしてタイヤを2005年9月にはじめてWAKO CUP ポムGCに参戦した際に、タミヤクラスで使った一年落ちB3中古に履き替えました(これが後に大問題に・・・)。

バッテリーはタミグラ岡山大会のために買ったタミヤ3700HVフロントライン2GP3700推奨プログラム仕様)で充電開始。


今回タミヤクラスに初参戦となったエース“OH!月”
使用するマシンは念願のシャフトドライブ車!なんと!!足回りをTA05に移植されて放牧に出されていた私のEVOⅣ MSです。
“OH!月”TA05の足回りを得て、約半年振りに劇的レース復帰となりました。ボディは私のレイブリッグNSX2005軽量を使います。

おなじくタミヤクラス初参戦の切り込み隊長“Aki”
自慢の“TNレーシングコンバージョン”を捻じ曲がったノーマルシャーシ(爆)に戻して、タミグラ岡山大会のシミュレーションを兼ねてのチャレンジです。ボディはR34スカイラインを使用。


よく考えたら“OH!月”“Aki”とレースで同じクラスを走るのは今回が初めてでした(驚)


予選1R出走直前となり、ポンダーとバッテリーを搭載して、さぁ行くか!!とおもった瞬間視界に入ったテーブル上の「フロントワンウェイユニット」


ん???・・・
なにぃっ!!!


し、しまった!!フロントスプール入れたまんま

になっとるが!!!


いかにコース変更で直線が短くなっているとはいえ、低速バトルのタミヤクラスではWワンウェイが有利なのは明らか(センターワンウェイは装着済み)。
レーススタートまで約3分なのにフロントバルクをカパッと開けてフロントワンウェイに交換開始!!
なんとかギリギリでスタートに間に合わせることができ、操縦台に駆け上がりました。

ところがここで予期せぬ事態が!タミグラ山陰N1クラスウィナーで最大のライバル(と勝手におもっていた)“としおさん”が何らかのトラブルでスタートを断念されたようでした。

ちょっと残念でしたが気を取り直してスタート!!

ところが・・・タイヤがまったくグリップせず直進もままなりません><
全コーナーでドリフト状態です。TA05ならどこか壊れていてもこんなにヒドイ走りにはならないはず。なにかがおかしい・・・
仕方ないので開き直ってドリフト走行を楽しみ、2分間の予選が終わりました。

ピットに戻ってボディを外していたとき視界に飛び込んできた2種類2本ずつのタミヤタイヤ・・・

なんで?ん?んんん!???

マシンの方を見てみると・・・左側2本がミディアムナローレーシングスリックで右側2本がB3になってるじゃん!!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

ありえんっ!!!

Wエントリーの忙しさが、マイペースのんびり派の私にもたらした最初の悲劇(?)でした・・・トホホ

TA05クーリングファン
↑レース前夜、急いで取り付けたクーリングファンポンダーステーです。

『WAKO CUPポムGC 第7戦』が終わりました。

睡眠不足(1時間)+溶けるような暑さでぐったりです><


今回の『Team SUPER NOBUSHI』
主な戦績は、私のタミヤクラスAメイン優勝とスーパスポーツクラスBメイン優勝と、“OH!月”のスポーツクラスAメイン優勝でした。

今日はしんどいので詳しくは明日書きます。

2006.8.20ポム優勝2

昨日、長女が「おとうさんプレゼントがあるよ♪」と言って、ビーズで作ったとても綺麗なストラップをくれました。

私のために一生懸命作ってくれたのかと思うと、感激のあまり目頭が熱くなりました;;

佑佳のストラップ

気持ちのこもった最高の贈り物です。一生大事にしないといけませんね^^

よーし!!気合い入れてBDのメンテしよう!!
“チーム干拓・プロジェクトK”干拓練習に乱入してきました!!

メンバーは”ちーぱぱさん”、”Mピーさん”、”太目の神様さん&Jr君”と私の5人で、途中で福山ラジコンセンターへ買い出しに行っていた“ザネッチ”“Aki”まで乱入(見学&情報収集ですが^^;)!!

ネタも豊富だったのにデジカメを忘れちゃたので画像がありません!ブロガー失格ですね><

今日はTA05のセッティングをいくつか試しました。それがいいのか悪いのかは明日の『WAKO CUP ポムGC第7戦』タミヤクラスの結果で判断することになりそうです。

明日のタミヤクラスは強豪ぞろいなので、ちょっとコワイけど頑張ります^^


NSXボディを「スーパーアグリ」カラーに仕上げるためにはウイングをブラックにしないといけません。ブラックのウイングに赤い「HONDA」のデカールを貼りたいので^^

私の頭の中では、白い樹脂パーツ=ダイロンに染色できる!と思っていたので、以前から気に入らなかったTA05センタープーリーと一緒に煮ることにしました。

TA05といえば前後プーリーも真っ白ですが、こちらは白がキレイで気に入っているし、にしてしまうと異物が噛み込んだときに見つけにくくなってしまうので、今回は染色しませんでした。

ダイロン 1

まず、ホームセンターでIH対応で最安値の20cmナベを\698で買ってきました。

普段調理に使っている鍋で、あの墨汁のような液体を煮込んだら奥さんに叱られること請け合いだからです^^;
ちなみに鍋のサイズは20cmじゃないとNSXのリアウイングをきれいに漬けることができません(たぶん)。

作業開始直前の思いつきで、「完成済みレイブリッグNSX軽量」の青いウイングもダメモトで染色してみることにしました。

↓いざ煮込み開始!!
ダイロン 2

TA05センタープーリーは5分ほどできれいなブラックに染め上がりました。

しかしウイング2枚はいつまでたってもほとんど染まりません。
「温度が低いのかな?」と思ってちょっとだけレンジをパワーアップ!!するとだんだんイイカンジに黒くなってきました。ヨシヨシ^^

そして15分ほど経過した頃でしょうか?片方のウイングに異変が!!!
急いで鍋を外し、確認してみたところもともと白だったほうのウイングが・・・


3D タイプGTウイングになっちゃったよ!!!

TA05センタープーリー黒 1

やるんじゃないかと思っていたけど、ホントにやっちゃうとはね・・・トホホ

青かったほうは若干硬かったおかげか、ほとんど変形してません(?)


センタープーリーはめちゃかっこよくなりました♪
アルミデフジョイントも一緒にパチリ!
いいですよ~このデフジョイントは☆
重量は高精度デフジョイントより3gほど重いけどそんなことは関係ないほど素晴らしい出来です!!
TA05センタープーリー黒 2

3700HVとTA05OP

シェイクダウンでいきなり好走を見せたTA05オプションパーツを大量投入しました!!

同時にタミヤ3700HVを1本購入。3600HVと合わせてタミヤストレートパック2本体制としました。

今回も「福山ラジコンセンターカード」でバッサリ!しかも2回払い切腹!!グハッ!!

ある事情により値札はきれいに剥がしてあります。家に持ち込んだときに最初に行う儀式とでもいいましょうか^^;



今回の目玉が「アルミモーターマウント」(値段的にも)。実はこれ軽いんです@@

モーター取付面に溝が彫ってあるのでモーターの冷却性がアップ!!
表面をザラザラに処理して表面積を稼いでいるのもGood!!

さらにメインシャーシへの取り付け方がノーマルとちょっと違って剛性アップ!!

そしてなによりブルーアルマイトがカッコイイ!!
若干チープ感が漂っていたTA05もちょっぴりゴージャスに変身(`・ω・´)シャキーン━━━!!
TA05 モーターマウント 1TA05-モータマウント 2

9月3日(日)タミヤグランプリ岡山大会に一緒に出場する(抽選でハズレなければ^^;)“Aki”は愛車“TA05 TNレーシングヴァージョン”を早くもタミグラ仕様に戻して練習しています。

今月20日の『WAKO CUP ポムGC第7戦』スポーツクラスも純正バスタブ仕様で出るらしく、精力的にいろいろな事を試していました。

タミグラ出場に際し、高価なタミヤB3タイヤ購入を極力避けたい“Aki”はナニを思ったのか、GTジャパンクラス指定の「ミディアムナロースリック」をテストし始めました。

そして1パック走らせ終えて帰ってくるなり、

「隊長!!ヤバいです!!このタイヤぜんぜんグリップしません!!GTジャパンはマジでヤバいっすよ!!」

「このタイヤ貸しますからTA05で試してみてください!!」


って言うんですよ~!


「マジでそんなにグリップしないのか・・・500円タイヤは・・・」


2006.8フジ AkiTA05


・・・そこまで言うならいっちょうやってやるぜ!!!



こんな事もあろうかと一応持ってきていた私の“TA05”“Aki”500円タイヤを履かせ、車高フロント5.0mmリア5.5mmに調整し、練習用の完成済みレイブリッグNSX軽量(重いけど><)を載せてコースイン!!

心配そうに見守る“Aki”・・・


!!!!!

なんじゃこりゃ!!メチャメチャいいじゃん!!!


春先「EVOⅣラストラン」以来開封したこともないTRFダンパー+妄想セッティングなのにすごくいい動きです!!
速度域の違いはあれども、BDRP36よりグリップ感は高いとさえ思えます。

調子がいいのを確認できたので、2~3分楽しんですぐに走らせるのをやめました(もったいないので^^;)。


TA05-シェイクダウン 1

チームメイトTA05を飽きるほど見てきた私ですが、自分で“TA05”を所有してみて改めて思い知らされました。


TA05は偉大な名車である」
ということを。


2006.8フジモデル 2

AM8:00にフジモデルサーキットに到着した“Aki”は、さっそくコースに一番近い場所にピットと新兵器「テント」を設営。
2人で使うにはちょっとデカい気もしましたが、このテントのおかげで一日快適に過ごせました。

当日の早朝に家で組み替えておいた「フロントサス前開き-1.5°」を早く試したかったので、私としては珍しく練習用バッテリーを放電もせずソッコーで充電開始!

車高F5㍉/R5.5㍉に調整し、リバウンドF4㍉/R5㍉に合わせた以外はPOM仕様のままで、タイヤはソレックス中古が無いために仕方なく使っているRP36中古を装着。
そしてコースイン!!

このサーキットは3年くらい前にレンタルEVOⅢで参戦したタミヤチャレンジ以来で、今回で3回目と不慣れなためドキドキしながら周回します。

タイヤのグリップがイマイチな感もありましたが、なんとか無難に走れています。
しかし、ストレートエンド~1コーナーの大きいRがぜんぜん曲がらなくて苦しかったのでピットインしてセッティングを変えます。

フロントサスマウント下のスペーサーを1ミリずつ抜いてロールセンターを下げてみることに。
これはまずまず効果があったようで、1コーナーと最終コーナーがよく曲がるようになりました。
調子に乗って車高F4.5㍉/R5.0㍉にしてみたら、シャーシをガリガリ擦ってダメだったので元に戻してそのまま楽しく走らせていたら、あろうことかフェンスにヒットさせてしまい、トレール0のアップライトを破損してしまいました><

修理のついでにトレール1のアップライトに交換。ここであることに気付きました。
前開きセットに変更した関係で、アップライトの位置が後退してアッカーマンが変化していたんです。

そこでBDのセッティングの定番である「ステアリングプレートのピロボール穴位置前から2番目(ナンジャソリャ!)を3番目(中央)に変更して、タイロッドが真っ直ぐになるように調整しました。
2006.8フジ アッカーマン

フジモデルサーキットで修行をしてきました。

しかしこれから夜勤に出るのでレポートはまた明日 Σ(´Д`lll)

2006.8フジモデル 1


真由のフロッグ 1

昨日は地区の夏祭りで夜店のおもちゃ屋さんをやりました。

しかし飛ぶように売れるのは『遊戯王カード』『LEDが光るマスコット』ばかり・・・
最近の子供はプラモとかクルマのおもちゃには興味がないのかな?

でもエアロアールシーが2台売れたのはちょっと嬉しかったです^^
ちなみにZエリシオンでした☆



今日もラジはお休みしてお墓参りに駆け回り、帰りに水島の「ナムコランド」に立ち寄ってUFOキャッチャーをプレイしました。

娘達スティッチを取ってくれとせがまれて、無謀にもデカいぬいぐるみのUFOキャッチャーに挑戦!!
ところがやってビックリ!!なんと5回やって3個も取れてしまいました!!!


娘二人の分
ばかりか奥さんの分までゲットしたお父さんは一躍ヒーローに!!ヤッタゼ♪

ナムコランド水島店の店員さん、親切にしてくれてありがとう!!
スティッチのぬいぐるみ
子供大喜び!!しかし私にはこのキャラクターが「カワイイ」とはとても思えません・・・どっちかというとコワイような気が・・・^^;


家洗い
↑夕方は家を水で丸洗い!!外壁網戸がキレイになりました^^

3mテント購入
↑この時期、タミグラなどのPOM以外の場所では必須アイテムテントを購入しました。このカタチならで飛びにくそうだけどどうでしょうか?


明日はこのテントを引っさげてフジモデルサーキット遠征POMより近いけど^^;)します!!!

メンバーは“OH!月”“Aki”“OH!月の友人”と私の4人(?)です。夜勤入りなので暑さでダウンしないように気をつけないといけませんね。
木下大サーカス

今日は子供会のイベントで、岡山で開催されている“木下大サーカス”に行って来ました!!

めちゃすごかったですよ~!!最高です!!

実は幼い頃にも“木下大サーカス”を観たことがあるのですが、いくつかのプログラムは当時のままでちょっと懐かしかったです。

マジでかっこいいイケメンのお兄さんや、プロポーション抜群セクシーな衣装の白人のお姉さん(萌え~)が、大勢で超人的なアクロバットをたくさん披露してくれますよ!!

キリンゾウライオントラも出ますよ!!みんなとてもかわいいです^^

ショーの合間には二人のピエロが観客を巻き込んで笑わせてくれました。
男のピエロ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』“ドク”こと“ブラウン博士”に似ていたのが妙におかしかったです^^

行こうかな~どうしようかな~と考え中の人は絶対行ったほうがいいですよ
明日はいよいよ『タミヤグランプリ山陰大会』ですね!!

今回は私は予算の関係で回避となりましたが、我等が“プロジェクトK”の総帥“ちーぱぱさん”“福ラジ店長さん”たちが参戦されます。

みんな~がんばってくださいね~!!


私は9月3日の『岡山大会』参戦に向けて少しずつ準備を進めています。

最近は仕事が忙しくてなかなか福ラジさんに行けないので、今日は“OH!月”に御使いを頼みました。サンキュー!!^^ノ

そしてゲットしたのが「ARTA NSX」ボディ!!

ウイングが白いのはラッキーでした。

ダイロンで黒に染められるでしょうか?もしかして溶ける?^^;

ARTA-NSX 1


↓ついでに新しいプーリーもゲット!!まだ走らせてもいないのに次々とオプションを追加されていく私の“TA05”・・・><

デフプーリーはデフボールの数が8個から9個に増えています。

TA05 新型プーリー 1
先日のPOM練の帰りに“WAKO RC”さんに寄って、「SD-300F15 アルミ製 フロントサスマウント」「ベルト調整用カム」をゲットしました。

新型サスマウント 1

このフロントサスマウントを装着すれば、タミヤ車ばりの前開き-1.5°になって『フロントがズバッと入るBD』に変身するハズ(ホントか?)なのでテストするのが楽しみです^^

サクッと仮組みしてみたところ、サスアームがフロントアルミバルクに干渉して動作が渋くなってしまいました。取説にもあるようにサスアームを加工する必要があるようです。

新型サスマウント 2

「ベルト調整用カム」はマイナーチェンジで“ベアリングのはめ込み”が緩くなっているという話を聞いたので試しに買ってみましたが・・・コレはやっぱりキツかったです><

また加工します・・・orz

2006.8.7POM練 2

“さちさん”がPM2:30で撤収されると聞いて急ピッチで走行可能な状態に仕上げました(おせ~よ><)!

とりあえずいつも使っているTRFダンパー(Oリング交換済み)を付けて、各部アライメント調整などを行いました。

タイヤはRP36中古、モーターはカワダVT(ギヤ比5.3)、バッテリーは練習用GP3700、ボディはプロトフォーム・ダッジオールパーパスという仕様です。


そして“さちさん”EVOⅤとのバトルがスタート!!

最初は後追いでしたが、タイヤがグリップしないためぜんぜん付いていけません!!
ストレートエンドでテールが流れたりします><

っていうか“さちさん”EVOⅤが速いんです!!!

こちらは10周ほどガマンした頃からタイヤの“面”が出たのか、ちょっとだけまともに走れるようになってきました。

バトルが後半に入ってくると“インテレクト3800”の電圧のおいしい部分が終わったのか、RP30が熱ダレしたのか“さちさん”がややペースダウン!!

ココぞ!!とばかりに前に出て引き離しにかかったのですが、そんなにリードを広げることは出来ませんでした^^;

レース本番で「本気仕様」で対決したら勝負の行方は・・・ヤバイかもしれません><



その後リアスタビをイジってみたり、ボディをライドMkⅢに戻してみたり、本日の目玉「ヨコモダンパー」に交換してみたりしましたが、RP36のグリップがイマイチだったため、はっきりとした違いは感じられませんでした><

やっぱりソレックス40R36Rを持っていないと厳しいです。新品を使っても3パックくらいでメッシュが出るしなぁ・・・

行ってきました!合同POM練!!

今回も早朝開始の予定だったのですが“OH!月”“ザネッチ”が不参加となってしまったため、のんびりとAM8:00にPOM入り。

しばらくしてなんと“TAKEさん”が来られました(驚)!!

自分のピット設営などそっちのけでTECHNEWマシン“MY05 EX”を見せていただきました☆

驚くほどシャーシの捩れ剛性が高くて、低く構えたアルミバルク+カーボンプレートの構成がカッコいいです!!

走りのほうも非常にスムーズかつ軽快で、コーナー立ち上がりでのトラクションが強いカンジでグイグイと前に出て行くのが印象的でしたね~!!

写真撮らせてもらえばヨカッタよ・・・orz


そしてAM9:00頃に“さちさん”が好調EVOⅤを携えて颯爽と登場!!

軽くメンテした後、精力的にテスト走行を繰り返しておられました。


その様子を眼光鋭く観察していた“WAKO T店長”の口から「おぉ~!!ええなぁ!!!」「1コーナーの曲がり方がカンペキじゃなぁ!!」などなど大絶賛のセリフが次々と!!

確かにピットの目の前の1コーナーの進入は目を見張るものがあります!!毎周外すことなく高いコーナリングスピードを保ったままほぼインベタの最短コースをキレイに旋回していきます!!


これはヤバいです・・・早くも今日のバトルイエローのシグナルが点灯しましたよ!!ピ~ンチッ><


2006.8.7POM練 1

その頃私はTRFダンパーフルメンテヨコモダンパーの準備・「ストレート マッチドショッキー」取り回し変更・新品クーリングファン装着などの作業30%、楽しいラジトーク70%のペース配分でまったりと・・・なにやっとんねん!!!><

フライホイールユニット 1
↑カワダDSEコネクターを活かして「ストレート マッチドショッキー」の配線を変更してみました。

ついにホンダが勝ちました!!



ジェンソン
初優勝おめでとう!!!

よかったね~☆


ホンダ
の皆さんもおめでとうございま

す!!!


ホントよっかたよ~!!



感動をありがとう。゚(゚´Д`゚)゚。
タミグラタイヤ 1

タミヤグランプリ『GTジャパン06クラス』で使用する「ミディアムナローレーシングスリックタイヤ」を3セット揃えました。安くて助かりますね~このタイヤは^^

以前“オレはシャフト君さん”が意外にグリップすると仰ってましたが本当でしょうか?^^;

近々TA05シェイクダウン(←まだ未走行なのかよ!^^;)と合わせてテストしてみます。


いろいろ考えていたら『GTジャパン06クラス』は使えるボディが限定されてるのを思い出しました。

ホンダファンの私は当然NSX!!!というワケで、福山ラジコンセンター「ARTA NSX」のボディをオーダーしておきました☆

タミヤ3700HVバッテリーは購入するかどうかいまだに悩み中・・・“ちーぱぱさん”によるとイマイチ(?)のようですし><



↓そして申し込み書もゲット!!
タミグラ申し込み用紙 1

日本RC界最強サイト『RCマニアックス』GigaLinxトップリンクでおなじみ、チームヨコモ“SYU氏”のサイトNew SYU hp! Moonlevelをリンクに追加させていただきました!!

ヨコモユーザーバイブルともいえるホームページで、BD組み立てTipsなどはとても参考になりますよ☆
ダイアリーもほぼ毎日更新されているので、いつも楽しくチェックさせていただいてます^^


“SYU氏”
サイト&RCWロンタムリポートを見て予習しまくった+POM“hideさん”“M山氏”BDの走りに魅せられた=ガマンできなくなった!! というのが私のBD購入に至った経緯です><

“SYUさん”これからも頑張ってくださいね!!そしてよろしくお願いします^^



POMで主流となっている(?)「TRFダンパー用2穴ピストン」+「タミヤ・ダイアフラム」を使用して組み立てました。

これで“WAKO T店長”“M山氏”のセッティングデータをパクることができます!!

なお、「TRFダンパー用ピストン」ヨコモ純正ピストンより薄いため、0.6ミリほどシムを入れてやる必要があります。

ダンパーオイルは現地で封入します☆


ヨコモダンパーメンテ 6
プラパーツをカットする際に、7×5×2のアルミスペーサーを被せて作業すると簡単に精度を出すことができました。

ニッパーで円筒形状を変形させないように少しずつ切り取って、カッターナイフで整えました。

アルミスペーサートビークラフト製だったような気がします。


ヨコモダンパーメンテ 4

出来上がりです^^
ヨコモダンパーメンテ 5

次回の練習で久しぶりにヨコモダンパーをテストしてみることにしました。

そこでBD購入以前から参考にさせていただいている“SYU氏”「RCワールド・ロンタムリポート」の記事の中で書かれている「ダンパー内プラパーツ加工」をやってみました。

もともとPOMサーキットでは車高6~7ミリ(←高いでしょ^^;)にセットするため、ダンパー長を長く取れるようにしておく必要があるので、この加工はかなり有効だとおもいます^^

ヨコモダンパーメンテ 1


↓ダンパー内のプラパーツを外すときは「ステアリングベルクランクポスト」を突っ込めば簡単です。傷をつけないように慎重に・・・
ヨコモダンパーメンテ 2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。