1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IDEAL-IB4200WC 1

“WAKO T店長”がウデによりをかけて作り上げた『WAKO マッチド IDEAL インテレクト4200ワールドチャンピオンセル』を組みました。

といっても私のは2本だけですよ^^;
あと2本はあるメンバーのものです。


『ヨコモ MR-4TC SPHPI PRO3』時代に主力充電器として活躍していた『GM VISコマンダー2000』を久しぶりに使ってみました。
そういえば20A放電が出来たな~ってことを思い出したからです(爆)

ヨコモワークス時代の原選手足立選手が使っているのを見てど~しても欲しくなり、かなり無理をして買った高級機です。
一応ニッケル水素対応(←死語?)なのですが、カットVが最小で1セルあたり10mVと高めなのと、充電終了後自動的にトリクル充電を始めてしまうのがネックとなり現役を引退したのでした。゚(゚´Д`゚)゚。

原選手のサイン入りです^^
GM-VISコマンダー2000
スポンサーサイト

2006.11.29POM練 2

ポム練行ってきました!
メンバーは“OH!月”、“こやす”、久々登場の“まんぼうI上さん”と私の4名。

この日は朝から気温が高めで、暖かくて快適な練習を楽しむことができました。

朝イチの2パックはオリオン・スピードデーモンtypeLミラージュ・サイコミュ イエロードットというオールドレイダウンモーターで試走。
セッティングは「ら・じれ」仕様の車高・リバウンドからいつもの「POM」仕様に戻しただけで、他はなにも変更していません。タイヤはRP30中古でしたがまずまずの走りでした。
さすがにレースは無理かもしれませんが、この古いモーターたちも練習には十分使えることが分かりました☆

午後には“WAKO T店長”が来られて、“OH!月”と私の3人でバトルがスタート!!
27℃超という路面温度に気をよくして、大好きなソレックス40Rをチョイス。面倒だったのでタイヤウォーマーは使っていません(爆)。モーターは元気がなくなっていたカワダVTに新品ローターを入れた物を搭載(ギヤ比5.1:1)。

“WAKO T店長”BDは例によって「冒険的セッティング」が施されているようで、いつもよりミスが目立ちます。
“OH!月”“WAKO T店長”BDRP30を履いており、私のソレックス40Rが冷めているいるうちは遅れをとってしまいますが、温まってくるとカワダVT元気復活のおかげもあり私のBDがややリードといった印象でした♪


↓久しぶりにPOM練に参加した“まんぼうI上さん”TA05
プロトフォーム・マツダ6ボディとウイングの高さを調整して調子が良くなりました。次回の課題も見つかり、今後が益々楽しみになってきました^^

2006.11.29POM練 4


『WAKO CUP ポムGC最終戦』に参戦する“こやす”TA05は、プロポのステアリング系微調整だけ行って走り込みに専念。チーム内ライバル“まんぼうI上さん”とのガチンコバトルを満喫♪
なんとこの頃、小川の対岸では時期ハズレの“草刈り”が!!明日はおそらくコース内も・・・

2006.11.29POM練 1

↓“まんぼうI上さん”vs“こやす”のバトルをかき回すスーパースポーツ男“OH!月”の図。
ビギナークラス仕様のマシンを相手に、コミュがコゲてめちゃ遅い23Tで大奮闘(爆)!

2006.11.29POM練 3

この日はとんでもないサプライズがありました!!私の4つ下の昔のラジ仲間で、元バギー野郎“TAKA”が何の予告も無く出現!!
“TAKA”私、“こやす”、“Aki”と同じ小学校の出身で、少年時代に“JUNくん”たちも交えてバギー三昧の日々を送った戦友です。
その“TAKA”17年ぶりラジ復活を決意したらしく、年内には再スタートを切ると聞いてとても嬉しくおもいました^^

来年、我が『Team SUPER NOBUSHI』はさらに楽しいことになりそうです♪

どんぐりトトロ 1

明日はPOM練です!!
でも、私は12/3の『WAKO CUP ポムGC最終戦』には出場できないので、ぜんぜん気合いが入りません><
参戦予定のエース“OH!月”“こやす”の練習相手が役目になりそうです。二人には頑張ってもらわないといけませんからね!!ビシビシいきますよ!!

↑の写真は奥さんと娘二人が作ったどんぐりの“トトロファミリー”です♪なかなかイイ出来栄えだったので思わず撮影してしまいました☆
“まっくろくろすけ”がいい味出してます^^


↓は、先ほどスーパースポーツクラスルーキー“Aki”から送られてきた写真です。
レイスピード放電器LEDを自分でブルーに交換するのに成功したようです。

なかなかヤルじゃないの^^
Akiのレイスピ放電器

テレビ東京系「カンブリア宮殿」ホンダ福井社長が出てましたね☆
ホンダの歴史レース活動燃料電池車ASIMOなどホンダファンにはたまらない内容でしたが、いちばんビックリしたのは航空機メーカーの力をまったく借りずにジェット機を完成させてしまったという話です。
なんと!機体がカーボン製で超軽量とはなんともホンダらしい!!しかも主翼の上に低燃費を実現したジェットエンジンが載ってましたよ!!すごいですね~^^

そういえばスーパーアグリF1の来期のドライバーが佐藤琢磨選手アンソニー・デイビッドソン選手に決まりましたね!!これは期待が持てるかも♪

3PKSイヤホン 1


さて、今日のラジ仕事は3PKスーパーにイヤホンを取り付けるという単純なものでした。
“Y山さん”“福ラジ店長”が、いつもイヤホンを使ってラップナビゲーション機能を使っているのを見て、私もマネしてみようかと思いまして^^;

見た目のカッコよさに惹かれて、デオデオで買ってきた“オーディオテクニカ”の耳かけタイプのイヤホンを実際に使ってみました。
音はいいけど・・・コードが長すぎ!!3メートルって・・・まあテレビ用だから仕方ないけど;;

というわけで、一か八かコード短縮にチャレンジすることにしました。
極細のコードなので、切開してみるまではどんな導線が出てくるか分かりませんでしたが、自然な銅色緑色のエナメル(?)線が出てきてひとまず安心。極性は間違えずにすみそうです。

銅色のほうはいいけど、のほうはハンダ付けできるのか・・・と思いつつやってみるとなんとかハンダ付けには成功しました。2本の線がショートしないように絶縁加工を施して、収縮チューブを2重に被せて出来上がり!!

音もちゃんと聞こえたので大成功でした^^v

↓これは・・・いつもの○ーボンシートチームデカールで仕上げてくれと言わんばかりのステキなデザインですね♪
3PKSイヤホン 2

ライド・アコード 1

蛍光グリーンとホワイトの「リアルかえるカラー」塗ったまま、数ヶ月間放置していた「ライド・アコード」(だったような・・・)を仕上げることにしました。

なんのシャーシ用に作っていたのか思い出せませんが(爆)、TA05にも問題なくフィットしたのでOK!!
でもこの「ライド・アコード」は、POMでは「ライド・ダッジMkⅢ」がイイ!ということを知らない頃に、なんとなく買ってしまった物です。

昨年ラジ復活したときのRC関連メディアでは、最新鋭機「アコード」ばかりがもてはやされており、ツーリングボディの代名詞であった「ダッジ」はもう終わっているような印象を受けたことはよく覚えています。

この「アコード」を頑張って完成させたとして、果たして使う時はくるのでしょうか・・・^^;

↓本題の「コブラ」のスイッチがようやく完成しました!!
カバー部分を作るだけで約2時間かかりました^^;
どう考えても、大切な時間の使い方が間違っている気がします・・・。

コブラスイッチ 5

タミヤ耐熱両面テープを使ってガッチリ取り付けています。
コブラスイッチ 6

↓1ミリ厚ポリカ板を切り出して製作。断面にはタミヤ・ペイントマーカー・フラットブラックを塗って、よりリアルに仕上げました。(←これオススメ)
コブラスイッチ 7

↓開放感あふれるリアビュー。っていうか開けっ放しなだけです(爆)
コブラスイッチ 8

コブラスイッチ 3

『ボディ製作強化月間』に突入する前に、周辺機器アレンジでやり残している事を済ませていこうということで、長らく中断していたコミュ研磨機「コブラ」のスイッチ改造に手をつけました。
POM練に行っても毎回必ず使うアイテムなので、キッチリ仕上げておいて気持ちよく使いたいですしね
^^

前回、通電状態であることが分かるように(っていうかカッコイイから)取り付けていたLEDがあっという間に死亡してしまい、そのまま作業中断してしまっていました><

その時の教訓を活かし、今回は「電圧ドロップ用抵抗」を外して「定電流ダイオード」に、死亡した5ΦブルーLED3ΦブルーLED(光拡散型)にそれぞれ交換しました。
それに伴い、スイッチ保持用ステーもモーターカンに直接取り付けるタイプにバージョンアップ☆
スイッチを操作したときの「カッチリ感」を出すために、シューグー・ブラックでガッチリ接着しました。
あとはカバーを作って装着したら完成です。

ちなみに、スイッチONと同時にLEDは消灯します・・・orz

コブラスイッチ 4

TA05黒スタビ&水色バネ
↑もったいなくて使えないパーツたちの図。白いバネより断然新鮮なミルキーブルーが気に入りました^^

「ら・じれの日」電飾レースの興奮さめやらぬ今日この頃、勢いに任せて完成させた「SフリーダムNSX2005」のおかげで塗装テンション(←ナンジャソリャ)が急上昇!
完全放置プレイ状態のボディたちをひとつずつ片付けていこうかと思っております。

とか言っておきながら、またしても福山ラジコンセンターの中古コーナーで出会ってしまった「ARTA NSX2005」をウチに連れて帰ってしまいました^^;
今度はガンガン走らせるための「SUPER AGURI  F1 NSX」を作る予定です。

ARTA-NSX2005

↓今回の塗装で絶大な威力を発揮した新しい相棒「GSIクレオス プロコン LWA」
ノズル径0.5ミリという大口径で、大面積の塗装には最適なエアブラシ(ハンドピース)です。ホワイト・シルバーブラックを吹くのに使いましたが、あっという間にボディ裏が1色になりましたよ@@

GSIクレオス プロコンLWA 2

↓ボディ用の小物もゲット!話題の「とれるやん!!」もなんとなく購入^^;使う日はくるのかな・・・?
7ミリスナップピンはタミヤの太いボディマウントにジャストフィット☆
ボディマウント用スペーサーはボディ高さの微調整には欠かせません。半分にスライスして使います。

とれるやん 1

SフリーダムNSX 1

AM7:00に仕事から帰ってボディの塗装を開始!!
電飾ユニット取付の取り付けまでやらなければならないので、眠い目をこすりながら不眠不休で頑張りましたが、残念ながらボディ塗装が完了したところで無念のタイムアップ><

家がめちゃ近い“こやす”に迎えに来てもらい、“OH!月”“Aki”“ザネッチ”と合流して一路「ら・じれ」に向かいます!!

PM7:00「ら・じれ」に到着した時に、あろうことか“OH!月”がプロポを忘れたことが発覚!!
そういえば、以前にも「ら・じれ」にプロポを忘れて行ったヤツがいましたね・・・

2階のピットスペースに荷物を持って上がると、すでに“YO-YO-”さんが来られており、挨拶&トークの後バッテリーを充電しつつ、電飾ユニット取り付け作業スタート。
完成時刻はPM9:00以降と予測、“OH!月”にプロポをレンタルしました。

まずは0.2ミリ厚透明プラ板を使って、テールランプリフレクターの製作を開始。

間もなく、いつもコメントを頂いている“GIGAWINDさん”が声をかけてくださいました☆
時間に追われてバタバタしていて、ゆっくりお話できなくて申し訳なかったです^^;

そうこうしていると“ちーぱぱさん”“さちさん”“ちゅうボスさん”達が続々と到着。
なんと、家庭の事情で不参加かと思われていた“JUNくん”まで登場して超ビックリ!!大丈夫なのか^^;
ワーチャンメカニック“M原さん”にお願いしていた「TA05スタビ・ブラック」と「スプリングセット・ミルキーブルー」を受け取りました!ヤッタネ^^v

楽しいトークも短めに作業再開。テールランプリフレクター内部に「京商 Dフレックスカラーデカール・メタリックシルバー」(←このシリーズいいですヨ!)を貼って仕上げました。
次に難関のヘッドライトリフレクターに着手。0.5ミリ厚ポリカ板を切ったり曲げたり穴を開けたり、何度もボディに合わせて大きさを調整して、最後に「京商デカール・Mシルバー」を貼ってなんとか完成!
ブラックグラステープを使ってボディに取り付けていきましたが、ヘッドライトリフレクターの内側がボディマウントに干渉してしまい、これをクリアするのに大苦戦!
結局、ボディをシャーシに載せて点灯させた頃にはPM9:30を過ぎていましたガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
そしてカンを頼りに、急いでTA05のセッティングを変更。
GTジャパン500円タイヤ中古に換装し、ピニオンギヤを22Tに交換(スパーは70T)、タミヤ3600HVを搭載して車高F4.0㍉R4.5㍉・リバウンドF2.0㍉R3.0㍉・キャンバーFRともに-1.0°にセット。
“OH!月”にセット変更を頼んでいたBDも一緒に1階のサーキットへGO!
ちなみにBD4200SHVRP24GTチューン(ギヤ比6.5:1)という装備です。

TA05BDともに何の問題もなく走り、ほっとひと安心。
特にTA05電飾がめちゃカッコよくてシビれました!!みなさんにもたくさん褒めていただき、やってよかったなぁとシミジミ(TдT)

BD
の方はパワーがありすぎてテールスライドを連発!若干コントロールに苦しみましたが、GTジャパンマシンに混ざって1台だけ異次元のパフォーマンスを見せていました(自分で言うな><)
2台あわせて10分ほど慣熟走行したところで“ちーぱぱさん”の呼びかけで、いよいよレース開催となりました!

“ちーぱぱさん”が自ら持ち込んだスターティングシグナルの合図で一斉にスタート!!
電飾も鮮やかに3周目あたりでトップに立ち、順調にバックマーカーをパスしつつ周回を重ねていると、1台だけ鋭いラインでスムーズに走るマシンが視界に飛び込んできました!

むむっ!!これは・・・白のSC!!タミヤクラスウィナー“さちさん”です!!

どうやら全車のなかでライバルといえるのは“さちさん”のみ!!
ここから本当のガチンコバトルがスタート!!前に後にポジションを入れ替えながらバッテリーダウンするまでバトルを楽しみました。いや~本当に楽しかったです^^

その模様は“JUNくん”動画で御覧いただけます☆
時折コントロールが乱れるのは、操縦台の前を人が通ってコースが見えなかったからです・・・と言い訳してみる^^;

BDの走りは“ちーぱぱさん”動画にちょこっと映ってます♪
ブルーグリーン・ホワイトの「地球色」ダッジがソレです(分からないかな^^;)。

営業時間を延長してまで我々に楽しいひとときを提供してくださった“ら・じれおじさん”、本当にありがとうございました!!
これからもよろしくお願いします^^


↓帰還後、「ストライクフリーダムNSX・ライトニングエディション」をクリーナーで掃除してやりました。大きなクラッシュは一度もしなかったのでほぼ無傷でした☆
SフリーダムNSX 2

↓急いで完成させたライティングギミックはこんな感じになってます。時間のあるときにもっとキレイにやり直そうっと♪
SフリーダムNSX 3

↓このボディ、驚愕の重さですよ!!けっこうな重量ハンデになりますね><
SフリーダムNSX 4

先週から楽しみにしていた「水曜ら・じれ電飾の日」イベントを満喫して先ほどAM4:00に帰還しました!!さすがに40時間無睡はちょっとキツかったです;;

“ら・じれおじさん”のご好意で特別に営業時間を延長していただき(っていうかなし崩し的に・・・><)、2○:00まで大バトルを楽しんだ後、「福山ラジコンセンター」すぐそばのジョイフルにピットイン!!
『PROJECT K(チームカンタク・Kappy Racing・Team SUPER NOBUSHI)』総勢13名(!)でアツく語り合いました☆


急な思いつきで製作を開始した

1/10スケール

“ストライクフリーダムNSX2005・ライトニ

ングエディション”


も、「ら・じれ」での2時間にも及ぶリフレクターパーツ製作(おいおい^^;)の甲斐もあり、見事完成に漕ぎつけて模擬レースに参戦することができました!!
タミヤ電飾ユニットの明るさは群を抜いていました♪

『フリーダム発進します!!!』

TA05用NSX2005 7
TA05用NSX2005 8

TA05用NSX2005 5

マスキングが完了した「NSX2005」に白を吹きました。

暗い色から塗るのがポリカーボネートボディ塗装におけるセオリーですが、そんなの無視して一番に白を塗ったのにはちょっとした訳があるんです。

それは・・・こっちのほうがマスキングがラクだったから!!

私の場合、最後に必ずで裏打ちをするので、順序がどうであろうとあんまり関係ないんですよね^^;


↓裏打ちの一番手「シルバー」を吹いたところで時間切れ>< 仕事行かなきゃ!!
TA05用NSX2005 6

TA05用NSX2005 4

やっとここまでマスキングできました!!

この状態ではなぜかフ○ラーリっぽく見えて仕方ありません(爆)

今回のカラーリングは、あるモ○ルスーツをイメージしたもで簡単に済ませようかと思っています。本当にそれっぽく仕上がるかどうかは謎ですが^^;


果たして水曜日に間に合うのか・・・


TA05用NSX2005 3
カッターナイフでカットラインを入れ、ボディマウント穴を開けました。

ボディマウントは「穴位置決め専用」に短く切ったものを使っています。


↓「実車のHIDみたいな光でメチャ明るいでぇ~^^v」と
“こやす”オススメのタミヤ電飾キットをゲット!!とりあえず8灯でイキマス!!

電飾 1

↓実際に点灯させてみたの図

電飾萌え~

電飾 2

TA05用NSX2005 1

最近めっきり出番の減った我がTA05ですが、その理由のひとつに「走行用ボディ」が無いことが挙げられます。
“Aki”タミグラ岡山大会でも使ったレイブリッグ2005軽量塗り完も、日ごろのPOMでの酷使が祟ってフロントがボロボロになってNG・・・
『SUPER AGURI F1 NSX』は、奇跡のコンデレゲット記念ボディとなってしまったためにもったいなくて使えないし^^;

というわけで、タミグラ岡山大会の会場で買ったNSX2005を塗ることにしました。
\1500という価格に釣られて買ったのですが、よく考えたらデカールが付いていない為にエアインテークダクトやテールランプも塗りでいかないといけません><

TA05用NSX2005 2
2006.11.16POM練 1

レースが終わって間もないというのに、元気に行ってきましたPOM練に!

今回の私の仕事は、オイルが漏れまくっていたダンパーのメンテと、“こやす”TA05がキチンと走るようにサポートすることです。

“さちさん”も朝イチから駆けつけてくれ、昼からは体調が悪いはずの“OH!月”まで登場し、夕方までわいわい盛り上がりました^^

午前中は“こやす”TA05のステアリング周りをカンペキにするのと、BDのダンパーのメンテに時間を費やしましたが、午後からは数台ずつの模擬戦に何回も参加しました。

何度か動画撮影にトライしたのですが・・・みんな飛びまくりでお蔵入りとなりました;;

↓日なたにピットを構えたのでワリと快適でした。

2006.11.16POM練 2

↓疾駆する“JUNくん”BDM
2006.11.16POM練 3

“OH!月”BD。いつもよく曲がるクルマに仕上がってます。
2006.11.16POM練 4

“さちさん”のピットです。今回はトラブルが多くて大変そうでした。
2006.11.16POM練さちさん

“こやす”TA05。だいぶイイ感じになってきました☆
2006.11.16POM練こやす

“JUNくん”のピット。初めてRP30を使って好感触を得たようです♪
2006.11.16POM練JUNくん

“ザネッチ”のピット。引き続き好調を維持しています。あとは練習あるのみ!
2006.11.16POM練ザネッチ

<ビギナークラスBメイン決勝>
今回がWAKO CUPデビュー戦の幼なじみのドリフター“こやす”は、サーボセイバーの不調を抱えながらBメイン決勝6位からのスタート!!
微妙なコントロールを受け付けないマシンと格闘し続け、中盤にはフロントのボディピンが2本とも抜け落ちて「エリマキトカゲ走法」まで披露することに;;
でもなんとか最後まで走りきったおかげで4位ゴールとなりました。

マシンがまもとなら間違いなくAメインだっただろうに・・・
最初からハイトルクサーボセイバーを入れさせておけば良かったよ・・・スマン!“こやす”><

↓決勝レース後にTA05が重傷を負っていたことが判明!!シャーシ右サイドに大きなヒビが入っとります。゚(゚´Д`゚)゚。

2006.11.12第10戦こやす05

↓ボディ前部をパカパカさせながら激走する“こやす”TA05。ボディは私のお下がりです^^;
2006.11.12第10戦こやす走る

<ビギナークラスAメイン決勝>
初のTQ降雨のため予選1Rで決定となった第6戦を除く)を獲得した“ザネッチ”
ここまではシナリオどおり・・・っていうか出来すぎ(爆)

チームメンバー全員が固唾を呑んで見守る中、Aメイン決勝レースがスタート!!
心配だったスタートをキレイに決めて、1周目をなんとかトップで帰ってきました!!
しかし“YO-YO-さん”のストレートの伸びが凄まじく、2周目のストレートエンドで2台が接触してスピン!!
運悪く逆向きになった“ザネッチ”カワダTA05は、ターン中に後続車とクラッシュしてしまい4位までポジションダウン><
快調にトップを走る“YO-YO-さん”に喰らいつくべく追い上げを開始した直後、焦りのせいかストレート入り口で単独クラッシュしてコースアウト;;
マーシャルさんがコースに戻してくれたところに、またしても後続車が突っ込んできてさらにポジションダウン!!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
これで“YO-YO-さん”とは半周以上差が付いてしまい、もはやこれまでか・・・と思いましたが、この日の“ザネッチ”は今までとは違っていました!!
前を行くライバルたちを一台一台鮮やかにパスしていき、次々にポジションを回復!徐々にトップ“YO-YO-さん”との差を縮めていきます!!
しかし、無情にも5分経過でレース終了となり、残念ながら2位でフィニッシュとなりました。

↓同クラスのライバル達に「速さ」を見せ付けたものの、惜しくも2位となった“ザネッチ”TA05カワダコンバージョン。決勝でも16秒台をマークしていました(驚)
2006.11.12第10戦ザネ05

<スポーツクラスAメイン決勝>
“Aki”TQ“JUNくん”3位と、
これまた出来すぎのスターティンググリッド。
予選の時点で、スーパースポーツクラス昇格条件の「アベレージ16.5秒」の壁を突破してしまいそうなギリギリのタイムを出していた“Aki”“JUNくん”
決勝のタイムによってはスーパースポーツ墓場行き(爆)が決定する可能性があり、内心ビビリながらの出走です。

そしていよいよ運命の決勝レースがスタート!!
“Aki”がキレイにスタートをキメてトップをキープ!!
しかし背後に“Aki”を上回る勢いで2番手スタートの“M田さん”が迫ってきます!!コース全域において“M田さん”のマシンの方がスピードで上回っており、非常に苦しい展開となりました。
プレッシャーに負けることなく、INを閉めて丁寧に周回を重ねた“Aki”でしたが、10周目くらいでついに“M田さん”にパスされてしまいます><

前に出た“M田さん”はさらにペースを上げ、“Aki”を引き離しにかかります!!
が、“M田さん”のハイペースに釣られて“Aki”もペースアップ!!
それでもレース終盤にはストレート1本分くらい差を付けられてしまい、これは“M田さん”に何か起こらないと無理かなぁ・・・
と思ったら、

なんと“M田さん”リアウイングが取れかかってブラブラ状態に!!

ふつうのRCカーは、リアウイングがなくなるとダウンフォースを失ってまともに走ることはできません。これは“Aki”にとっては大チャンス到来か!!?

ところが“M田さん”のマシンは涼しい顔をして(?)フツーに周回を重ねていき、思ったほど差を詰めることもできずにそのままチェッカー!!!

“Aki”は健闘及ばず惜しくも2位“JUNくん”5位でゴールとなりました。

表彰式で、優勝した“M田さん”・2位の“Aki”・3位KRTのエース“F井選手”の3名に対し、
“WAKO T店長”より次戦からのスーパースポーツクラス昇格が命ぜられました!!
この3名はなんと決勝レース(8分間)において「アベレージ16秒5」をクリアしてしまったようです(シンジラレナーイ!!)

↓激走する“JUNくん”ヨコモBDM。次はいよいよSS昇格をかけての戦いとなります。

2006.11.12第10戦JUN走る

SS昇格にふさわしく素晴らしい走りを披露した“Aki”
本人は、しばらくの間スポーツクラスでの活躍を望んでいただけに、昇格命令にはかなりヘコんでました(爆)
一言「やりすぎた・・・」

2006.11.12第10戦Aki走る

“Aki”がこのレースのために新たに作ってきたNEWボディ。斬新なカラーリングはなんと“奥さん”との合作!!応援に駆けつけてくれた“奥さん”が見守るなか、見事スーパースポーツ昇格の大活躍!!!おめでとう^^

2006.11.12第10戦Aki05

今日はチームメイトの戦いぶりを紹介しますね^^

◇◆ビギナークラス◇◆

ビギナークラスには“ザネッチ”“こやす”がエントリー。
TA05カワダコンバージョン改を駆る“ザネッチ”は、優勝してビギナークラスを卒業するのが目標。TA05タミヤフルOPバージョンで初参戦の“こやす”Aメインに入るのが目標です。

<予選1R>
まだレース用バッテリーを持っていない“こやす”は、私のGP3700を搭載してスタート!
ところが、2周目あたりでいきなりマシントラブルに見舞われストップ!!
“Aki”がダッシュで回収し、ギヤに噛み込んでいたデカい石を力任せに強制除去!!
コース復帰を果たした“こやす”18秒69を記録。控えめなギヤ比とバッテリーを使い、初めてのアタックだったワリにはいいタイムです☆

前回の練習で好調だった“ザネッチ”TQ狙いで渾身のアタック!!自己ベストタイムとなる17秒39をマークし、予選1R終了時点で暫定TQをゲット!!

<予選2R>
“さちさん”のお好み焼きを美味しく頂いたあとの練習で、純正サーボセイバーのビスが外れるというトラブルが発生した“こやす”TA05
なんとか修理はしたものの、ニュートラル付近に大きなガタが出ていることが判明!!ストレートを真っ直ぐ走ることもままならないほどヒドい状態でしたが、直す時間もパーツもなかったのでそのまま走ることに><
予想通りマシンコントロールに苦しみ18秒85止まりでタイムアップならず;;

“ザネッチ”はさらに調子を上げ、初めて17秒の壁を突破!!16秒79を記録し、TQ(ポールポジション)が確定しました☆
“こやす”Bメイン決勝6位スタートとなりました。

ビギナークラスAメイン決勝スタート直前の操縦台です

2006.11.12第10戦ビギナーA

◇◆スポーツクラス◇◆

日曜POM練“M原さん”をはじめ、エキスパートドライバーの皆さんに鍛えられた“Aki”TA05TNコンバージョンで、マシンのセッティングがハマれば速い“JUNくん”ヨコモBDMを駆ってエントリー。ふたりとも密かに優勝を狙ってます☆

<予選1R>
スタート直後の1周目のストレートエンドで、いきなりギャップにつまづいて派手にコースアウトを喫した“Aki”!!デジカメを構えていた私は危うく直撃を食らうところでした^^;
そのクラッシュの影響か、意外にタイムが伸びずに18周5分13秒で終了><

一方の“JUNくん”はマシンのメンテとセット変更がキマっているようで絶好調!!
途中、コースアウトから復帰してきた他車にぶつけられてヒヤリとする場面もありましたが、18周5分00秒をマークして暫定TQをゲット!!余計なクラッシュがなければ19周に突入していたでしょう。

<予選2R>
ここでは“Aki”が絶好調!!まったくのノーミスかつムダの無いスムーズな走りで19周5分12秒TQが確定!!この走りには“OH!月”“ザネッチ”もビビってました@@
“JUNくん”18周5分09秒でタイムアップならず、Aメイン決勝3位スタートとなりました。


スポーツクラスAメイン決勝レース中の操縦台の様子
2006.11.12第10戦スポーツA

<スーパースポーツクラスAメイン決勝>

予選2Rで使ったRP30テックホイール)がまったく磨耗しておらず、グリップ感の高さと抜群の安定性が気に入ったのでそのまま使うことに。いちおうタイヤセッターで表面を軽くサンディングしておきました。
モーターは、朝イチの練習で1パックだけ使ったカワダVT銀をコミュ研磨してブレークイン後、ギヤ比5.1:1に設定して搭載。
バッテリーはWAKO マッチドIDEAL IB4200SHVで、セルマスターで5Aで充電しました。充電前に自作バッテリーウォーマーで20℃くらいに温めておいたので、仕上がり温度は50℃くいらいでした。
どんどんひどくなるフロントダンパーのオイル漏れは、チームメイト各クラス決勝レース応援のためあきらめて(開き直って)そのままに^^;

そしてAメイン決勝レースがスタート!!
スタートをキレイに決めることができ、クラッシュで後退した“A木親分”の前に出て、1周目は4位で帰って来ることに成功。
我がBDは絶好調で、これはけっこういいペースでイケるかも~!と思ったら、3周目あたりで“A木親分”のマシンが信じられないスピードで背後に迫ってキ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!
とても抑えきれる速さではなかったので、ちょっとだけインを開けて先に行ってもらいました。それにしても“A木親分”はいつもモーターがブチ回ってますね(驚)!

スタート時のポジションと同じ5位キープのまま10周ほど経過した頃、前方で“S田師匠”がミスされたようで、ちょっと追いつきました☆
その数周後、右S字の中間点で“S田師匠”がクラッシュ!!

S田師匠 「あ、止まった!!」
私 「え!?マジですか!!?」

ゴンッ!!!

S田師匠「あ、動いたっ!!!」

期せずして“S田師匠”TECH MY05を甦らせてしまいましたが、ほとんどロスなく前に出ることに成功!!
再びの4位浮上で、私の脳裏には「TOP3のバトルでナニかあれば・・・もしや初表彰台か!??」と、捕らぬタヌキのなんとやら。

ところが“S田師匠”のペースはまったく落ちていない模様・・・みるみる追いついて来ますよ!!
やがていつもの練習バトルと同じ展開に。。。
3周ほど頑張って抑えたものの、左端のPコーナー(S字のターン2)をコンパクトなラインで立ち上がってきた“S田師匠”にインからパスされてしまいました><
ここから“S田師匠”にハイペースで引っ張ってもらい、レース終盤までいいカンジで走行♪

途中、急に射してきたメチャ強い西日に目がくらみ、右S字でピョーン!!と飛んでしまい、マーシャルさんに助けられたのは余計でしたが(汗)、後続に対してはセーフティーリードを築いていたいたので安心でした。

そしてそのまま5位でチェッカー!!

今回のレースは、予選と同じ順位でゴールできたので良かったと思います。


次のレースに期待が持てるよコリャ~マシンは絶好調だし^^v

と思ったら、12月第1日曜日3日に決定とのアナウンスが・・・3日はどうあがいてもキャンセルできない用事が入っているんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。

昨年のWAKO CUPデビュー以来、初の欠場が濃厚となりテンション激低下です・・・

↓サスアームをベトベトにしながらも頑張ってくれたMy BDです。
実はこれが好調の秘訣だったりして・・・^^;
2006.11.12第10戦 2

2006.11.12第10戦 1
『WAKO CUPポムGC第10戦』に参戦してきました。

“OH!月”“JUNくん”“Aki”“ザネッチ”とともにAM6:00に現地入り。
荷物を運び終えると早速「ホンダF1レーシングピットタオル」を敷いてピット構築を開始します。ピットタオルを替えると気分がいいですね^^

しかし、この日は朝からものすごい冷え込みで、手がかじかんで作業がなかなか進みません。強風が吹き抜ける橋の下にピットを構えたのは失敗だったかも^^;

AM7:00に元(?)ドリフター“こやす”が到着。これで我がチームの第10戦参戦メンバー6人が揃いました。

“WAKO T店長”に持ってきてもらった「フロントサスマウント前開き-1.0°」BDに組み込んだ後、各部の調整をしながら“こやす”が使うバッテリーの準備も始めます。充電器3台放電器2台フル稼働です。

練習用バッテリーの充電完了とともにテスト走行を行いました。タイヤはRP30中古で、他のセッティングはいつもと同じです。
まずまずの感触でしたが、フロントダンパーからオイルが漏れていました><
おそらく直前メンテの際、初めて組み込んだ「京商Xリング(オレンジ)」ハイキャパシティショックボディとの相性が悪いのでしょう。もっと早く試しておけばよかったです;;

<予選1R>
結局、オイル漏れを直す時間も無いままスーパースポーツクラス予選第1ラウンド出走となってしまいました。
カワダVT、RP30インナー・ヨコモ37M)、WAKOマッチドIDEAL4200SHVの組み合わせでGO!!
タイヤのグリップ感とハンドリングはなかなかイイ感じですが、モーターがイマイチ元気が無く、ストレートの伸びがイマイチです。
その上3回ほど大きなミスをしてしまい、30周8分02秒22というショボいタイムとなってしまいました;;

<予選2R>
Aメイン入りを確実なものにするためには、なんとしても31周を記録しなければなりません。
ここで急遽“S田師匠”に教えてもらった「RP30+テック高リブホイール+ボンバーイエロー」を組むことに。
テックホイールRPホイールに比べて若干大きいのか、すこし角が張っているカンジです。
エッジが引っ掛かって転倒する予感がしたので、キャンバーを-1.0から-1.5°に変更しました。
タイヤ製作で時間をロスしたために、カワダVTのコミュ研磨が出来ませんでした。仕方なくモーターを新兵器ルナFH-S2に交換し、ギヤ比を5.1:1にセットして出撃!!!
今度はストレートの伸びもなかなかいい感じで、タイヤのグリップは最高です。
アナウンスでコンスタントに15秒台をマークしていることが分かったので、縁石にヒットさせないように慎重に走りました。
結果は31周8分10秒42で、Aメイン決勝5位スタートが決定しました。

BDメンテ06.11.12 5

本日の『WAKO CUP ポムGC第10戦』への出撃直前ですが、まだBDのメンテをやってます!!
といっても、あとはダンパーを組んで取り付けるだけです^^;

いつもなら、現地でラジトークを楽しみながらオイルを封入するのですが、今回は遅れてきたルーキー“こやす”のレースデビューと“ザネッチ”&“Aki”へのサポートを厚くしたいので家で組んで行くことにしました。

今回のレースは我が『Team SUPER NOBUSHI』にとっては見所満載なので、楽しんだ上でいい結果が付いてくるよう頑張りたいと思います^^


↓死亡が確認されたカワダVTは、どうやらローターが逝っているようなので、新しいローターに交換して復活を試みます。甦るといいな~☆

カワダVTローター

↓昨年の『WAKO CUP ポムGC戦』デビュー以来、ずっと使い続けてきたトランスポンダー用ケーブルがヤバいことになってきたので、フタバのサーボコードとKOサーボコネクターを使って2本作りました。
ポンダーケーブル

↓いつ断線してもおかしくないくらい銅線が見えちゃってます><
計測トラブルで大事なレースをパーにしたくないので、こういうところはキッチリしておかないといけませんね^^

ポンダーケーブル2
S-NOBUSHIディスチャージャー 1

「TEAM WAVEライトニング・ディスチャージャー」導入以来、クローゼットに眠らせていた「イーグルSPオートカットディスチャージャー・カーボンYMP仕様」を現役復帰させるべく外観を変更しました。
なぜ「イーグル」を復活させるかといいますと、いつものPOM練のときチームメイトにバッテリーを貸すことも多く、「ライトニング」1台では管理が間に合わなくなってきたからです。

以前は京商のカーボンシートを貼っていましたが、レンガ模様のようなウソっぽいカーボン柄(失礼^^;)が気に入っていなかったので、最近お気に入りの実車用カーボンカッティングシートに張り替えました。

ちなみにLED高輝度ブルーに、ファンは国産の高品質タイプに交換済みです。

モロに私好みのルックスに生まれ変わりました♪

S-NOBUSHIディスチャージャー 2

フェイスパネル(?)はFRP製なのですが、断面をタミヤ ペイントマーカー・フラットブラックで塗装したので、よりカーボンらしく仕上がったと満足しています^^
S-NOBUSHIディスチャージャー 3
ホンダピットタオル 1

なんと!あのホンダF1レーシングから、

   「ラジコン用ピットタオル」

        が発売されたのでGETしました!!!



というのは冗談で、普通のバスタオルですコレ^^;

今まで使っていたタミヤ・ブルーより鮮やかで、明るい感じのピットになりそうな予感♪

でも、汚れが付くとかなり目立ちそうなの色合いなので、衣類に使うファブリックプロテクター(撥水防汚スプレー)を5回ほど全面に吹き付けておきました☆
これで液体の染み込みは防げるハズです(たぶん)。

これからの季節、我がホームコース「POMサーキット」強風に見舞われることが多く、缶コーヒーをこぼすなどのトラブルが発生する可能性大なので、なるべく汚さずに少しでも長く使うために処理しておきました。


やっぱりホンダ最高です!!


ホンダピットタオル 2
BDメンテ06.11.12 4

BDの大事なところのメンテはほぼ完了しました。
2つ作ったデフに、自作デフプロテクトシールを貼って組み込めば駆動系のメンテは終了です。
ボンバー白ベルトは消しゴムできれいにしておきました♪
このベルトは本当に耐久性バツグンですね~!!TA05のベルトみたいにササクレたり伸びたりしないので長~くつかえます。

あとは土曜日にダンパーのOリングを交換して完了となります。


デフのメンテの際に、組み間違えたらいけないので未だに取説を見ているのですが(汗)、いちいち取説を出してくるのが面倒なので、縮小コピーしたものをラミネート加工してみました。これを工具箱等の中に忍ばせておけば、いつでもチラッと見ることができます☆

とりあえず我がチームのBD使い“JUNくん”“OH!月”には無料配布しておきましょうか^^

↓一枚一枚丁寧に切り離して使います。

BDメンテ06.11.12 デフ取説
BDメンテ06.11.12 配線

KO VFSコンペ2のケーブルを「キーエンス12G」を使って引き直しました。
冷却ファンの位置を変えたことで、ケーブルの張りに余裕がなくなってしまったからです。

このキーエンスのケーブルは芯線がめちゃめちゃ細く、ものすごい密度を持っていて、いかにもロス抵抗値が低そうでいい感じです^^
せっかくだからヨーロピアンのオスも新品にしようかな☆


↓デフプレートも研磨して再利用します。
いつも耐水ペーパー400→1000→2000→ピカールの順で磨いてます。
BDメンテ06.11.12 3

↓今回からベアリングには「ハイブリッド ベアリングオイル」を使ってみることにしました。粘度がやや高めなので持ちがよさそうです☆
BDメンテ06.11.12 2
ポンダーステー 3

先日切り出しておいたオリジナルカーボントランスポンダーステーを仕上げにかかりました。

トランスポンダーを、どうしても受信機のとなりに取り付けたかったので、こんなデザインになってしまいました。
ちょっとデカすぎる感もありますが、その分ドラゴンの翼のイメージに近い(とおもう)のでヨシとします^^;

でもコレ・・・多分折れるでしょうね^^;

↓仮止めの図。このあと瞬間接着剤処理で、断面をもっと丸くして完成となります。

ポンダーステー 4

ハカルンジャーのポンダーの受信機コードを、中に引き込んでスッキリ短くしました。これは“OH!月”のアイデアです☆
ハカルンジャーポンダー 1

BDメンテ06.11.12 1

11月12(日)に開催される『WAKO CUP ポムGC 第10戦』に参戦するために愛機ヨコモMR-4TC BD(←久しぶりの正式名称)のメンテを開始しました。

ハケでほこりを払いながら簡単にチェックしたところ、折れたり曲がったりした部分はありませんでした。


今回はレースまでの日程に余裕があるので、メンテは早めに済ませて新しいボディを塗ろうと思っています。
というのも、今使っているライド・ダッジMkⅢがすごいイキオイでボロボロになっているので、早めに作らないと走らせに行けなくなってしまいそうです^^;
といっても、手が遅いのでレースまでに完成させるのは無理ですが。


↓先日RCマニアックスウェブストアで買った「ラチェットコンパスカッター」です。
届いてみてその大きさにビックリ!!
つまみがラチェットになっているので回すのがラクそうです^^

ボディのホイールアーチカットデフプロテクトシール製作で活躍してくれるでしょう♪
コンパスカッター 1

昨日のPOM練では、お気に入りだったカワダVT1号機がお亡くなりになるという、たいへんショックな出来事もありました;;
原因は不明で、分解してチェックしても異常は見当たりません。
でもなぜか回転数24000r.p.m・消費電流4Aまで落ち込んでしまったんです・・・

POMエキスパートな人たちに相談すると「マグネットの磁力抜け」かもしれないとのこと。
レースや練習でキツいギヤ比で使いすぎたのが原因かも。゚(゚´Д`゚)゚。


レース用モーターはレイダウンを何機か持っていて、これから涼しくなってくると出番が増えてくるはずなのですが、いつもで頼れるカワダVTはやっぱり必要!!という結論に達し、帰りに『WAKO RC』さんで銀色のカワダVTを買って帰りました。


↓ブレークイン中の新型VT
寒い季節がくるので「Rコート」はなくても平気でしょ~ってことで安い銀色にしました。
チップコンデンサがタミヤGTチューンみたいになってますね。
ブラシのアタリ出しが不十分なのにかなりの消費電流です。これは期待できるかも^^
NEWカワダVT 1

2006.11.4POM練マイピット

POM練行って来ました!!

今回のメインテーマは、改造を施して生まれ変わった“ザネッチ”TA05カワダconvのセットだしと、ビギナークラスデビュー目前の“こやす”TA05シェイクダウン(驚!)です。

私は路面状態と相談しながらRP30のテストをするつもりでしたが、Tシャツ1枚でちょうどいいくらいのポカポカ陽気のせいか、またしてもソレックス40Rがバリ喰いだったのでやめました^^;

レース直前ということで、今までレース専用扱いしてきた『WAKO マッチドIDEAL IB4200』系を全部使って叩き起こしておきました。


今回は写真をいっぱい撮ってきたので公開します☆

↓レース1週間前にシェイクダウンというハチャメチャな“こやす”のピットです。
初めて接着したという、ツーリング用タイヤ「ノーマーク+30」が見事に剥がれるアクシデントはありましたが、走り自体は全く問題なかったのは驚きでした@@
ボディは私がEVOⅣの頃から使っていたグリーン「ライド・ダッジMkⅢ」を使っています。
HKSのピットタオル(っていうかバスタオル?)がカッコイイです♪

2006.11.4POM練こやすピット

↓今回はスポーツクラス決勝でも上位に入りたい“JUNくん”のピットです。
BDMキット購入時から交換していないという、デフボールが原因と思われるデフ不調に悩まされていました。レース前メンテでセラミックデフボールに交換ですね♪
さらに“M山さん”チェックでフロントのサスピン曲がりも発覚!
走りをみただけで異常を発見してしまう“M山さん”スゴすぎます!!

2006.11.4POM練JUNピット

↓はやくビギナークラスを卒業したい“ザネッチ”のピットです。
ここ最近ではイチバンの好調ぶりでした^^

久々に、我がチーム指定「ビギナークラス卒業前テスト・M本を超えろ!!」に挑み、無事クリアできました!!おめでとう!!これで自信をもってレースに臨めるね☆

2006.11.4POM練ザネッチピット


↓ものすごい走行台数のなか敢行された「M本を超えろ!!」の模様です。

ストレートエンドを攻める“ザネッチ”!!

2006.11.4ザネッチが走る!

↓おなじくストレートエンドを攻める“こやす”!!
2006.11.4こやすが走る!

↓ぶっちぎりのスピードで“JUNくん”も乱入!!!
先行する“M本氏”のナゾのマシン102GT(?)ドライバー人形は放送禁止なのでモザイクです(爆)

2006.11.4バー○ーに続け!!


↓さらに“ザネッチ”が攻める!!!
2006.11.4ザネッチが攻める!

“こやす”も負けじと攻めまくる!!!
2006.11.4こやすが攻める!!

“M本氏”は逃げまくる!!!
2006.11.4バー○ーが逃げまくる!!

そして・・・!!!
2006.11.4こやすがっ!!!
2006.11.4POM練準備

明日は待ちに待ったPOM練です!!

我がチームのPOM練といえば、92%くらいの確率で月~金曜日の平日なのですが、今回は土曜日ということでいろんな人たちと楽しめるかな~と期待してしまいます^^

しかし!!人のクルマばっかりイジっていたせいか、肝心の自分の準備がサッパリですよ><

レースでもないのに徹夜の予感・・・まあ別に珍しくもありませんが(爆)

↓いろんな人からイイ評判を聞いたので、ちょこっと試しに買ってみたテックのホイールです。RPタイヤとの相性がいいのだとか。楽しみです♪

テックホイール
ザネッチのTA05改 1
“ザネッチ”TA05カワダコンバージョンの改造が終わりました。

左右の重量バランスを取るために、まず最大の重量物であるバッテリーをBDバッテリートレイを流用して1.5ミリほど内に寄せました。

そしてメインシャーシ(ロアデッキ)に穴あけ・皿モミ加工を施して、けっこう邪魔なモーターガードを4ミリほど左後方に移動させ、左前を重くしているサーボ受信機シャーシ後方に移動
メカ類はすべてシャーシ幅いっぱいまで外側に搭載して、バッテリー側の重さとできるだけ釣り合うようにしています。


ザネッチのTA05改 2

“こやす”に頼まれて、KO VFS2をいつものようにバラセル仕様のケーブル交換しました。

よく考えたら、“こやす”はまだバラセルのバッテリーを持っていませんでした(核爆)
メカの調整は、私のバッテリーを使ってPOMでやることになりそうです^^;

こやすVFS2
『RCパーク ら・じれ』さんに突撃する前に、我が『Team SUPER NOBUSHI』「遅れてきたルーキー」(ブーマー?)、ドリフター“こやす”のお買い物に付き合いました。

我が家の近所に住んでいる“こやす”は、幼稚園時代から仲良しでラジコンデビューも同じという古くからの友人です。

RC界のF1ブームが去り、ツーリングカーという新しいカテゴリーが誕生した頃を境に、RC活動を休止したままになっていた彼が、ドリフトブームに乗ってひっそりをラジ復帰していたのを知ったのはつい先日のこと。

そして、あっという間に私や“JUNくん”のアツいRCライフに感化され(その様子はコチラ
『WAKO CUP ポムGC戦』ビギナークラスデビューに向けて始動したのでした。

なぜかドリフト仕様にすべく購入した後、ヨコモ ドリパケに取って代わられタンスの肥やしと化していた「TA05」を純レース仕様にパワーアップする作戦を立案。

作戦決行日の今日、給料袋を握り締めて『福山ラジコンセンター』さんに特攻をかけたのでした!!!


ゲットしたものはフタバ3PKスーパー、S9550サーボ、KO VFS2のメカ類に始まり、大量のTA05のオプションやタイヤなどの消耗品やケミカル類などなど。
レースには「ハイエース」ボディに電飾装備で参戦するそうです!(ウソ)
今日のこやす 3PKSゲット


↓まるでトイレットペーパーのようになが~いレシートの支払い合計金額は・・・

見ないほうがよかったかも(爆)

今日のこやす レシート!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。