1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.3.30POM練 BDM 1

『WAKO CUP POM GC第3戦』後、極秘裏に某オークションにて入手していた

“ヨコモ MR4-TC BDM”

が完成し、シェイクダウンを行うことに成功しました!!

当初はメインシャーシなどの交換でBDをリフレッシュさせる計画だったのですが、ふと脳裏をよぎった「正美スペシャルに乗り換えてBDをチームメンバーに譲る案」が急浮上!!
ところが3月中旬の段階では全国的にBDMが欠品状態で、その影響か、予定より落札額が高騰(←ちょっとおおげさ)!しかしガマンできない性格のため無理矢理ゲット!!

さっそく組み立てにかかりましたが、BDのオーバーホールと並行して行っていた為完成が遅れに遅れ、POM練当日も現地の組み立て作業に追われました。しかし、なんとか夕方には組み上がり、無事2パック走行させることができました☆

“JUNくん”の希望によりテクトロモーターを搭載しての初走行となりました。

2007.3.30POM練 BDM 2

セッティングはBDで得たノウハウをフルに活かしたものになっていたのですが、1パック目のソレックス36Rと2パック目のRP30ともに、前のBDよりアンダーな超安定志向な走りでした。リアグリップは抜群だったので、もう少しフロントが入るセットに変更すればいい感じになりそうです☆
2007.3.30POM練 BDM 4

それにしてもBDからBDMにチェンジって、

まるでフリーダムからストライクフリーダム

に乗り換えたみたいだなぁ♪

と、ひとり妄想するガンダム芸人なのでした(爆)

スポンサーサイト

2007.3.30POM練 1

久しぶりにPOM練してきました!!6日のレース前練習以来です。
明け方までが降っていたので出来るかどうか不安でしたが、夜明け以降は天候が回復したので一路POMへ!
AM6:50頃に到着し、橋の下にピットを構えたのち排水作業を行いました。

メンバーは“JUNくん”
“OH!月”“ザネッチ”“まんぼうさん”“うっさん”“ともくん”と私。

AM9:00頃には路面がだいたい乾き、なんと“OH!月”が先陣を切ってコースイン!!
しかし、路面状態は予想通り「最悪」で、愛車BDは未だかつてないほどドロドロになっていました><
コース上に引かれていた石灰(?)はでだいぶ薄くなっていて、走行にはまったく支障ナシでした。

今回の私の目的は『ある新兵器』の投入と“うっさん”の長男“ともくん”のレベルアップ。

真剣な面持ちでマシンをドライブするヤングドライバー“ともくん”です。
オイル缶の上に立つ姿がなかなかキマってます!

2007.3.30ともくん 1

マシンは“TA05”!!おとうさん(TT01)よりいいマシンを持っていますよ(爆)
2007.3.30ともくんベンツ

走らせ始めてすぐに、ステアリングホイールから指を離しまくっている事に気付いたので、いつもの“アレ”を製作しました。
それを装着したとたんに走りのレベルが数段UP!!!クラッシュの回数が10分の1くらいに激減しました@@
この調子で練習していけばすぐに上手になるよ!
2ヶ月先の退院後には強力なライバルになりそうな弟の“しょうごくん”に負けないためにも、今のうちに修行を積んでおくのだ♪

2007.3.30ともくん 2

“ザネッチ”からもらった中古スポンジを貼って作った『特製ステアリングホイール持ちっぱなしホイール』です。
タミグラ出場を目指してがんばれ“ともくん”!!!

2007.3.30ともくん 3


“OH!月”が持ち込んだNEWボディ「アレックス LX250」“ペインターA木親分”の力作です☆
バックで“ともくん”TA05が横になってますよ!(笑)

2007.3.30OH!月newボディ

サスマウント矯正が効いたのか“JUNくん”BDMがレース時の不調から見事脱出!一時はエース“OH!月”を上回る速さを見せていました!!

“ザネッチ”TRF415MSXXは相変わらずよく走りますが、“まんぼうさん”ノーマル脚TA05)がカワダVTで練習中にスポーツクラスドライバー“ザネッチ”を振り切って非凡なところを披露!!遠いところの「あれ」はどうしますかねえ“まんぼうさん”・・・。

2007.3.29TRFダンパーHBC 1

高性能で大好きなTRFダンパーの新作をゲットしました!!

この新型、パッケージがめちゃめちゃカッコイイです!!
でも箱を見ただけでは内容がさっぱりわかりません><

気になる中身はこんなカンジ↓です。
ハードブラックコートっていうわりに、外見は従来型とほとんどかわらないような気が・・・。

白いスプリング(定番のイエロー相当)とチタンコートダンパーシャフトが付属しています☆
ピストンも2穴と3穴が入っていますよ♪
プラパーツのV部品はローフリクションではありません。

2007.3.29TRFダンパーHBC 2
2007.3.28BDM組み立て 2

イーグル・ベアリングシムを使い、BDMのベルトテンショナーをスルスルに改良しました。

このテンショナーは、取説どおり組んでビスを締め込んで固定すると、ベアリングがスムーズに回らなくなってしまうんですよ(私だけ?)。

イーグル・ベアリングシムを3枚入れてベアリングの内輪を一体化することにより、外輪のみをスムーズに回すことが出来るようになりました☆

2007.3.28BDM組み立て 1

以前“Aki”に借りてその威力に驚いたタミヤ 2ミリEリングセッターを買いました。
2007.3.28BDM組み立て 3

↓のようにEリングをばっちりホールドできます!
Eリングを外すときもラクに一発で外せるので、ダンパーのピストン交換や、M03ミニダークインパクト(←未出走)のメンテで大活躍しそうです♪

2007.3.28BDM組み立て 4
2007.3.27BDM組み立て 2

ステアリングベルクランクプレートに入れるフランジベアリングシューグーで固定しました。

カーボンの断面にシューグーを薄く塗り、フランジベアリングを入れると↓のようにはみ出してしまいます。

2007.3.27BDM組み立て 3

でも乾いたあとに、ピンセットなどではみ出た部分をちぎり取ればこのとおり↓。
私はTA05EVOⅣステアリングプレートも同様に処理しています。
シューグーっていろいろ使えて便利ですね♪

2007.3.27BDM組み立て 4

ついでにフタバS9351サーボBDMシャーシに取り付け。いつものようにシューグーで固定しておきました。

塗布量はいつもこんなもんです。多く塗りすぎるとシャーシ底面に垂れてしまいます><

2007.3.27BDM組み立て 1

2007.3.26カーボン材耐UV処理

ヨコモタミヤハイエンドマシンに使われているUSカーボン(米国製?)は使っているうちにだんだん赤茶色に変色してきますよね。私は国産カーボンピュアなブラックが大好きなので、赤茶色に変わっていくUSカーボンを見るたびにテンションが下がってしまいます><

この変色は一般的に「日焼け」によるものという説が有力なようです。
そこで、新品時の色を少しでも長く保ちたいといろいろ考えた末、実車のボディコーティング剤でUV対策を施してみることに。

もう8年くらい使っていなかったQMI SX-6000ペイントシーラントを実車用道具箱から引っ張り出してきました。

2007.3.26Pシーラント 1

このQMI SX-6000ペイントシーラントは、同時期に大人気を博し、のちにRC界でも大ブレイクしたマイクロロンのライバル的商品で、他にエンジン内部をコーティングする添加剤などもラインナップされていました。
2007.3.26Pシーラント 2

まずは瞬間接着剤処理を済ませ、4種類のコンパンウンドで磨き上げられた新品カーボンパーツに最初のコーティング。そして48時間後、2回目。間髪入れずにトドメの3回目をコーティングしておきました。

これで変色が防げたらいいなあ・・・。

2007.3.25BD OH完了

やっとBDのオーバーホールが完了しました!

純正ダンパーのメンテに手こずりましたが、各部に新品パーツを投入して納得のいく仕上がりになりました☆

これで心置きなく・・・
“Aki”井原市のインドアコース『ダイヤモンドサーキット』で練習をするというので見学に行ってきました!

練習の目的はズバリ!“奥さん”のレベルアップ!!
今年の「タミグラデビュー」を目標に掲げ、猛特訓を開始したのです!!!

『Aki一家 モーレツしごき教室』の図。
“奥さん”の駆るNSX“Aki”スイフトがプレッシャーをかけまくります!!

2007.3.24Akiファミリー 1

“奥さん”NSXはほぼノーマルのTA05。スリッピーな路面にもかかわらず強アンダーな特性です^^;少々のセット変更ではどうにもなりませんでした><
2007.3.24Akiファミリー 2

“Aki”の長男“ゆうくん”です。3歳にして早くも「クルマ好き」の素質が開花しています!
彼のために、来月の岡山国際サーキットスーパーGTを観戦にいくらしいです。
“ゆうくん”、お願いだからNSXを応援してね!(爆)

2007.3.24ゆうやくん

“あっくん&ゆうくん”のコンビプレイ!
この調子だと、7~8年後には二人の立場が逆転しているかも知れません・・・。

「あっくん!!今のラインはないじゃろ~!!」とか言われてそうな予感(爆)

2007.3.24ゆうやくん 2

後から来た“JUNくん”と一緒に見学とか試乗とかしているうちに、なんだかミニを走らせたくなってきたので取りに帰ることに。
クルマに乗ろうとしていると、なんだか見覚えのある黒い現行オデッセイが1台・・・

!!!なんと倉敷J&Kエキスパート“としおさん”ではありませんか!!
挨拶もそこそこにダッシュで帰宅。『ら・じれ4時間耐久』後放置状態だったM03ミニ・クーパーを取ってきてコースイン!!

最初はスリッピーな路面にまったくタイヤが合わず、そこらじゅうでスピンしまくりでしたが、まる秘タイヤをリアに装着したらなんとか走れるようになりました。
そして調子に乗って“としおさん”にバトルを挑んだ末・・・左右アップライト複雑骨折でゲームーオーバー。゚(゚´Д`゚)゚。

“Aki”“としおさん”のバトル!って、“としおさん”が速すぎでまったく勝負になっていませんでしたが^^;

2007.3.24Akiファミリー 3

“としおさん”電飾GT-R!!超カッコいいうえに、めちゃ速いです!!マジでシビれました☆
2007.3.24としおさんGT-R
2007.3.23ダンパー 1

なかなかダンパーメンテが終わりません^^;

気合いを入れてシリンダー内に入れるショックシャフトガイド(と勝手に命名)を新品に交換しました。同時に以前の2ミリカットから2.5ミリカットに変更し、さらにストロークを稼げる仕様としました。

内径5ミリ、厚さ1.5ミリのアルミカラーをはめ込んで、突き出ている部分をニッパーとカッターナイフで丁寧にカットします。そしてボディリーマーで軽く面取り(バリ取り)した後、シリンダー内に入れて完成です。

2007.3.23ダンパー 2
以前、RCスポーツ誌の記事を見て以来ずっと気になっていた「スクワット ゴールドレーシングベアリング」を入手しました。

ヨコモ セラミックベアリング1060があまりにも脆いので、新たなる勝負ベアリングとしてコレをゲットしたというわけです。

BDMの駆動系の中で、1060以外の1510840は今のところヨコモ セラミックが抜群にいい具合なので、これからもずっとヨコモ セラミックでOKでしょう^^
練習用1060はキット標準のヨコモ スーパープレシジョンでいきます!!玉の数が多くて耐久性に優れるというウワサですし☆


エキスパート“Y山さん”“OH!月”も絶賛のこのゴールドレーシング、4月のレース前メンテで組む予定です。

神々しいまでのこの存在感!!袋から出すもの惜しい気が・・・(大袈裟)

2007.3.19ゴールドベアリング

約2年前に「エボⅣ MS」でラジ復帰した際に初めて買った六角ドライバー“ヨコモワークスレンチ2.0ミリ”
それれまで使っていた「YMP-005ヨコモ MR-4TCスペシャル」「HPI RS-4 PRO3」+ネジを使うマシンだったので、10年物のタミヤの黒いプラスドライバー(←安いわりにかなりイイ物です)を使っていました。

“ヨコモワークスレンチ2.0ミリ”先端の六角の部分がいかにも削り出しっぽい“エッジの立った形状”になっていて、ネジ山にぴったりフィット!なのがとても気に入っていました。そんなワークスレンチ2.0ミリも使い始めて1年半、若干エッジが丸くなってきた感があったので2本目を購入しました。(なんで○UDYにしないの?というツッコミはナシで^^;)

ところがこの2本目は、先端の六角のエッジまるでスイスPBのように丸いタイプだったんです><
PBの六角レンチは会社の全工程で標準工具として使われているのですが、私はあまり好きではありません。素材や精度がいいのは良しとして、いかんせんエッジが丸いせいで、安物の黒い鉄の六角レンチよりもネジ山がなめやすい気がするからです。

2本目購入後間も無く福山ラジコンセンターに、長らく「ヨコモさんの製作待ち状態」だったワークスレンチ2.0ミリが入荷。
見てみるとエッジがビシッっと立った先端に戻っているではありませんか!!これってマイナーチェンジ?などと余計なことを考えるのはやめて即買い(爆)。

ちなみにM3のイモネジなどに使う1.5ミリタミヤTRF(←エッジビシッとタイプ?です)を使っています。2.0ミリシルバー1.5ミリブルーなので見分けが付きやすくていい感じです^^

↓左から初代・2代目・3代目です。
初代のグリップの仕上げが荒いですね~^^;その先端に付いているのは精度抜群の10ミリ砥石です。さて、これは何に使うのでしょうか?

2007.3.21ワークスレンチ2.0

2007.3.20VFS-CⅡ

『WAKO CUP POM GC第3戦』以来、エースアンプのKO VFS-1コンペⅡは↑みたいなヘンテコリン(死語)な姿になっています^^;

M03ミニ・クーパーに相棒のシュバリエを奪われたままBDとともに約1ヶ月放置><
そしてWAKO CUP第3戦の直前準備の際、急遽EVOⅣで使っていたストレートS4をポン付け!
本当は「ら・じれミニ4時間耐久」が終わったらすぐにシュバリエコンペⅡに戻してやろうと思っていたのですが、イザとなったら<マル秘改造>を施したM03シャーシのメインフレームを開けるのが面倒くさくなってしまい、時間のないのも手伝って・・・orz

そして時は流れ・・・BDのオーバーホールの時には絶対シュバリエを戻してやろうと心に誓っていたハズなのに・・・

やっぱり面倒くさすぎるっ!!


というわけで、シュバリエ2号機登場(爆)

高いけど一生モンなんで・・・と自分に言い聞かせてみる;;

2007.3.20シュバリエ2号機
2007.3.19ダンパーOH

なかなか進まなかったBDのオーバーホールも、いよいよダンパーのメンテを残すのみとなりました。

あれ?なぜか3セット分ありますね@@

今回もいつものようにTRFダンパー用ピストン2穴を使って組みます。ダンパーオイルヨコモ300~450番を入れています。
2007.3.19ダンパーOH 2


2007.3.18BDデフ 1

デフのメンテをしました。
↑が先日のレースの時に使ったものです。2~3ヶ月使いっぱなしだったせいで完全にデフグリスが切れてます><

↓がそれ以前に1ヶ月ほど使っていた方です。まだまだキレイで、こちらを使っていればデフ滑りは起こっていなかったような気がします^^;

2007.3.18BDデフ 2

デフジョイントにはめ込んでいる850ベアリングが取りにくいときは、ボディマウントを軽く挿し込めば簡単に取ることが出来ますよ☆
2007.3.18BDデフ 3

今日はF1の開幕戦オーストラリアGPをTVで観ました。

スーパーアグリ琢磨選手が頑張ってましたね!!本家ホンダも次戦までに大幅な改良を加えるようなので期待したいと思います。

それにしてもフジテレビさん・・・あの思わず目を背けたくなるような“ヘン”なオープニングはなんですか!?テーマソングもアメリカのマンガかアニメのでしょ・・・?

今までの格調高い雰囲気のオープニングのほうが断然良かったですよ;;
2007.3.17BD OH1

樹脂パーツは歯ブラシで汚れを取り除いた後、WD40で吹き上げて艶出ししました。
2ミリのサスシャフトは新品に交換しています。

クリーニングを終えたベアリングにはGIALLA LEVELオイルを注油して組み込みました。
私はいつもユニバーサルのジョイント部にもGIALLA LEVELオイルを使っています。グリスのように汚れを呼ぶこともなく、2滴ほど注しておけば1ヶ月以上は持ちますよ♪

2007.3.17BD OH2
2007.3.16BD OH1

数ヶ月間ノーメンテ状態で、前々から一番気になっていたベアリングをメンテしました。

1510840は予想通り全く問題なかったのですが、心配していたアクスルの1060は壊滅状態でした><

アップライトに入れていたスクワット・VCベアリングは2個がゴリゴリ状態で死亡。リアハブに入れていたヨコモ・セラミックベアリングにいたっては4個中2個が壊れていましたガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

2007.3.16BD OH2
2007.3.15BDオーバーホール 2

カーボンパーツは板一枚の状態にし、表面を極細目のコンパウンドでピカピカに研磨!
その際、カーボンパーツに歪みがないかガラス板の上でチェックしてみましたが、全てOKでした☆アルミバルクも大丈夫で一安心です。
メインシャーシの側面は瞬間の剥離が気になったので、再度キレイに処理し直しておきました。
ウィークポイントであるステアリングポストは念のために新品に交換しておきました。


先日福山ラジコンセンターで、ボディの高さ調整に使う新たなOリングをゲットしました。
ちょうどいい取り付け高さを得るために、サイズや形状の違う何種類かを使い分けてます。

POMの路面はギャップが多く、ボトム時にボディ下部を擦りやすいので、ボディの取り付け高さには気を付けています。

2007.3.15 Oリング

2007.3.14BDオーバーホール 1

購入してから16ヶ月、よくがんばってくれた愛車MR-4TC BDを万感の思いを込めてオーバーホールしてあげることにしました☆

分解できるところは全て分解して、徹底的にクリーニングしていきます。
痛んでいるパーツは出来るだけ新品に交換します。

↓は“Aki”がレース後のジャンケン大会でゲットしたIB4200WCです。
最後は“M山さん”に譲っていただくカタチになりましたが、あの男の強運にまいってしまいます。

その運をちょっと分けてくれ~い!><

2007.3.11第3戦AkiのIB4200WC

『WAKO CUP POM GC第3戦』終了後、いろんなマシンのテストドライブを楽しみました♪

まずは“Aki”のNEWマシン「TB-EvolutionⅤ」から。
レース直前に、私の経験(EvoⅣMS)に基づいた妄想セッティングを施してイキナリの実戦だったのですが、マシンは予想通りなかなかイイ動きを見せてくれました。
フロントサスをあと少し柔らかくして、もう少しノーズが良く入るようにセット変更すればもっと速く走れるでしょう。
“Aki”本人も今回のレースでいろいろ勉強になったようで、テンションが急上昇しちゃったようです☆(←レース後はいつもですが^^;)

次は“ザネッチ”のNEWマシン「TRF-415MSXX」
こちらも従来の「415MSX」の持つ“カミソリの如く鋭い”イメージ(←あくまで私個人のイメージです)とは裏腹に、非常に素直で無理をせずとも速いマシンに仕上がっていました!
特にギャップ走破性は秀逸で、POMの難所である左半分のギャップを舐めるように走り抜けていきます(驚)。2.0㍉厚メインシャーシのおかげでしょうか?
全体的な走りのフィーリングはBDに良く似た「安定型」といえるでしょう。

オーナー“ザネッチ”の走りをみて、マシンの調子が気になった“キングM山さん”がわざわざテストドライブしてくれましたが・・・

「いいね!これは32周を出せるクルマだね」

との有難いコメントをいただきました!!
逆にものすごいプレッシャーです(爆)がんばれ“ザネッチ”!!

最後はプロジェクトK“Mピーさん”「ヨコモSD LCGⅡ」です。
スティック派の“Mピーさん”フタバ3VCではPOMのコースを攻められないので、私の3PK-Sにメモリーを作ってテストドライブさせていただきました。

若干駆動系に渋さがある感じがしましが、足回りのセッティングは私のBDとほとんど同じということもあり、これまた違和感なく素直に良く走りました♪“Mピーさん”頑張って~!


そしてレース終了後、私のモチベーションMAXまで上げてくれたのがコレ↓(文字の入れ方がワカリマセン><)
2007.3.11WAKO-CUP第3戦結果

スーパースポーツクラスの結果表です。
上段がAメイン決勝で、下段が私が優勝したBメイン決勝です。

な、なんと!!Bメインの私のタイムがAメインで優勝した“M山さん”のタイムを上回っているではありませんか!!(超驚)
おまけにファステストラップも私がマークしたことになっています!!

これはナニかの間違いかとおもい“WAKO T店長”に確認しましたが、見たとおりで問題ないようです。

コースマーシャルをしながら見ていたAメイン決勝で、“M山さん”が後続の様子を見ながら余裕のクルージングをしていたのは分かっています。
でも、この数字については素直に喜んでおこうかと思います^^

次はもっと頑張ろう♪

2007.3.11WAKO-CUP第3戦 2

<ビギナークラス>

レース初参戦の“まんぼうさん”予選2R17″290を叩き出し、なんと予選を2位で通過!!
第2戦で3位表彰台という結果を残した“こやす”17″430で4番手からのスタートです。

決勝レーススタート直後の1コーナーで、初めて味わうWAKO マッチドIDEAL IB4200WCのパワーに振り回された“まんぼうさん”がクラッシュ!!いきなり下位に沈んでしまいました><
代わってスルスル~っと2位に浮上した“こやす”が「これはやってくれるかも!」という期待を抱かせてくれましたが、なぜかマツダスピード6ボディが路面に擦りっぱなしで、アンダーが出たり巻いたりで徐々に順位を下げていきます;;

終わってみれば“こやす”がまたしても3位“まんぼうさん”5位フィニッシュでした。
ふたりとも課題を克服して、次も頑張ってもらいたいところです☆

ビギナークラス決勝スタート前の様子
2007.3.11WAKO-CUP第3戦 3

<スポーツクラス>

“JUNくん”が前戦で卒業してしまったので、我が『Team SUPER NOBUSHI』のスポーツクラス“ザネッチ”がひとり頑張ります!
NEWマシン「TRF415MSXX」で挑んだ“ザネッチ”でしたが、予選1Rでクラッシュしてしまい、マシンを壊して残念ながらリタイアに><
必死の修復作業により、なんとか予選2Rに出走し、28周8′00″290をマーク。
6番手でなんとかAメイン決勝に進出!!

しかし、決勝でもいまいちリズムに乗り切れなかった“ザネッチ”4位でフィニッシュ。次戦に向けて新たな課題が見つかってしまいました(爆)

<スーパースポーツクラスBメイン決勝>

使用するモーターはなんと、またしても“M原さん”に貸していただいたLUNA FA-L!!これは開幕戦において「奇跡のAメイン3位入賞」の原動力となった素晴らしいパワーユニットです!
準備中に“M原さん”に「またモーター貸してくれるんでしょ~?」と冗談で言ったらホントに貸してくれました(驚)
「そのかわりウチが後に付いたら前に行かせてくれるんじゃろうな~」と“M原さん”
「心配しなくても“M原さん”がTOP独走のまま終わりますって~」と私。

2007.3.11M原チューンFA-L

ご好意に甘えて遠慮なく使わせていただきました
!!^^

タイヤは予選1Rで使ったRP30中古(インナー・ボンバーイエロー)、バッテリーはWAKO マッチド IDEAL IB4200WC。ボディはいつものライドMkⅢ(ウイング・ヨコモごくらくバナナ)です。

このBメイン決勝はなんと、2位に私、3位“OH!月”、5位“Aki”、6位“JUNくん”と、なんと我がチームのSSクラスドライバーが一堂に会するという奇妙なレースとなりました。ちなみに1番手は『Kappy Racing』のエース“M原さん”です。
なんだか普段のPOM練っぽい和気藹々ムード漂う中、いよいよレーススタート!!

いきなり1コーナー(ストレート入り口)でPP“M原さん”が痛恨のミスで後退!!
ホイールスピンしすぎの我がBDは、ストレートエンド付近で抜群のトラクションとスピードの伸びを見せる“OH!月”BDに並ばれ、オシリに軽くチューされてしまいました><
しかしここでは“OH!月”が引いてくれたおかげでクラッシュには至りませんでした!が、そのアオリを受けた“福ラジ店長”MSXが大きくコースアウト!!(すみません^^;)

その後しばらく2秒遅れくらいで“OH!月”が追走してきましたが、徐々に見えなくなりやがて一人旅状態に。
しかしこの決勝レース、予選1Rで苦しめられた「デフ滑り巻き」が再発しており、右側S字ででハーフスピンしたり、ストレートエンドでドリフトをキメたりしちゃってます(爆)タイヤをRP30に戻したのが影響したのでしょうか?
滑るテールのゴキゲンをうかがいつつガマンの走行を続け、途中“JUNくん”BDMが飛んできて驚いたり、“Aki”をパスしたりしながらなんとか大きなミスもなく8分間を走り切り無事チェッカー!!優勝することができたので、Aメイン入りを逃した心の傷を広げずに済みました^^;

2位“OH!月”、4位“Aki”、7位“JUNくん”という結果でした。おつかれさま!!

↓ひさしぶりにWAKO 500円券を取ってきてくれたMyBD。ありがとう!!
2007.3.11WAKO-CUP第3戦 4

2007.3.11WAKO-CUP第3戦 1

『WAKO CUP POM GC第3戦』に参戦してきました!
いつもの倍以上にあたる4時間睡眠と薬のおかげか、思っていた以上に体調が良く、存分にレースを楽しむことができました。

今回のメンバーは、
不動のエース“OH!月”
EVOⅤでシャフト修行開始“Aki”
スーパースポーツクラスデビュー“JUNくん”
新車男(TRF415MSXX)“ザネッチ”
前回初表彰台“こやす”
ついにレースデビュー!大型新人(でも先輩)“まんぼうさん”
と私の7名です。

いつものようにAM6:30頃POM入り(もちろん一番乗り!)。
路面が濡れていたのですが、「晴れ」の予報を信じて迷うことなく石段にピットを構えました。

ところが、手付かずだったBDのメンテを始めたとたん小雨が降り始め、ピットテーブル上に“Y山さん”から貸して頂いた「キティちゃんのレジャーシート」を張って作業を中断し、天候の回復を待つことに><
その後、雨が雪に変わったりみぞれになったりで、レース開始時間が大幅に遅れ、AM11:00スタートなってしまいました。

恐るべし『気まぐれポム・ウェザー』!!!

そんな中、私の出番である「スーパースポーツクラス予選第1R 1組目」までに、ダンパーオイル交換、サスシャフト交換、タイヤ製作(RP30)などを済ませて、“OH!月”にメンテをお願いしていたヨコモFLT1号を搭載して、なんとか出走準備を整えることができました!
サンキュー!“OH!月”!!
バッテリーはもちろん「WAKO マッチド IDEAL IB4200WC」です。

<スーパースポーツクラス予選1R>
なんと、前戦(第2戦)を「ら・じれミニ4時間耐久」のために欠場した“Aki”と私、さらに昇格初戦の“JUNくん”が同じ第1ヒートに!!さらに「ら・じれミニ4耐久」WINNER“M原さん”まで一緒です@@
そしてレーススタート!と同時に我がBDが重大な問題を抱えていることが判明!!
数ヶ月間ノーメンテのボールデフグリス切れが原因と思われる低速域での巻き(オーバーステア)が発生してしまいます!!
サスシャフト交換時に気付いて、デフスクリューを締め込んでみたものの改善しなかったので見なかった事にしていたんです^^;
やたらスピンしたがるマシンを必死で押さえ込み、なんとかヒートトップをキープして迎えたレース終盤・・・
      やっぱりやってしまいました!!!
右側S字の入りで縁石にヒットして転倒!!コースマーシャルさんのお世話になって約10秒の痛すぎるロス;;
終わってみれば30周8′03″710で、早くもAメイン入りに暗雲が・・・。
ベストラップ15″190SSクラス予選1R終了時点でトップ(←快挙)というのがせめてもの救いです。

予選2R31周に入れないとAメイン入りは絶望的な状況だったので、ソレックス36Rで後半に勝負に出る作戦に。
予選1Rではフロントサスが若干柔らかすぎる印象だったので、フロントのダンパーオイルを50番上げました。モーターはヨコモFLT2号、バッテリーは「WAKO マッチド IDEAL IB4200WC」

今度はタイヤとダンパーオイルの変更が効いたのか、低速コーナーでの巻きは全く出なくなって安定感大幅アップ!一部のコーナーでは若干アンダー気味でしたが、ミスなく8分間走り切れば31周に届きそうなカンジ。
と、思った瞬間「ギュイィーーーンッ!!!」というモーターの異音とともにマシンがストップ!!
モーターのエンドベル固定ネジ脱落によりリタイアとなってしまいました><

これによりBメイン決勝2番手スタートが決定・・・大ショックorz

明日は『WAKO CUP POM GC第3戦』です!!!

しかし今日も相変わらず体調が良くないです;;

いつもなら1~2時間位の睡眠で平気(?)なのですが、今回はちょっとヤバそうなので薬を飲んで寝ることにしました。

BDのデフやベアリングやサスピンの状態が気になるけど、人間がバテてはどうしようもないし><
現地ではモーターメンテ+タイヤ作製+ダンパーオイル交換などの作業でバタバタしそうです。


2007.3.10レース前なのに・・・
昨日から体調がイマイチです。

レースも土曜日の仕事も絶対に休むわけにいかないので、薬を飲んでたっぷり寝ることにしました。
BDのメンテって、最後にやったのはいつだっけ・・・?たぶん去年の第10戦の前くらい?さっぱり思い出せません><

POM練から帰って、そのまま置きっ放しの我がRC道具一式です^^;

2007.3.9 ラジ道具
2007.3.8 WAKOマッチド組み立てまくり

WAKOマッチド IDEAL IB4200WCを5本もゲットしました!!

っていうのはウソで、メンバー2名からの依頼品です。
なんと今回のロットに限りバッテリーBOX付き!!“WAKO T店長”太っ腹ですね☆

さて明日からはBDモーターのメンテをする予定ですが、面倒なのでBDは几帳面なメンテで信頼できる“OH!月”に、モーターはチーム専属モータードクター“JUNくん”にお願いしよう!!

って、無理に決まってるでしょう(爆)

あと2日しかありませんね><
2007.3.7 SAMSUNG22インチ

パソコンのモニターが不調になりつつあったので、思い切って買い替えました!!
一応、奥さんの許しは得ております。ナイショで買うには無理がある品なので^^;

この度我が家にやってきたのは“SAMSUNG SyncMaster225BW”という22インチ液晶モニター。2月に発売されたばかりの新製品です。
カメラ雑誌CAPAの「おすすめ高画質モニター」の記事を読み、MITSUBISHIの19インチと迷った末にこちらに決めました。

MITSUBISHIの19~20インチの方が安くてよかったのですが、ネットで情報を集めていくうちに『HDCP』なる規格(デジタルデータ不正コピー防止規格っぽいです。よくわかりませんが)に対応していないことが判明!
『HDCP』未対応なのが私にとって問題となるかどうかは別として、「どうせなら対応していたほうが将来的に安心じゃない?」ということで、22インチのわりに安くて画質がいい(らしい)この“サムスン SyncMaster225BW”に決めました。

サムスンダイレクト(メーカー直販)で買うのが、最も手軽で安価な手段であるのも分かりやすくてGOODですね☆オーダーして2日で届きましたよ@@
メーカー保証が3年というのもなんとなく安心。

箱を開封してまず驚いたのが「画面デカっ!!」
そして「軽っ!!!」

液晶モニターはデジタル接続が定番みたいなので、それに従いグラフィックボードのデジタル端子に接続。
ちなみにグラフィックボードはASUS GeForce6600GTで、パソコン本体はPentium4 3.0G、メモリ1Gの自作機です。
「パソコンのケースまで電飾ですか!!」というツッコミが入りそうな予感(爆)

そして電源投入・・・キンチョーの瞬間!!
液晶モニターで一番気になる「ドット欠け(死亡・常時点灯)」ですが、幸いなことに1つもありませんでした。よかったです~(T▽T)マジで

もうひとつ気になる画質のほうはといいますと・・・

微妙です(汗)

なんだか目が悪くなりそう><

私の調整不足なのかもしれませんが、やっぱりパッと見の綺麗さはCRT(ブラウン管)のほうがいいかもしれません^^;

↓こちらがiiyamaの19インチモニターです。いままでありがとう!!

2007.3.7 iiyama19インチ
2007.3.6POM錬 1

何度も雪に見舞われながらPOM錬してきました。

今回のメンバーは“JUNくん”“ザネッチ”“こやす”と私です。“まんぼうさん”は都合が悪くなってしまい、参加できませんでした。デビュー戦直前で気合いが入っていたのに残念でした;;

POMに着いてすぐにボメックス・フロントエアロバンパーの左端のカドが割れているのが発覚!!
恐らく走行中にタイヤが当たって割れたのでしょう。゚(゚´Д`゚)゚。
激重なラジコン道具一式を積むとかなり車高が下がって、より一層タイヤがあちこちに当たりやすくなってしまいます><
このトラブルで一日中バンパー補修のことで頭がいっぱいに・・・orz

そんな中、珍しく午前中にBDを3パックほど走らせました。
感触の良かった“ザネッチ”TRF415MSXXのパクりで、テックのスプリングを前後に装着してみました。
バランスは悪くなかったのですが、やっぱり私のBDにはちょっと固すぎるのか、グリップ感が希薄になってしまいました><
本番はいつものレイスピード・スプリングでいきます!

2007.3.6POM錬 2

またまた出ました!!“こやす”の新作「プロトフォーム・マツダスピード6」!!先を越されちゃったよ><
2007.3.6こやすMスピ6

POM錬を早めに切り上げて帰宅し、バンパーの補修をしていると“こやす”が発電機とコードリールを持ってきてくれました。

「おお~!懐かしいな~このエンジン」と“こやす”
“こやす”も昔EG6シビックに乗っていたんです。ほんと懐かしい。

しばらくして「あら?これは?」と“こやす”

トップフューエル零1000パワーチャンバーの先っちょが・・・

取れとるがっ!!!

いつからこの状態だんたのでしょう・・・(謎)
2007.3.6エアクリーナーが!
2007.3.4チョコちゃん 1

3月5日は長女“佑佳”7歳の誕生日。
誕生日プレゼントはシマリスの赤ちゃんがいい!!と2ヶ月くらい前からねだられていました。

奥さんの職場にシマリスを飼っている若い女性がいて、その人からいろいろ教えてもらっているうちに、奥さん自身もだんだんシマリスに対する興味が沸いてきたようです。

ネットや書籍で情報を収集し、近隣のショップ何軒かに問い合わせた結果、3月4日(日曜日)に倉敷の大型ショッピングモール内のペットショップにて購入決定となりました。

2月2日に生まれたばかりのメスシマリス赤ちゃんは、“佑佳”によって“チョコちゃん”と命名されました☆

ショップのおねえさんに教えてもらったとおり、シリンジを使ってミルクをあげています。


手でシリンジの先端を持ってゴクゴクとミルクを飲むその姿を見て思わず・・・

「ら、ラスカルみたい!!!

2007.3.4チョコちゃん 2

リス用フードミルクを混ぜて作ったダンゴを手で持って食べます。めちゃめちゃカワイイです(感動;;)
2007.3.4チョコちゃん 3

我が家の新メンバー“チョコちゃん”
家族全員で頑張って育てていこうと思います^^

2007.3.4チョコちゃん 4
2007.3.5バッテリー組み 1

先月初旬に買ったまま放置していた『WAKO マッチドIDEAL IB4200WC』を組みました。

でも今回はハンダゴテの調子がイマイチなようで、今までよりハンダの流れが悪いように感じました。たぶんコテ先の劣化が原因でしょう。

愛用のハンダゴテ「グット PX-401」のメーカー“大洋電機産業”さんは、なんと隣町の福山に本社があります。コテ先を取り寄せてもらうより、直接買いに行ったほうが早いかも♪

2007.3.5 PX-401

ちょっと苦戦したけどなんとか完成しました☆
2007.3.5バッテリー組み 2
ボッシュIXO2 1

“hideさん”のマネをして遂に買ってしまいました!!

ボッシュのバッテリードライバー「IXO2」です

小さいボディに秘めたハイパワー。取り扱いが簡単なリチウムイオンバッテリーを内臓。実売価格\5000以下というグッドプライス。キュートなデザインなどなど、かなりのスグレモノですよ!これは♪


ボッシュIXO2 2

主にホイールナットの脱着に使う予定なので、KTCの7ミリソケットを別途購入して装着しました。作動させるとライトが点灯☆そして回転方向を示すインジケーターも点灯します。
ボッシュIXO2 3ボッシュIXO2 4

ペンタックスK10D購入キャンペーンのプレゼントが届きました!
K10Dキャンペーン 1

中にはめちゃカッコイイ防水型SDカードケースと、1Gパナソニック製SDカードが入っていました!!
K10Dキャンペーン 2

ペンタックスさんありがとう!!!

広島タイヤ&ホイールを買いに行くとき、初めて「VISION N1マフラー」サイレンサーを装着してみました。
以前から音量が大きすぎるのが気になっていたのと、低回転でのトルク抜けが改善されるかな?と思ったからです。低回転域でのトルク低下を軽減できれば、ロングドライブにおける燃費向上効果はけっこう大きいはず。
マフラー購入から2年以上、現在まで使ってこなかったのは「エンジンに悪影響がありそう?」と勝手に考えていたからです^^;
でも“ザネッチ”ステップワゴンには常時装着されるしなぁ・・・。

というわけで、メーカーの「テクニカ」さんに電話で聞いてみました。

「サイレンサーを付けることによって、エンジンなどに悪影響が及ぶことはないですか?」

「ぜんぜん大丈夫ですよ。」

「高回転まで回しても平気ですか?」

「はい。ただ、パワーは落ちますね~。」

「トルク抜けが改善されたりしませんか?」

「う~ん、一番端についている部品ですから、あんまり変わらないとおもいますよ。音がちょっと静かになって若干パワーが落ちるくらいですね。」


実際に走ってみると、音量がちょっと小さくなっているのと、パワーがけっこう落ちているのが体感できました。
高回転まで一気に吹け上がるいつものフィーリングではなく、ヌル~っと回転が上がる感じ><
こりゃB16Aにはまったく合わないかも・・・燃費もさほど変わらなかったし^^;

ってなわけで、装着から3日目にして外すことが決定しました(爆)
N1マフラーのサイレンサー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。