1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090731裏庭 1 

家の裏に物置を設置するために、基礎となるブロックをセットしました。
地面が水平ではないため、かなり土を掘らないと水平がでません。
慣れない土木作業と、ラジコンのアライメントなみにシビアにミリ単位の作業でめちゃめちゃ疲れました^^;

ちなみに物置のメーカーはダイケンで、モデルは「のぞみDM-KNF2115」「のぞみDM-KNF2917」です。
鴨方ホームセンター ナンバ毎月第3土日サービスデー5%OFF(通常はナンバカード会員であることが条件です)を利用して購入。2115が45%引き、2917が40%引きで買えました^^v

これが完成すれば、家の中の邪魔な物を一気に吐き出すことができるので、大胆な模様替えも可能になるはず。
楽しみです☆

スポンサーサイト

20090730水槽 1

久しぶりに水槽の水換えをしました。
1月に
リバースグレイン・フレッシュを、4月にリバースグレイン・ソフト6.8を投入してから明らかにコケが生えにくくなり、たちが元気になっていました。

でもこの60センチ水槽、元は10年ほど前にADAアクアデザインアマノ製品を大量に使って維持していたネイチャーアクアリウム水草水槽。10年の間に何度か水草を増やしてみたりはしたものの、ピーク時の気合には程遠いモチーベーションではたまの水換えが限界。
ウィローモスも半分以上枯れ果てて、今や崩壊寸前といっても過言ではない状態。

ちょうど2階の部屋の大幅な模様替え計画中で、そのついでといっては何ですが、思い切ってこの水槽も完全リニューアルすることにしました!

まずは粒がほとんど潰れ、腐ったような状態になっているADAアクアソイル-アマゾニアに代わる底砂選びから。
いろいろ考えた末、福山“みつい園”さんで薦められたGEX(ジェックス)“濾過一番”8キロを2袋購入。2袋で5100円だったのでネット通販で買うより安かったかも。

この“濾過一番”を選んだ理由は、熱帯魚を始めたばかりの頃に買って未だに所有している「エーハイム底面オーバフローフィルター」を使って底面濾過を導入したかったから。このキットはパーツ構成から見て、簡単な加工で底面直結フィルターとしても使えそうなので、いろんな選択肢が考えられます。

底面濾過導入にあたり、今回使う底砂には高性能な濾材としての機能と、長期間の使用でも目詰まりしにくい(潰れにくい)耐久性が求められます。というワケで、“みつい園”のお兄さんの推薦もあり、セラミック製で濾過性能に定評のある“濾過一番”に決定となったのでした。

これから1~2週間かけて必要なものを入手しつつ新しい水槽を立ち上げていく予定です。

 20090730底砂 1


フェリペ・マッサの代役としてミハエル・シューマッハが復帰するらしいですね!!
現在40歳でブランクが3年ですが、たぶんこの人には関係ないんでしょうね。サイボーグだから^^;


20090730シューマッハ 1

20090729BMW 1 

BMWが今季限りでF1から撤退するようですね。

昨年のホンダのときも思ったのですが、大きな自動車メーカーにとってF1はもう魅力的なカテゴリーでは無くなってしまったのではないでしょうか。
FIAのレギュレーション変更に振り回され続け、巨額の資金をつぎ込んでも勝てなければ得られるものはほとんど無い。そのうえエンジンの開発まで凍結されたままとあっては、市販車に活かせるはずの技術も生まれない。もうアホらしくてやっとられんわ!ってことになったのではないかと思います。

来季からはレース中の再給油が禁止になるので、かつてのように燃費性能が勝負を分けることになるのかもしれませんが、市販車においてはハイブリッドの先を行く技術の開発が急務となっている現在、F1の存在意義そのものが危なくなってきているのは間違いないと思います。個人的に。
20090724Pオン 1

『タミグラ関西大会』で予想外の大健闘を見せた“ひでき”の誘いを受け、またまたパワーオンへ行ってきました。
私は放置プレイ中だった5セルバッテリーたちの保管充放電をしつつ、のんびりと脱GTビクトリー仕様TA05 Ver.ⅡTB03のテストを進行。そこへなんとプロジェクトK総帥“ちーぱぱさん”“hideさん”が合流してドリームマッチに!!

これはチャンス!とばかりに、GT3700クラスで使えるボディテスト大会と称して“ちーぱぱさん”からSC430を拝借。実はSC430を使うのは生まれて初めてだったのですが、イメージしていた特性とは随分違うフィーリングでした・・・。

午後からM05PROのセット出しをしようと張り切っていたのに、雨のせいで予定より2時間ほど早く撤収するハメに><
私のM05PROはなかなか走行距離が伸びません;;

 20090724Pオン 2

↑↓“ちーぱぱさん”“hideさん”に追い掛け回される“ひでき”の図。いい練習になったことでしょう☆


 20090724Pオン 3
20090723M05 1

ミニ界のカリスマ“niCさん”ブログを参考に、M05シャーシの外観上最大の特徴ともいえるD2・D3部品を取っ払い、約19gの軽量化に成功☆
 20090723M05 2

↓これにより“こやす”から借りているミニクーパー2006(ノーマルウェイト)搭載時の全備重量が1300gを切りました♪

20090723M05 3

M03R+スイフト(塗り完軽量)の全備重量にけっこう近づきました。

20090723M03 1

まあシャーシの軽量化はこのくらいで十分なんで、次回からセッティングを煮詰めていきたいと思います^^
20090722TB03 1

7月のメインイベント『タミヤグランプリ関西大会』が終わったので、よく走ってくれたTB03の各部を点検した後、タミヤブラシレスシステムからフタバ850C&GTチューン(←練習用。ライトチューン温存のため)に換装しました。ミゾのないラジアルタイヤは貧乏練習仕様ということで見なかったことにして下さい(爆)

そうそう、実は我がTB03、まだ一度もメンテや修理をしたことがありません。
走行回数とクラッシュ回数はけっこうイッちゃってるのですが、ノーマルの軟らかいサス周りがいいのか、骨折はおろかサスピン曲がりも未だ“0”で非常に経済的♪
TB03デビュー当初、あちこちでよく聞かれた「ベベルギア損傷」も未経験。最初から投入したカーボン強化ギヤボックス+エボⅣで培った絶妙なクリアランス調整(ホントかよ)がよかったのかな?ちなみにカーボン強化ギヤボックスはウワサどおりかなり変形していたので、ヤスリやリューターを駆使してバッチリに仕上げてあります。

あと、ノーマル樹脂デフジョイントも秀逸で、既に用意しているアルミデフジョイントで組んだデフも出番が回ってきません^^;

関西大会ではTカーに甘んじたTA05 Ver.Ⅱもいよいよ本番仕様にアップデート。
今まではエボⅣ用アップライト(950ベアリング)&アクスルを使っていたのですが、現在主流となっているTRF416用前後アップライト&アクスルに交換しました。

 20090722verⅡ 1

タミヤさんにしては珍しく、リアアップライトの1050ベアリングのハメ込みがけっこうキツかったので、BDMのアップライトと同様に加工しておきました。
アルミセパレートサスマウントも投入しました☆


20090722verⅡ 2
<GTビクトリークラス>

今大会は余程の事が無い限りTB03でいくと決めていたので、ストレートエンドのギャップ(←ポム以上の難敵><)対策として車高を7ミリにセットし、ナローBインナー・ソフト)をセット。

練習走行を走ってみてビックリ!ギャップの手強さは想像以上で、シャーシ底の打ち具合で1コーナーから2コーナーへのラインがどこに乗るか決まる感じ(コレ伝わらないかな^^;)。
ブラシレスのパワーとスピードも予想以上で、ごまかしの効かないシャフトドライブの特性も相まって、各コーナーでのアクセルワークには細心の注意を要します。

でも現在のTB03のコーナリング特性はめちゃめちゃ好みなので、とりあえずそのまま行って様子を見ることに。

(予選第1ラウンド)
やはりブラシレスのパワーは相当なもので、ストレート後半から3コーナーまではなかなか全開にできません。コーナーの立ち上がりでもラフにスロットルを入れるとテールが流れ始め、次のパイロンに寄せるのが難しくなってしまいます。結局最後まで攻めきることができず、ヒートトップタイムをマークするも総合では9番手

(予選第2ラウンド)
“Aki”監督の指示でタイヤをB3インナー・ソフト)に変更。車高とリバウンドを調整し直して出走。
タイヤ変更のおかげでコーナリングスピードが向上。インフィールドから最終コーナーまでが走りやすくなりました。総合5番手タイムをマークしてBメインポールが確定。

<Bメイン決勝>
新品B3を投入しようかとも考えましたが、予選2Rで使ったB3もほとんど減ってないし、貼るのが面倒だったのでそのまま出撃。

スタートでセンサーレスブラシレスの弱点である(ハズ)の“もたつき”が出て後続に迫られますが、なんとかトップを死守して2周目へ。しかし“ふくちゃん”“としおさん”が僅差で追ってきます。
3台数珠繋ぎで入った3周目の3コーナー。“ふくちゃん”をブロックするラインを取って失敗!パイロンを踏んで軽くコケている間に抜かれてしまいました><が、“としおさん”には抜かれることなく2番手を死守。
5周目あたりの最終コーナー手前で“としおさん”がバックマーカーのクラッシュに巻き込まれたのかちょっと後退。
“ふくちゃん”との差はマシン数台分で速さはほぼ互角。こちらがミスをせず喰らい付いていければ・・・とおもっていたのに、周回遅れのマシンを抜きあぐねた末、ストレートのギャップで体勢を崩してフェンスにヒット。これで勝負アリ;;
2位フィニッシュとなりました。

優勝を逃してしまったのは残念でしたが、TB03でこの成績なら自分的には合格です。次も頑張ります☆

その後、GTビクトリーAメイン決勝をマーシャルしながら観ていたのですが、ゼッケン1番さんと2番さんのトップ争いは見応えがありましたねー!!2番さんの攻めっぷりはホントすごかったです。


20090718関西 3

レース後の抽選会もいつものように収穫ナシ。
 
タミヤのショップも出てなかったし、神戸まで来てそのまま帰るのも寂しいので『goody』さんに寄って帰ろうという話になり、初対面にもかかわらず“AKIRAさん”にいろいろお世話になってしまいました。本当にありがとうございました!!

ワイン城から一般道をひた走り、日暮れ前になんとか『goody』さんに到着。
すごく立派な店舗にちょっと感動。カーペットコースも想像していた以上に広くていい感じでした☆
キットやメカ類、バッテリーなどは激安でびっくりしました。手持ちが無くて小物しか買えませんでしたが;;
帰りは宝塚インターが近くて便利でした♪
 
 20090718関西 4

以前から楽しく拝見していた“AKIRAさん”『タミヤRCツーリング戦記』をリンクに追加させていただきました。今後ともよろしくお願いします^^

『タミヤグランプリ関西大会』に参戦してきました!!

AM4:00に鴨方インターから高速に乗り、三木小野インターで下りて近くのコンビニで休憩した後、会場であるワイン城に着いたのが6:15頃。6:30にはピット設営がほぼ完了というスムーズな滑り出し。
関西大会は初めてでしたが、すごくのんびりした雰囲気でひと安心。

メンバー及び参加クラスはバギーヨンク“JUNくん”GT2400“ひでき”“テル”GTビクトリーに私、“Aki”が監督、“こやす”が助手です。

 20090718関西 1

<GT2400クラス>

“テル”TB03“ひでき”TA05ver.Ⅱ。二人そろってこの大会がNEWマシンのデビュー戦。
予選1Rでいきなり“テル”が抜群の走りで総合4番手のタイムをマーク!“ひでき”も予想外の好走(爆)で総合6番手に!
この善戦ぶりに本人たち以外のメンバー全員かなり驚いたのですが、予選2R“ひでき”がさらに激走を見せ総合3番手に大躍進!!この走りには鳥肌が立ちました@@

しかし我がチームは「外人扱い」のため、“ひでき”Bメイン決勝2番手“テル”4番手スタートが確定。

そしてGT2400クラスBメイン決勝レース
“ひでき”“テル”も上手くスタートを切り、ポジションキープのまま2コーナーから3コーナーを通過してインフィールドへ。
ここで“ひでき”絶妙なライン取りで2番手に浮上!!とおもったら“テル”は後続と絡んでしまいなんと最下位に転落><

3番手のマシンを約2メートル後ろに従えて順調に周回を重ねる“ひでき”でしたが、レース終盤、最終コーナーのパイロンを踏んで転倒!3番手にポジションダウン。そのままゴールとなってしまいました;;
“テル”は後半巻き返して7位でフィニッシュ。

“ひでき”“テル”もキャリア約1年でレース経験も浅いのですが、二人ともなかなかよく頑張ったとおもいます☆

<バギーヨンククラス>

予選2Rで総合6番手タイムをマークした“JUNくん”Bメイン決勝3番手からスタート。

予選から決勝までレースが進むに連れ徐々に調子を上げてきた“JUNくん”は1周目で2番手に浮上!!ポールスタートから快調に逃げる“Tさん”を追いますが、Aメインでも優勝争いは間違いないほどの速さを誇る“Tさん”の壁は厚く、2位キープでゴールとなりました。
 20090718関西 2

今回なんとペンタックスK10Dをカメラバッグごと忘れてしまい、仕方なくケータイソニエリ プレミアキューブ)で撮りました^^;

20090717準備 1

翌日に迫った『タミヤグランプリ関西大会』ため、エース“OH!月”から借りたタミヤ ブラシレスシステムTB03に搭載しました。

サーボはロープロの2413だし、受信機も小さいのでメカスペースは余裕♪
バッテリーの上にポンダーステーを貼り付け、崩れまくっている重量バランスをちょこっとだけ補正。この程度ではまだまだバッテリー側が軽いのですが、面倒くさいのでバランスウエイトとかは積みません><

 20090717準備 2

↓今回はスペアカー扱いのTA05 ver.Ⅱに自分のブラシレスシステムをセット。
ケーブルをキーエンス高密度12ゲージに交換したのですが、純正ケーブルのハンダを溶かすのにけっこう苦戦><ショート防止の為か、透明樹脂のようなものでコーティングしてありました。
 20090717準備 3

↓こちらもバッテリー上にポンダーステーを装着。モーターマウントは「染めQ」ブラックアウト

20090717準備 4

↓アンプ&モーターセットで重量を比較してみました。その差なんと33g!
しかし、ブラシレスの方はケーブルの長さを極限まで短縮してあるので、普通のシステムであればもっと重いはずです^^;


20090717準備 5 20090717準備 6

他の準備項目も含めて完了したのがAM2:30。30分ほど寝て神戸に向けて出撃しました。
20090716ブラシレス 1

“ラジコンの日”の帰りにパワーオンさんでゲットしてしまいました!!

『タミヤ ブラシレスモーター01&ESC01セット』

いま日本中探してもなかなかお目にかかれないこのセットが私をず~っと待ってたんですよ・・・お店のガラスケースの中で。
プライスも一般的なネット通販と同じだったし☆

18日の関西大会までにマシンにセットしたいところですが、“凌矢”の世話もあるのでなかなかラジ作業がすすみません^^;

20090716ブラシレス 2
去る7月14日。
GT3700クラスにエントリーを済ませていたタミグラ関西大会。ところが急に都合が悪くなり、土曜日のGTビクトリーに変更となってしまいました。

これはテストしないとマズいでっしょ!ってことで“JUNくん”“ザネッチ”“ちーぱぱさん”&“F店長”とともにパワーオンさんへ。
着いてビックリ!!なんとそこには“としおさん”“Tさん”“うっさん”が(驚)

めちゃめちゃ楽しい一日になりました☆


TB03TA05ver.ⅡBZを搭載。リフェ2200エース“OH!月”が貸してくれました!ありがとう^^
肝心の走りのほうは2台ともイマイチ。やはりバッテリーが異常に軽いのが影響しているようです。
本番までになんとかできればいいのですが^^;

20090714Pオン 1

↓充電器も“OH!月”からのレンタル品でハイペリオンのハイエンド機EOS0720i。これいいですね~♪

 20090714Pオン 2

ミニ2006ボディを“こやす”に借りてM05PROもテスト。時間の都合で1パックしか走行できませんでしたが、点数を付けるなら70点くらいでしょうか・・・。
これは時間のあるときにじっくりセット出しします。


20090714Pオン 3
20090707M05 1

M03Rに搭載していたKOの超強力ミニサーボPDS-951ICSM05PROに移植。M03Rには2511を載せました。

しかしこのM05、ミニサーボが普通に載らないんですよね^^;
そこでB4部品を2個連結したものを小加工してなんとか搭載成功。前側のマウントはRCワールド8月号“niCさん”の記事のSTEP15を参考に3ミリほどローダウン。
約20gの軽量化と低重心化に成功しました☆

カーボンパターンポリカ板でポンダーステーとレシーバー取付ベースを兼ねたものを製作。

 20090707M05 2

↓アンプ側にもベースを設置。シューグーで貼り付けています。

20090707M05 3
20090706M05 1

M03Rよりかなり重いM05PROを少しでも軽くするため、我がM03Rと同じ仕様のバッテリーホルダーを作りました。

余剰部品のC14・C17を用意し、シャーシ本体へのビス留めに必要ない部分をごっそりカット(&ヤスリがけ)した後、実車用カーボンカッティングシートを貼って仕上げています。

重さは2個で8gです☆


20090706M05 2

ノーマルバッテリーホルダーはなんと29g!!実に21g軽量化を達成^^v
グラステープ止めが好きな方にはおすすめです♪
 
 20090706M05 3
20090705WANGAN 2 

徹夜でTA05ver.Ⅱを組み、フェアレディZRX-7軽量を塗り、“ひでき”と二人で『WANGANタミチャレ』の会場であるWANGANサーキットへ。

AM5:40頃に着いたのですが、門の前にはすでに7~8台のクルマが。WANGANのツーリング熱はハンパないっす@@

今回はタミチャレ09クラスのみのシングルなので時間的余裕はたっぷり。
朝イチの練習走行はTB03+シルビアでコースイン。予定通り弱アンダーでイージーなフィーリングだったので予選1Rはこの組み合わせで様子を見ることに決定。残った時間で新品タイヤを貼り、TA05ver.Ⅱの細部調整やRX-7軽量ボディのフィッティングを行いました。

<予選第1R>
ひとつ前の組にあたるミニスポーツ09クラスのスタート直前に逆回り+コース変更が入りました。
とりあえずTB03+シルビアに新品タイヤで出走したのですが、ほとんどのコーナーで笑えるほどのドアンダーで2番手><

<予選第2R>
予選1R後の練習走行でTB03+Zをテストし、好感触を得ていたのでそのままスタート。
ところが今度はマシンが前に出ずに横に流れまくりでミスを連発><

結局PPの“S木さん”に大きく離されたまま2番手で決勝に進むことに。

<インターバル>
レースでは逆走+コース変更でダスティな路面を通るため、正方向でコース変更のない練習走行とはまるで違う走りになってしまうという問題が浮上。
ここでNEWウェポンTA05ver.Ⅱへのスイッチを決断。しかしTA05ver.ⅡTA05IFSの足回りをそのまま移植しているので、セッティングは超テキトー。ダンパーの仕様すら記憶にありません><
いちおうZボディでテストした結果、特に問題なかったのでそのまま決勝へ。

<決勝第1R>
さすがにTB03よりコントローラブルなTA05ver.Ⅱですが、コース右半分の2コーナーからインフィールドセクションでどうしてもリズムが合わず、いろんなパターンで速いラインを探りながら周回。おかげでちょいちょいミスしてしまい、トップの“S木さん”にはどんどん置いていかれ2位ゴール。

<決勝第2R>
比較的最近組んでフレッシュなTB03のダンパーをver.Ⅱに移植。前後1段ずつソフトなスプリングをセットし、スキッドとリバウンドを変更。さらにRX-7軽量ボディを載せて出撃。
この仕様でこの日一番の走りに。苦手だった右半分もいい感じに攻めることが出来ましたが、“S木さん”の速さには及ばず2位で終了。

20090705WANGAN 1

今回のレースでの最大のポイントは、ツーリングF1が多数走行してグリップが抜群な路面で走る練習走行と、逆走+コース変更で走るレースでのマシンの動きの違いに対する判断のズレ。
もっと早く決勝2Rのセッティング方向にシフトすべきでした;;

“S木さん”のご好意で代表権は頂けましたが、今後のタミグラ・タミチャレに向け、いろいろな課題の残るレースとなりました。
20090703Lチューン 1

今年の「タミヤグランプリ全日本選手権」は、GT3700クラスの指定モーターがライトチューンということで、ミニスポーツタミチャレ09と合わせると使うモーターはライトチューンばかり。

ミニでブラシホルダーを潰したり、ツーリングで使いすぎで劣化したりで、手持ちの5個では心許なくなってきたので1個追加しました。

ライトチューンといえば、少し前になぜか定価が200円アップ。
値上げの理由は定かではありませんが、200円分パワーアップしているかも☆と期待して購入してみましたが・・・。

 20090703Lチューン 2

回転数は規定内・・・消費電流もショボショボでした;;

この6号機、まずは練習用からスタートです。

20090702バージョン2 

福山ラジコンセンターTA05 IFSを最新型の『TA05 バージョンⅡ』に進化させるのに必要なパーツをゲットしました!!

バージョンⅡキットの売り上げを落としかねないカスタマーパーツをソッコーで棚に並べてくれる福ラジ店長・・・


最高です☆☆

20090701ラジ天 1

大雨の中“こやす”と二人でラジ天 東広島店に行ってきました。

持ち込んだマシンはTB03、M05PRO、M03Rの3台。

M05PROM03Rは交互に出撃。
“こやす”M03R(ショート)を相手にチキチキバトル。M05はけっこうセッティングを変えてみましたが・・・結果はかな~りイマイチ。早いとこMとLを試してみないといけませんね^^;
ただ、ミニ特有のギヤノイズはM05のほうが低いです。

一方、TB03はセット変更を試しつつ“こやす”のTA05 IFS-Rとの15分バトルを連発!!未だかつてない強烈な路面グリップのおかげでめちゃめちゃ楽しかったです^^

途中でアンプをMC850Cに換装し、この日の課題をクリア。

 20090701ラジ天 2

↓なんとアルミアップライトがライトチューンのブラシホルダーを直撃Σ(゚д゚lll)ガーン
ノーマルアップライトに戻そうかな;;


20090701ラジ天 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。