1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タミグラF1クラスで勝ちまくる“Tさん”の走りにすっかり魅せられちゃった“Aki”が「F1を走らせてみたいです!!」と言うので、夢を叶えてあげることにしました。

Aki”がイメージしているF1はきっとF104じゃなくてF103に違いない!!ってことで透明のままほったらかしていたTRG SW-ON(←これなんて読むんでしょ?スイッチオン?!)をちゃちゃっと塗り上げました。

モデルはアイルトン・セナが駆った最後のホンダエンジン搭載車『マクラーレンMP4/7Aホンダ』!!

細部が若干違いますが、なんとな~く雰囲気が出ていればいいのでOKってことで^^;

20090925マクラーレン 1


例により、時間の都合でデカールも貼らないまま使うことに・・・。 

 
20090925マクラーレン 2

Aki”のお望みどおり(?)「巻き巻き状態」だった我がF103は1パックも走らないうちにサーボギアが逝って 試乗終了となりました(爆)
スポンサーサイト
一日目でめちゃ凹んだまま迎えた二日目。
“こやす”ミニスポーツ09、“JUNくん”と私がバギー・ヨンクジュニアクラス“JUNくん”の長男“いっくん”F104ワンメイクに私がエントリー。つまり我がチームからの出場者は4人だけという若干寂しい体制でした><

バギー・ヨンクAメイン決勝4位。はじめてタミヤブラシレスが普通に動作してくれたのは嬉しかったのですが、とにかくコケまくりでダメダメでした;;


20090920タミグラ岡山大会 3


F104ワンメイクBメイン15番手(総合30位)スタートだったのですが、決勝前に“ちーぱぱさん”“らんてぃさん”に頂いたアドバイスに従ってセッティング変更を施したのが功を奏し、なんと4位でフィニッシュ!!

“ちーぱぱさん”、“らんてぃさん”ありがとうございました!!

スーパーアグリSA05のコックピットには“タクマさん”が♪
このネタについてはについてはまた後日書きます☆

 20090920タミグラ岡山大会 2

↓この日一番凄かったのは“こやす”!!
なんと『死のカテゴリー(メンバー的に)であるミニスポーツ09において、総合23番手(94名中)Bメイン決勝に進むという大金星を挙げたのです!!BメインのメンバーもAメインに負けず劣らずの強豪揃いで15名中10人が印し付き(○や●とか)。
11番手スタートの14位ゴールでしたがよく頑張ったとおもいます^^b


20090920タミグラ岡山大会 1

私にとって2009年レース活動の本丸であった『タミヤグランプリ岡山大会』が終わりました。

家庭や仕事関係などの様々な事情により、今年ほどレースに集中できる環境を整えることは今後不可能に近いと考え、最初で最後の命題として自らに課し、チームメンバーに誓ったGT3700クラス表彰台及び代表権」を獲得することは叶わず。

未だかつてないレベルの虚脱感に襲われていますが、ここで「タミグラ岡山大会」について触れないわけにはいかないので簡単にレポートを。



1日目の参加メンバーはGT3700クラス“Aki”“ザネッチ”と私、GT2400クラス“こやす”“ひでき”Mフリーククラス“Aki”と私の計5名。
“JUNくん”“OH!月”“テル”の3名が仕事や子供の運動会で欠場を余儀なくされ、『Team SUPER NOBUSHI』としては
若干寂しい布陣となってしまいました。


今回はGT3700に完全集中する作戦だったので、Mフリークの3回の出走をコース慣れのために消化。結局Bメイン決勝ポールスタート→13位フィニッシュでした。



新兵器TRF416WE投入も有り得たGT3700クラスでしたが、これまで何度もテスト&レースを重ねてきたTB03+NSX2005のコンビをチョイス。

Bナローを履いて出走した予選1Rでは度重なるミスやもらい事故により総合33番手に撃沈。

想像を遥かに超えたダスティな路面と、岡山大会らしからぬ低中速型テクニカルコースによりレースが荒れた印象を受けたので、予選2Rでは高いコーナリングスピードと安定したグリップ力を求めてB3を選択。
後列スタートでしたがTB03は快調に走ってくれ、無事トップゴール。モーターチェックもあっさりパスし、Aメイン決勝7番手グリッドを確保。


20090919タミグラ岡山大会 3

↓Aメイン決勝前の事前車検。タイヤ選択で悩みましたが結局B3をチョイス。
 20090919タミグラ岡山大会 1

決死の覚悟で臨んだGT3700クラスAメイン決勝でしたが、レース中盤に起こったインフィールドでの他車との軽い接触により、まさかのスタック。
“ひでき”により救助されたときにはトップからほぼ1周遅れのダントツ最下位となっており、そこから懸命に追い上げるも7位でレース終了。



代表権はおろか表彰台すら遠すぎました。情けない限りです。

20090918準備 1

明日はいよいよ『タミヤグランプリ岡山大会』!!

今日はタイヤ組み、モーターメンテ、カーボン瞬着処理などの準備に追われました。

TB03ノーマルモーターマウント「染めQ」ブラックアウト。センターシャフトの樹脂カップも耐水ペーパーで磨いてマットブラックアルマイトっぽく仕上げました。
ボールデフもアルミデフジョイントで組んだものに交換。今までずっとノーマル樹脂ジョイントを使っていたのですが、べつにアルミデフジョイントじゃなくてもよかったかな?と思うくらい調子が良かったです。

 20090918準備 2

そして現在19日AM0:00

準備が完了したのでなんと・・・



睡眠を取っちゃいますよ!!


超快挙です。・゚・(ノ∀`)・゚・。

20090918準備 3

参加される皆さんよろしくお願いします☆
20090915TRF416WE 1

TRF416ワールドエディションの細部リファインが完了。カンペキな私仕様となりました☆

ローフリクション5ミリアジャスターは全て新品に交換。ステアリングタイロッドの42mmターンバックルTRFブルーチタンを奢りました。アルミだとすぐ曲げてしまいそうなので^^;
バルク側アッパーアームピロボールはスチールに。アルミだと間違いなくアタマが折れるでしょう><

フロントワンウェイプーリーのビスはタミヤ ホップアップオプションズのイカす2.6mmボタンヘッドチタンビスに交換。

 20090915TRF416WE 2

↓デフボールもリフレッシュ。TRFセラミックデフボールに交換し、デフグリスをたっぷり塗って長期メンテナンスフリーを狙っています。

20090915TRF416WE 3

早く走らせたいなぁ^^ 

20090914ダンパー 1

ツーリング用のTRFダンパーをまとめてメンテしました。

2~3ヶ月間ノーメンテだったわりにはOリングの状態は良好でした^^
 

謎の新兵器というのはなんと『タミヤ TRF416ワールドエディション』でした!!!

↓のカタチになったのが13日PM1:30。「WAKO CUP ポムGC第7戦」最終予選には間に合わなかったため、即実戦投入の夢は儚く散りました。・゚・(ノД`)・゚・。

20090913TRF416WE 1 

さて、TRF416X発売を間近に控えた今なぜTRF416ワールドエディションなのか。理由はいくつかあります。

1.ビッグレースを勝ちまくるTRF416ワールドエディションに強いあこがり(=憧れ。昭和アホ草紙 あかぬけ一番ちっくに!ってみんな知らんか><)を抱いていた。ポムのギャップでもシャーシを擦らない“S田師匠”号の走りを見て感動した☆

2.“前オーナー”のウデが確かなのでマシンのコンディションが良好!走行距離もかなり少ない

3.お買い得な内容&価格だった(それに416Xを新車で買う財力は無い)

4.タミヤ車なのでタミグラでも使える。サス周りやデフなどがTA05 Ver.Ⅱなどと共用できる

5.期待していたヨコモ BDM後継車(BD5)が私の好みとは違っていた(5セルシャーシは超カッコイイけど)

カーボンパーツの断面をツルテカにするのにかなりの時間を費やしてしまいました^^;
スパーギヤの交換もBDMに比べたら面倒でした><

 20090913TRF416WE 2

TRFダンパーとメカはBDMから取ってそのままポン付け。でもOリングは3ヶ月以上交換していないのでヤバいことになってるかも^^;

20090913TRF416WE 3

5セル23T仕様なのでスタビも付けました。セッティングはほぼ取説どおり。

20090913TRF416WE 4

このTRF416ワールドエディション“前オーナー”は・・・


全国区の知名度を誇るタミヤ公認ブロガー“ちーぱぱさん”!!


お安くしていただいてありがとうございました!!大切にします♪

20090912NEWマシン 1 

謎のモビルスーツ開発機関によってもたらされた“新型”ビジュアル重視の機体に仕上げるべく徹夜の作業。

あわよくば『WAKO CUP ポムGC第7戦』でいきなりの実戦投入!!といきたいところだったのですが・・・。

20090830水中生物 1

去る8月30日。子ども劇場笠岡センター主催のイベント「海の達人  林 正道氏の水中生物ロボットがやってくる!!」に行ってきました。会場は笠岡中央小学校のプール。

20090830水中生物 2

たまたま7月16日放送の奇跡体験! アンビリバボー(その内容はこちら)を観て感動!!すぐにこのイベントの参加申込みをしました。

↓のマッチョマンが“林 正道さん”
とても大病と闘っているとは思えないエネルギッシュな方です。
“林さん”海洋楽研究所の所長さんで、お弟子さんが大勢いらっしゃるそうなんですが、最後のお弟子さんがなんとあの“さかなクン”(驚)
だから“さなかクン”より“林さん”のほうが魚に詳しいのだとか。
トークのほうも達人級で、ユーモアたっぷりに自然の大切さと命の尊さを語ってくれました☆

20090830水中生物 3

↓のとおり、すごい数の水中生物ロボットを持ち込んで泳がせてくれました。でもこれらはラインナップのごく一部でしかないらしく、クルマに積んで移動する関係で、岡山県に生息する生物を中心にセレクトして持って来られたとのこと。

 20090830水中生物 6

↓プール中央を泳ぐマンタ。なんと口をパクパクさせながら宙返りを繰り返していました!!

“林さん”のロボットたちは全てホンモノそっくりの動きで自在に泳ぎます。しかも主な材料はペットボトル・レインコートの切れ端・下敷き・クルマ(廃車)のワイパーだというのだから驚きです@@

20090830マンタ 1

『ドラえもん のび太の恐竜』“ピー助”として登場した「フタバスズキリュウ」も登場。首が動いたり口が開閉したりするのにはまいりました。ただ、若くてきれいなママのほうに寄っていってしまうという弱点があるそうです(爆)

20090830フタバスズキリュウ

↓ご覧のとおりスクリューなどの推進装置は付いていません。実物と同じ動きで泳ぎます。しかもけっこう速い!っていうか、中に水が入らないこと自体すごいと思います。

「クイズ紳助くん」なにわ突撃隊がロボットを作りにきたとおっしゃってましたが、9月7日の放送は見逃してしまいましたΣ(゚д゚lll)ガーン

  
20090830水中生物 4

ラジコン好きなら誰もが気になるRC装置ですが、プロポはフタバJRでした^^
奥に横たわっているのはオオサンショウウオ。この日ほかに登場したのはアオウミガメ、シーラカンス、シャチ、ホホジロザメ、ジンベイザメ、シュモクザメ、バンドウイルカ等。連日の講演でメンテが追いつかないそうです><


20090830水中生物 5

この笠岡でのイベントはAM10:00から1時間ちょっとだったのですが、このあと大阪でも予定が入ってるとのことでした。アンビリバボーO.A以来、講演の依頼が殺到してほとんどパニック状態らしいです。

お体には十分気をつけて頑張っていただきたいと思います。
 

“林さん”ありがとうございました!!

 

一日目終了後、日帰りメンバーとの別れを惜しむようにガストミーティングwithプロジェクトKを開催。反省やらオモシロネタやらで大いに盛り上がり、玉造温泉の宿に着いたのはPM8:00過ぎ。

しかしここでアクシデント発生!!
Myエリシオンの車高が低すぎて(そんなに低くはないんだけど^^;)駐車場に入れることができません。そこで温泉街のど真ん中を流れる川に架かる橋の上に駐車することに。まるで展示車みたい(;´Д`)

チェックインを済ませたあとは昨年同様、宿の近くの小料理屋さんで一杯♪これぞタミグラ山陰大会の醍醐味^^b
でも“ちーぱぱさん”“ひざこぞうさん”がいいものを見ちゃった☆という「ナゾの足湯」は知らなかったなぁ><
来年は我々も体験せねば!!

そして皆が寝静まった深夜2:30・・・なにやら体の左半分が異常にアツいよ!!事件が発生><
こりゃもう寝られん!ってことでF104ボディ「スーパーアグリ SA05」の製作を開始。AM6:00のチェックアウトまでになんとか完成。

AM6:30頃会場に到着。
ほどなくゲートオープンとなりピット設営。
この日はバギー・ヨンクF104ワンメイクというセッティングやモーターチェック、バッテリー充電もテキトーでいい(私的に)カテゴリーでのんびり楽しむ予定でした。この段階までは・・・。

20090906山陰 1

車検をパスし、バギーの練習走行に向かおうとしたとき、またもやブラシレスシステムに異常が発生!!
数日前にタミヤさんにセットで交換してもらったばかりだというのに。

ソッコーでTRF河野氏のもとにDB01シャーシ&プロポを持って行き、徹底チェックを依頼。
約30分後、結局モーターが不良品っぽいということで使用不可の判定が。この時点で練習走行はおろか、予選第1ラウンドも終了;;(もちろんリタイヤ)

まさかの事態に腹が立つわヘコむわで、レースを楽しめるテンションではなくなってしまいました。
急遽キーエンス エクストレイ“JUNくん”に借りたBZ23Tを搭載し、Aメイン入りを賭けて挑んだバギー・ヨンク予選第2R
マシンの動きは良かったものの、ジャンプで転倒した際にステアリングタイロッドが外れてしまい、6周しか出来ずに万事休す。屈辱の「決勝ナシ」。
山陰大会岡山大会バギー・ヨンククラスでの使用を前提に購入したブラシレスセット。半分は無駄に終わってしまった格好です(怒)

 20090906山陰 2

一方のF104ワンメイクはというと、一日目とは比較にならないほど悪い路面コンディションに対応できず撃沈。超楽しかった一日目とは打って変わり、私のタミグラ史上最悪の一日となってしまいました。

20090905山陰 1

まさかの私の寝坊という波乱の展開で幕を開けたタミヤグランプリ山陰大会一日目。みんなすまん;;

この日は一日を通して、今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、良好な路面グリップと過ごしやすい気温で快適な大会となりました。

GT3700クラス“JUNくん”“Aki”“ザネッチ”と私。GT2400クラス“こやす”“テル”“ひでき”GTビクトリークラス“OH!月”Mフリーククラス“JUNくん”“Aki”と私が参戦。

<GT3700>
使用マシンはTB03+スーパーアグリF1-NSX(2005)。関西大会でGTビクトリーを戦ったときの組み合わせです。
ある秘策が功を奏したのか、予選2回ともトップゴールを決めてAメイン決勝5番手グリッドを獲得!

決勝はスタート直後の3コーナーでのゴタゴタを運良く避けて、大幅にポジションアップ!!
なんとGT2400世界チャンプ“Y弥くん”に次ぐ2番手で2周目に突入!!
序盤数周は“Y弥くん”に食らい付いていけたのですが、徐々に秘策が裏目に出始めコントロールがシビアに・・・。
そして3番手“M川さん”にジリジリと詰め寄られ最終セクションでパスされてしまいます。が、負けじと直後のストレートエンドで刺し返そうとして“M川さん”と接触!両者ハーフスピン><
悪いことをしてしまったので“M川さん”に先行してもらい戦闘再開。

しかしこの時点で我がマシンには2番手に返り咲くどころか、後続を封じ込める力だけのも無くなっており、ラスト2周で5番手まで転落してフィニッシュ。情けない結果となってしまいました(´Д⊂ヽ

<Mフリーク>
マシンはM05PRO+こやすのミニ2006。仕様は四国大会のまんまです。
パイロンを踏むと即転倒という状態でしたが、マシン的速さはそれなりにあったのか総合6番手でAメインに進出。

決勝ではこれといった見せ場もないまま“ふくちゃん”との6番手争いに辛くも勝利して終了^^;

 20090905山陰 2

GT2400トリオはAメイン進出という最低限のノルマは達成しましたが・・・3人ともゲンコツじゃ!!

他のメンバーでは“Aki”大ゲンコツ!!


20090905山陰 3

レース終了後、プロジェクトKメンバーと合同でガストミーティングを敢行。
その後泊まり組の“JUNくん”“こやす”“ザネッチ”と私の4人は昨年と同じ玉造温泉の宿へと向かったのでした☆

20090903SC430 1

タミヤグランプリ山陰大会に向けての準備として唯一手をつけたのがSC430ボディ製作。

時間がなかったので、何のひねりもなく私のパーソナルカラーである「地球色」でサクッと塗りました。

ホンダファンにとっては絶対的存在であるNSX(2005&2007)があれば、GT3700クラスにおいて他のボディは一切不要!!というポリシーで今までやってきたのですが、今回はセッティングパーツの一つと割り切ってトヨタ車を塗ることにしました。

 20090903SC430 2

↑↓初の試みとしてウインドウスモークをグリーンにしてみたのですが・・・なんだかビミョーな感じ。
やっぱり窓はブルーのほうがいいかも^^;


20090903SC430 3

私がラジコンボディとしてのSC430に対して持っているイメージは「曲がるけどケツが軽い」。
果たして実際のところはどうなんでしょうか・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。