1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.9.29ミニボディ 1

ミニボディ3枚の塗装が完了しました!

↓今回は我が家のちっちゃい怪獣“りょうや”2歳3ヶ月の攻撃に耐えながらの撮影でした><
私の部屋は彼にとって最高のおもちゃ箱(;´∀`)

2011.9.29ミニボディ 2 

↓ 「スーパーアグリF1チームイギリス・リーフィールドのファクトリーではミニクーパーが社用車として活躍しており、ボディ全体にチームシンボルである“手裏剣マーク”が描かれている」というオラ設定から生み出された『スーパーアグリF1ミニクーパー』です。

2011.9.29ミニボディ 3 

デカールを貼ればもうちょっと雰囲気が出るかな?

2011.9.29ミニボディ 4 

地球色ミニクーパー2006軽量タミヤボディに、ツーリングボディみたいな目を入れるのがあまり好きじゃないので、たいてい透明のまま残します。いつか電飾するかも分かりませんしね!って、これにもライトのリフレクターパーツがあるといいのになぁ・・・。

2011.9.29ミニボディ 5 

塗装が終わって、保護ビニールを剥がす瞬間ってめちゃめちゃ気持ちいいですよね~♫

2011.9.29ミニボディ 6 

↓これって“アバルト500 アセット コルセ”っていう名前なんですね。最近知りました><
あとで過去記事も修正しとこ^^;

2011.9.29ミニボディ 7 

ウイングもブルーメタリックで塗りたいけどまた今度。

2011.9.29ミニボディ 8
スポンサーサイト
2011.9.28ミニ 1

ミニ部隊編成計画が着々と進行中です。

M05壱号機にはアルミレーシングステアを装着。これは高価なのが難点ですけど、動きがスムーズでガタも少なくていいですね♫

2011.9.28ミニ 2 

M05弐号機もアップデートでアルミダンパーステーアルミステアリングリンクなどを装着。レーシングステアは予算の関係上、もうちょっと先になりそう(;´Д`)

2011.9.28ミニ 3 

↓そしてM03三兄弟もここまでカタチになりました。
モーターは『ら・じれミニ耐久』で使ったものを含めてすべて540ジョンソンを搭載。子供たちに遊ばせるにはもっと遅い50ターンとかのモーターがいいのですが、買うのはもったいないし、クラッシュ⇒アップライトがエンドベル直撃⇒エンドベル破損の流れを考えればジョンソンがベターかも^^;
あとはダンパーを2台分組んで、メカを積めば完成です。

2011.9.28ミニ 4
1998年から2003年頃まで、黒井山のプラトピア月例レースHPIチャレンジ松永ゲタリンピック県央サーキット福富のカップレース等のラジ活動でいつも一緒だった元相方“K山さんがモデラーへと華麗なる転身を遂げていると“ザネッチ”から聞いたので、もう数年会っていないにもかかわらず、いきなり押し掛けて突撃取材してきました☆彡

私がまだ前の会社にいた頃、何度か写メを見せてもらったことがあったのですが、実際に作品を見せてもらって驚きました!!

2011.9.26ガンダム 1 

超レベル高いんですけど(;゚Д゚)!

2011.9.26ガンダム 2 

エアブラシ塗装のテクニックもプロポーション改修の技術もエキスパート級ですよ!

2011.9.26ガンダム 3 

「好きなモビルスーツをいっぱい並べる」・・・

まさにガンダムファン夢♫

2011.9.26ガンダム 4 

ガンプラをここまで綺麗に仕上げることができる技術気力(←これが非常に重要)を持つ者だけが味わえるこの上ない贅沢・:*:・(*´∀`*)・:*:・

2011.9.26ガンダム 5 

他にいっぱい写真を撮らせてもらったので、数回に分けてアップしていきます^^
2011.9.24パワーオン 1

“こやす”と二人でパワーオンまったりM05合同テストをやってきました!

今回の私の目標は大きく分けて2つ。

“こやす”からイマドキのM05セッティングノウハウを習得する
M05弐号機を完成させて実戦レベルまで仕上げる

①に関しては概ね達成できました。
活動休止を余儀なくされていた私を尻目に、毎週ら・じれさんに通って猛者たちに揉まれ続けてきた“こやす”は以前とは完全に別人。特にセッティング能力は数段レベルアップしていて、とても頼りになりました☆彡
マシンは新型ボールデフ仕様壱号機を使ってテストを重ねたのですが、M05というシャーシは、フロントダンパーステーとM06ボールサスシャフト、ファイバーモールドタイプBタイヤの登場でいいクルマになったなぁと感じました。

②は達成度70%くらいかな?
ギヤデフ仕様の弐号機はメインシャーシにロアサスアームがぶら下がっている状態で持ち込み、お店で不足しているパーツを買ってきて組み上げたので、実戦に耐えうるレベルまで持っていくにはちょっと時間が足りませんでした。

↓左が弐号機(ギヤ重デフ)、右が壱号機(新型ボールデフ)です。
我が家の財務省の予算制限により一部の青いパーツが共用状態だったりします^^;

2011.9.24パワーオン 2 

↓しばらくはライトチューン+ニッカドで遊ぶので、アンプはKO VFSコンペⅡをセット。ステアリングサーボはロープロタイプのPDS-2413を使いました。

2011.9.24パワーオン 3

↓帰宅後、さっそく弐号機のギヤデフ再調整のためメンテを開始。
ついでに「舵が残る」症状が出ていたので、ステアリング系をチェック。
B6部品の3×10段付きビスが通る穴が渋かったので、丸めた耐水ペーパーで処理しました。 

2011.9.24メンテ 1

↓そしてB3部品の850ベアリングに通すシャフト部分のガタが気になったので、ホームセンターや¥100ショップで売っているラピーテープを一周巻いておきました。
ちなみにOP.1277 Mシャーシ強化ギヤのベアリングのガタもこれで調整しています。

2011.9.24メンテ 2 

↓けっこうイイ感じです☆
将来的にOP.1191 M-05アルミレーシングステアOP.1192 M-05アルミステアリングリンクは組もうと考えていますが、クラッシュの衝撃を少しでも逃がすために、B3部品だけははそのまま使おうと思っています。

2011.9.24メンテ 3
福山ラジコンセンターでちょこっと買い物をしてきました。

↓退役して押入れに眠っていたM03Rを、M05弐号機として蘇らせるためのアイテムたちです♫
2011.9.22パーツ 1 

↓そして家中の各所に散らばっていたミニのパーツをかき集めました。
戦闘用M05を2台、動けばなんでもいいM03を3台組んで『ミニ5台体制』を確立し、家族全員でミニバトルを楽しむという新たな野望のために行動開始☆彡

非戦闘用のM03には、家族の遊びマシンという役目の他に、ボディディスプレイ用のベースとなったり、ラジ非経験者にラジ体験をさせてあげるなど、様々な用途が考えられます。

2011.9.22パーツ 2 

ところで最近、あるモノがめっちゃ欲しくなってきて困ってます(;´Д`)
ここまでの流れとしては、

まず最近ますます大ブレイク中のサンワのシステムを使ってみたくなった(現在のEX-ⅠURに特に不満はないが)



やっぱM11Xがいいなぁ
名機マシーン1の血統を感じさせるデザインで高級感もあし、なんといってもWレシーバーセットがすげーお買い得なんだよね



でもモデル末期っていうウワサだし、買ってすぐ超イイ感じの新型が出たらヘコむなぁ



となると、M11Xの新型が発表になってから、新旧どっちにするか考えるってのもアリかも



でも、新型なんていつまで待たされるか分からんし^^;


などと考えながらネットを徘徊していると・・・「なんかMT-4が実はけっこうすごいらしい」的な情報がちらほら・・・











気付いたらすげー欲しくなってた><

MT4

カーボン調プロポスキンを貼ったらめちゃカッコよくなりそうだし、超軽量なボディは将来子供用にするには最高でしょう!

とはいえ、サーボまで含めるとかなりの金額になるので、すぐには手が出ませんが(;^ω^) 
タミグラ岡山大会が終わったので、ツーリングはひとまず置いといて、次なる目標である『M05をいつでも戦える状態にしておく』に向かってボディの塗装を再開しました。

ミニクーパー2006軽量はライト・グリル・テール・サイドウインカーとウインドウスモークを残すのみ。

2011.9.20ミニ 1

2011.9.20ミニ 2 

アバルト500アセット コルセ軽量はエアインテーク・テール・サイドウインカー・エンブレムとウインドウスモークで完成。
この2枚の地球色軽量ボディはレース用の一張羅なのでアルクラッド・クロームを贅沢に使用><

でもアバルト500のほうは、何時ぞやのタミグラ・イタリア車縛りレギュに対応するために買っていたもので、今更完成しても実戦で使うかどうかは微妙・・・M寸ではスイフトのポテンシャルが抜けてるっぽいので^^;

2011.9.20ミニ 3 2011.9.20ミニ 4
 
↓どこか見たような、ちょっと懐かしいカラーリングのミニクーパー2006レギュラーウエイトは練習用で、ウインドウスモークを塗れば完成。
実はこれ、2年前からマスキング途中の状態で放置していたもので、京商ミクロンラインテープのノリがベトベトに残って大変でした;;

2011.9.20ミニ 5 2011.9.20ミニ 6
 
土曜日に某所で“こやす”とガチバトルする約束をしているので、それまでにバッチリ仕上げないといけません☆
<決勝前準備>

愛機TRF416WEはかなりイイ感じ走ってくれているので、セッティング変更等はせずに、タイヤも予選2回目で投入したものをそのまま使用。でもこのB3、前走で一皮剥けたのか、クリーナーで拭いたらしっとりとして、なんだかグリップしそうな気配に。

バッテリーはどれが元気なのか全く把握出来ていないので、新しそうなモノの中から自分の物と“ひでき”提供の中から1本ずつカンを頼りに選んでタイミングをずらして充電スタート!
しかし、これが大失敗!どっちも早く仕上がりすぎて冷めつつあったものを、直前に追い充電して搭載^^;

公開車検で他の選手のマシンを見渡した感じでは、TA06TA05系が半々くらいで、Wデッキ車は私だけでした(たぶん)。


<タミグラ11Aメイン決勝>

スターティンググリッドはストレートの最後方で、辛うじて真っ直ぐ発進できる位置。
無難にスタートを切って全車一斉に1コーナーから2コーナーへ。予想通り2コーナー~3コーナー区間でアクシデントが多発!ここを運良く切り抜けてポジションアップ!さらに4コーナーでも前者が絡んだところをパスし、オープニングラップで単独3番手に浮上。

レースが中盤に差し掛かったあたりで4番手のマシンが徐々に接近。スピードで負けているのは明らかだったので、抑えきるのは難しい状況だったのですが、8コーナーを立ち上がったところでプッシュされてフェンスに捕まりストップ。バックで脱出するわけにもいかず、マーシャルさんの救助を待って再スタート。

このアクシデントでほぼ最後尾まで後退してしまったのですが、諦めずに追い込みを開始!
そして3、4台くらいパスしたと思ったら、2メートルほどにブルー/イエローカラーの“ちゅうボスさん”SC430が!!
ペース的にはほぼ互角で、ワンミスが命取りになる場面。さらに前のマシンに追いつくには時間が足りないと判断。ポジションキープ作戦に切り替えて慎重にドライブし、そのままの順位でゴール。
終わってみたら6位でした。

表彰台が狙えたレースだったので、6位という結果はちょっと残念でしたが、低予算で楽しむというコンセプトで参加したわりには上出来な内容だったかなと思います。

何より、約2年間死んだフリをしていたので、顔なじみの皆さんにのぶし生存!しかもまだラジコンやってた!”ということをアピールできたので良かったですf^^*)


最後に、

発電機を復活させてくれた“うっさん” 、そのときのネタ写真撮り忘れて記事に出来なくてごめんね><
そしてありがとう!!

プロジェクトK“M岡さん”、何度もメンバーのマシン出しをしていただきありがとうございました!非常に助かりました!!


↓奇跡的にほぼ無傷でレースを終えたNSX2005ボディ。来年以降、NSX2005の出番が来たらまたコレでいこう☆彡


2011.9.18岡山 4
“JUNくん”&長男“いっくん”“ザネッチ”、“こやす”と一緒にタミグラ岡山大会に参戦してきました!
“Team SUPER NOBUSHI(チーム スーパーのぶし)”(って、久々にここで書いたなぁ^^;)としては2年ぶりのタミグラ(昨年は“こやす”がソロで参戦)。幸い雨が降ることはありませんでしたが、ものすごい蒸し暑さで結構疲れました><
 

タミヤの笠井さんが「第29レースまでやるのは久しぶり」と言うほどの大盛況ぶり。さすが岡山大会!
写真に写っていない参加者が相当数おられます。

2011.9.18岡山 1 

↓ピット設営後、車検&練習走行そっちのけでデカール貼りをがんばったので、この類のカラーリングがスタッフの眼中にないことを知りつつも、“ザネッチ”サトシカラーアレンジボディと並べてコンデレに参戦。

2011.9.18岡山 2 

↓ウエイトはバッテリープレートの上とバッテリー前部、合わせて40g搭載。
アンプのケーブル、トランスポンダー位置の高さと相まって、ハイエンドマシンのメリットの一つである低重心を帳消しΣ(゚Д゚|||)
 
2011.9.18岡山 3 

排水作業後の路面改善練習走行が行われている間に、タミヤスタッフにブラシレス16Tのkv値測定を依頼。

結果は・・・・

2435!!

よく分かりませんが、アタリではないことは確かです。
あとで測定に来た“ちーぱぱさん”16T24**で惜敗orz

他にも有力選手数名の測定結果をたまたま目撃してしまったのですが、皆さん規制値の2530ギリギリだったり、トップゴール後に引っかかっての失格が相次いでいました。

<予選第1ラウンド>
車高 F5.0  R5.5
リバウンド F3.0  R3.5
スプリング Fレッド Rイエロー
ダンパーオイル F300 R250 (ピストン3穴)
その他アライメント、ジオメトリ等は416WE取説通りで、タイヤは程度のいい中古B3(インナーはソフト)で出走。

後列スタートの為、多少の接触はあったものの、オープニングラップのゴチャゴチャを運良くすりぬけて3番手に浮上。マシンは好調でしたが、前の2台に追いつくことはできず、3番手のままゴール。

予選1ラウンド終了時点で総合7番手でした。

<予選第2ラウンド>
予選1回目のフィーリングが良かったので、セッティング変更はせずに朝イチで組んだ新品B3を装着して出走。
前列スタートからトップでゴールしたのですが、1Rのときほどタイヤがグリップせず、ライン取りに苦戦してタイムアップならず><

コースマーシャル後のモーターチェックでのkv値は2480でした。

タミグラ11クラス予選総合12番手でしたが、外人勢を除いた結果、Aメイン決勝7番手スタートとなりました。

 
2011.9.17メンテ 1

奇跡的に18日の日曜日だけ晴天になりそうですね☆彡

というわけで、2年ぶりのタミグラ岡山大会のために気合を入れてメンテしました。
アップライト、Cハブ、キングピンを新品に交換。
ダンパーもオーバーホールしてOリングとダイヤフラムを新品に。

2011.9.17メンテ 2 

16Tブラシレスシステムは今後どの機体に積むか分からないので、ケーブル長を短縮したりせず、そのまんま搭載しました。

2011.9.17メンテ 3 

↓ちょっと軽すぎるのでウエイトを積まないといけません。デカールとタイヤ貼りは現地でやるからいいとして・・・って、

毎度おなじみのパターンじゃねーかΣ(゚Д゚|||)

2011.9.17メンテ 5 

もう3時間くらいしか寝られないけど、とりあえずおやすみなさい(-_-)゜zzz…

あ、今日の岡山大会に参加される皆さん、久しぶりのラジコンなんでお手柔らかにお願いします(;^ω^)
2011.9.16NSX 1

NSX2005超軽量の塗装及び補強が完了しました!

2011.9.16NSX 2 2011.9.16NSX 3 2011.9.16NSX 4 2011.9.16NSX 5
 
↓デカールを貼る前の状態で重量は98g。補強していなかったら恐らく約80g(;゚Д゚)!
塗装済みレイブリッグ2005軽量(フロントのみ補強済)が120gなので、超軽量の方がが20~30g軽いことになります。

2011.9.16NSX 6
タミグラ11クラスで使えるバッテリーは2400ザップドまでって事なので、昔、4WDバギークラス用に自分で買った2本と、“ひでき”に提供してもらった6本を引っ張り出してたたき起こしました!!どれも2~3年は眠っていたはずでしたが、さすがニッカド!!全て普通に充放電できました。


2011.9.15バッテリー 1


↓ニッカドを起こすため、久しぶりにレコブレコンペ・フロントライン・セルマスターを召集!。ニッカド・ニッケル水素バッテリーの充電ではストレート社製のレコブレフロントラインの安定感が際立ちます♫

 2011.9.15バッテリー 2
 
そしてNSX2005超軽量も塗装⇒カットまで完了!!

2011.9.15NSX 1 
↓ビニールを剥がす前に、シューグー・補強メッシュ・ポリカ端材で必死の延命工作!!

2011.9.15NSX 2

アウトドアコースのタミグラでは軽さが必ず速さに繋がるとは限らない・・・


ちょっとくらい重くたっていい!


いや、むしろ重いほうがいいんじゃないか(?_?)


とにかく、少しでも長生きしてくれ・・・


いちおうレアボディだし( ̄▽ ̄;)
 
2011.9.13ボディ 2

タミグラ岡山大会に向けてNSX2005超軽量、鋭意塗装中です!!
私にしては珍しく2,3日間の乾燥期間が取れそうな勢い☆彡

↓実はミニクーパー2006軽量アバルト500軽量もここまで進んでいます。
でもボディが完成してもテスト走行する時間がないので、残念ながら今年のミニはキャンセルです(´;ω;`)


2011.9.13ボディ 1 

↓これマジで欲しいかも・・・

TRF417-2012Ver

2011.9.13TRF417-2012 1 

○世界中のツーリングカーレースで活躍するタミヤハイエンドツーリングTRF417の2012年バージョン!!
○モーターやバッテリー位置、ステアリングなどの基本レイアウトはそのままに、ロアデッキの形状を大幅に変更してタイヤに優しいしなやかさを追及。
○3.5mm厚にサイズアップした前後ダンパーステーは、連結式ホールを採用して中間角度でのダンパーセットが可能に。
○モーターマウントを組立分割式に変更し剛性調整が可能に。同時にモーターの取り付け穴も変更して幅広いギヤ比に対応。
○ウエイト効果も併せ持つ金属製バッテリーマウントやショートネックタイプのキングピンを新採用。
○8月のヨーロッパ選手権では最終プロトタイプがポールトゥウィンを決めるなど、確実に進化したシャーシに仕上がっています。

□予価 79800円(税別)□ 
今年のタミグラ山陰大会関西大会は任務の都合上出場出来ませんでしたが、岡山大会はイケそうな感じだったので、必要なものをちょこちょこ準備してきました。

↓まずはブラシレス16Tセット。来年以降のタミグラでも主役級の活躍が見込めるので購入☆彡


2011.9.6ブラシレス 1


M05用アイテム。早く試してみたいものばかりですが、テストする時間とボディを仕上げる時間が無いので、岡山大会タミグラ11のみエントリーしておきました。

2011.9.6M05パーツ 1 

↓そのタミグラ11で使うタイヤはインナー以外はなんと2年前の在庫品><
あと程度のいい中古B3も使う予定です(;^ω^)

2011.9.6タイヤ 1
2011.4.10ミニ 2 

4月某日。
ら・じれタミチャレで活躍している“こやす”M05の話をしていたら、無性にボールデフを組んでみたくなったので↓のパーツを組んでみました。

2011.4.10ミニ 1 

4月から既に5ヶ月が経過していますが、まだ一回も走らせてません><

2011.4.10ミニ 3

M05
もレース用ボディを塗らないとダメなんですよね。
ミニクーパー2006、スイフト、アバルト 500アセット コルセとかいっぱい持ってるけど塗る時間がない(´;ω;`)

そんな中、また購入確定なNEWカマーが!!

1/10 電動RCカーシリーズ No.503

Honda バラード スポーツ 無限 CR-X PRO.(M-05シャーシ)


これメカドックカラーで塗りてーーーっ!!!
2011.9.12CR-X 1 



↓最後の九州方面の任務の日、北九州ネクスターサーキットに立ち寄ってみました。
久しぶりに買ったRCワールドを読んで知ったのですが、普段よく利用していた北九州トラックステーションから徒歩5分のところにあったんですねー。

2011.4.11ネクスター 1 

↓インドアサーキットもかなりいい感じです。走らせてみてー☆彡

2011.4.11ネクスター 2 

↓お土産に買って帰ったNSX2005超軽量

2011.4.11ネクスター 3 

↓ウワサ通りのペラペラぶりに驚きました^^;

2011.4.11ネクスター 4
2月のCRCカップでの撃沈後、スケジュール的に出場可能なKスタジアム3月定例レースに向け、ちょっとずつ準備を開始。
ソレックスのタイヤは持っているのでいいとして、ここ数年ずっと最重要課題であり続けているボディを何とかせねば!ってことでNEWボディ制作に着手。ずっと使い続けてボロボロ状態のライド・ダッジMkⅣでは走るモンも走りませんからね><
そして塗り始めたのがポムで一番人気のアレックス LX250と、出たばかりの頃とりあえず買っておいたボンバー レジェンドA(どっちも古っ!!ちなみに両方ともレギュラーウエイト)。

↓大型モビルスーツのコックピットでエアブラシ塗装^^v

2011.3.11ペイント 1


↓レース前日の土曜日、何とかLX250のみ完成にこぎ着けて、鳥栖基地にて各部を点検整備しました。
2011.3.19Kスタ 1


しかし当日の朝、起きたらなんと10時過ぎ!!完全に遅刻ですΣ(゚Д゚|||)

なんとか予選2ラウンド目には間に合いそうだったのでレースエントリー。

ソレックス36Rを履いて出走したのですが、グリップ感もイマイチで終始舵が残る感じでタイムが伸びず、無念のBメイン落ち;;

店員さんのアドバイスでタイヤをソレックス32R(2年前にラジ天東広島で使った中古)に、ハイトルクサーボセイバーを新品に交換して出走したBメイン決勝

なんと!わがラジコン人生最高の気持ちいい走りで快勝!タイムもAメインの優勝タイムと遜色なかったし、この時のマシンと一体になった感覚は今まで味わったことがないもので、操縦しながら本当にシビっぱなしでした!インドアハイグリップコースっていいですね☆彡
 
2011.3.19Kスタ 2

↓レース後の抽選会でリポバッテリーを頂き、次はAメイン優勝を狙うぜ!!

と思っていたのに・・・

まさかの中部方面軍への編入><

九州に行くことが無くなる=Kスタジアムに行くことも無くなってしまう・・・というわけでAメイン優勝の夢は儚く消えてしまいました゚(゚´Д`゚)゚
 
2011.3.19Kスタ 3
2011.2.20Kスタ 1
(写真は全てケータイで撮影)

2月20日。鳥栖基地滞在の週末、中村模型Kスタジアムに行ってみると「CRCカップ」なる1/12メインのレースが開催されていました。

どうしても17.5T仕様416WEを走らせたかったので、無謀にもツーリングクラスにエントリー。


2011.2.20Kスタ 2 

タイヤはRP30新品を使い、練習走行と予選でギヤ比とサスセッティングを探ったのですが、グリップ感が低いのに高速コーナーでハイサイドしまくり、インフィールドではフラフラして全く勝負にならないままレース終了><

Kスタジアムの1/12のアツさにはいつも驚かされます。スピードも超スゴいし^^;

2011.2.20Kスタ 3 

レース後、店員さんからタイヤはソレックス36R32Rで間違いないとのアドバイスをいただきました。

↓1Fのドリフトコースもいつも盛況@@

2011.2.20Kスタ 4 

次の週末、“Aki”&“ゆうくん”、“ザネッチ”、“テル”と久しぶりにポムで遊びました☆
2011.2.27ポム 2

416WEポムレース仕様TA05で一日まったり♪
 
2011.2.27ポム 1 

416WE17.5Tブーストのギヤ比もなんとなく掴めました。
2011.2.27ポム 3

しかしこの日、1年半ぶりに持っていった発電機が始動できないというトラブルが発生><
長期間ノーメンテでほったらかしていたのがいけなかったようです;; 
今回から数回にわたり、今年2月以降、用意はしていたのに時間がなくて記事にできなかったネタを順にアップしていこうと思います。

まずは、我が家のちっちゃい発電所のネタから。


2011.2.26太陽光 1


去る2月26日。給湯システムを石油給湯器+太陽熱温水器からエコキュートに変更しました。念願のオール電化に合わせて太陽光発電システムも導入しました。

8人家族の我が家が選んだエコキュートは、三菱にしかない大容量550L高圧タイプ。バスタブのお湯を抜くたびに自動でマイクロバブル洗浄してくれるのが特徴です。

太陽光もあれこれ悩んだ末に、三菱単結晶パネルで4.9kwシステムを組みました。
三菱を選んだ主な理由は、

・ラインナップに台形パネルがあるのでカッコよく設置できる。
・施工業者のスキル不足によるトラブル回避の為、研修+ライセンス発給制度を導入しており、補償面も含めて信頼性が高そう。
パワーコンディショナーが非常に高効率&高性能で、屋内に設置するタイプなので故障が極めて少ない(らしい)。

2011.2.26太陽光 2 

↓これがパネルで発電した直流電流を交流電流に変換するパワーコンディショナー。3タイプある中で一番大きいものになります。

2011.2.26太陽光 3 

↓パネルを載せるベース部分の工事の様子。

2011.2.26太陽光 4 

東、南、西の三面にパネルを設置。

2011.2.26太陽光 5 

↓おまけで付いてきた日立3口IHクッキングヒーター。最新のIHってめちゃ高性能なんですね(驚)

2011.2.26太陽光 6 

↓2000年5月の新築時から一度も故障することなく頑張ってくれたパナホーム純正IH。いままでありがとう;;

2011.2.26太陽光 7
2011.9.4全日本 1

“ひでき”に渇を入れるために行ってきました!

『2011 電動ツーリングカー全日本選手権 in WANGAN』

ピットに行ってみると、“ひでき”の周りにはタミグラなどでおなじみの皆さんが@@
奥のほうには鴨方・天草公園時代からのトモダチ“H見さん”の姿も。


2011.9.4全日本 2 

隣の“O本さん”の止まる事なき漫談のおかげか、自身初のビッグレースとは思えないリラックスムードを漂わす“ひでき”

しかし!!

楽しんでいられたのは最初だけ・・・

2011.9.4全日本 3 

タイヤの食わせ方を失敗した“ひでき”は、これといった見せ場も無く、目標順位を大きく下回る結果をの残し、悔し涙にと共にレースを終えました。・゚・(ノД`)・゚・。

WANGAN帰りのジョイフル反省会で、今後の課題を見つけた“ひでき”。

次の目標に向かって精進するのじゃ!!

2011.9.4全日本 4 

レース後“ひでき”ヨコモ BD5WXと私のTRF416WEを並べて記念撮影。

2011.9.4全日本 5 

“ひでき”カラーは私の地球色の色違い。言わば兄弟車☆

2011.9.4全日本 6 

一方、オープンクラスの優勝争いですが・・・

2011.9.4全日本 7 

2008 タミヤ世界戦においてGT2400クラスを圧倒的速さでで制した“ゆうやくん”2011 EPツーリング オープンクラスチャンピオンに輝きました!!!

2011.9.4全日本 8

“ゆうやくん”“御両親”、本当におめでとうございます!!!

2011.9.4全日本 10
2011.9.2ひできボディ 1

春頃から頼まれていた“ひでき”WANGAN全日本用ボディを塗りました!

最初は右のプロトフォーム マツダスピード6軽量1枚だけだったのですが、2週間前に左のLTC-Rも追加注文してきたので作業スケジュールが大ピンチに><
なんとかレース出走に間に合ってよかったです^^;

この写真は色合いがちょっとヘンなのですが、実際は“ひでき”好みのがバーン!と効いた感じに仕上がっています。

2011.9.2ひできボディ 2 

珍しく岡山直撃コースで来た台風のせいで、日曜日のみ開催となってしまった今年のツーリングカー全日本選手権inWANGAN


“ひでき”よ!とにかく頑張るのだ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。