1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.31エンツォ 1

なんと!!“こやす”が福岡で開催されたミニッツカップでクラス優勝しました!!

しかもポール to WINキタ━━━(゚∀゚)━━━!!


夜なべして塗った甲斐があったよ^^

2011.10.31エンツォ 2 

おめでとう!! “こやす”!!!
スポンサーサイト
2011.10.29福ラジ 1

福ラジで買い物をしていると“Aki”からダイヤへのお誘いの電話が。“ゆうくん”に練習をさせてあげたいとのこと。
私もテストしたい事があったので付き合うことにしました。

持ち込んだマシンはほぼ2年ぶりの出撃となるF104PROTA05Ver.Ⅱ
まずはタミヤ スポンジタイヤ仕様のままF104PROでコースイン。
しかし、予想通りの巻き巻きで即ピットイン><

前後ともWの刻印があるタミヤ ゴムタイヤ(たしかオプション?)に交換して再スタート。
ゴムタイヤは初めて使ったのですが、2箇所のコーナーの立ち上がりでテールがスライドする以外は、基本的にアンダーで悪くない感じでした。

2011.10.29ダイヤ 1 

TA05で練習する“ゆうくん”。今回は走行台数が多くてちょっと難しかったね^^;
2011.10.29ダイヤ 3

↓私がバージョンⅡのフロント用にボールデフを組んでいる間、F104“Aki”にレンタルして半年ぶりの親子ラジコンを実現。 
2011.10.29ダイヤ 2

↓そして、この日のメインメニューである OP.1331 F104X1 アッパーデッキ・ローリングダンパーセットOP.1332 F104 カウンターウェイトをスチールシャフトとともにインストール開始。

予想通り、カーボンシャフトからベアリング抜くのにちょっと苦労して、昔タミヤCカーやF1でよく抜けなくなったことを思い出しました^^; 
アルミダンパーマウントを組むと、モーターマウント全体をガタなく組み上げるのがめちゃ楽になりますね☆
2011.10.29ダイヤ 4 

バージョンⅡはフロントをスルスルのボールデフに交換したり、他にも細かいセッティング変更を試しました。
しかし、ずっと求め続けている右S字のターン2のスゲー曲がりを得ることはできませんでした。他のセクションはもうほとんどカンペキなのですが・・・

ダイヤのライブカメラで見てもハッキリわかるくらい、レコードライン付近は黒くなってきてます♪

2011.10.29ダイヤ 4.5
 

アップデートを終えたF104ですが、正直なところ仕様変更前後の違いはよく分からず(;´Д`)
立ち上がりでちょっと握りすぎると巻きが出る以外は全く問題なし。
唯一の課題となった立ち巻きを抑えるため、ダンパーのOリングを交換後、オイルを300番に、スプリングを蛍光レッドにしてみたところ、多少改善されました。
でも、もうちょっと楽にスロットルを入れられるようにしたいなぁ^^;
2011.10.29ダイヤ 5 
2011.10.28ダイヤ 1

またまたダイヤで走り込んできました!

持ち込んだマシンはTA05Ver.ⅡTRF416WE
バージョンⅡはセットがほぼ決まっているので、いつでも安定した速さを発揮するのですが、416WEのほうはWワンウェイ+17.5Tブースト仕様のため、ガンガン攻めるにはかなりの勇気が要ります。フロントにギヤデフを入れるかどうか悩ましいところです^^;

今回はは“テル”の会社の人たちも参戦して大盛り上がり♪
走行台数が多かったので、早い時間帯から路面がグングン良くなり、終盤にはどんなタイヤでもグリップする状態に☆
そこでまたまたタイヤテストを実施。

1.RP30(ライド オレンジ) 
 小径らしい旋回半径のコンパクトさでコーナリングスピードはナンバー1。バキバキ曲がりすぎて、たまにフロントグリップが勝ち気味に。小径故にストレートはちょっと遅い><

2.ゼノン32(ボンバー イエロー)
 全てがふつう^^;ややアンダー傾向なのでミスしにくい。

3.タミヤ MNタイプA(タミヤ ミディアム)
 RP30よりややグリップ力が劣るものの、リアが少し勝っている印象で意外に扱いやすい。グリップ剤は塗っても塗らなくてもいい感じ。意外に摩耗が少ない。

4.タミヤ MN55ラジアル(付属スポンジ)
 グリップ自体はは結構いいけど、旋回半径が大きくフロントの入りがイマイチ。逆に言えばアンダーでドライブは楽。全開時にタイヤが膨張するのか、ストレートの伸びがダントツ(笑)摩耗は多め。

あと、“テル”が使っていたヨコモ 7Nハード(ボンバー イエロー)も高温用タイヤにもかかわらず、バッチリ食って曲がってました。しかも、いくら走らせてもぜんぜん摩耗しない驚異的なタイヤ。

2011.10.28ダイヤ 2 

そして今回、なんと!あの“ちーぱぱさん”がチームメイトの“シタヤン”さんと参戦!!
2011.10.28ダイヤ 3 

ブログの更新が先月から滞っているため、ファンの間では


タミグラ岡山大会で立ち直れないくらいの精神的ダメージを受けた」

“不思議ちゃん”との戦いに敗れ、再起不能な状態に追い込まれた」


など、様々なウワサが飛び交っているようですが・・・皆さん!!


“ちーぱぱさん”は元気ですよっ!!

ブログが更新できなかった本当の理由はPCの死亡とのこと。
新しいPCが立ち上がり次第、またファンの皆さんを楽しませてくれることでしょう☆

↓昨日の“皇帝様”はなかなかご機嫌だったようですw
2011.10.28ダイヤ 4 
『空と大地のカーニバル』の動画です。
撮影機材はソニー サイバーショット DSC-HX5です。

最前列を確保できなかった為、人のアタマがいっぱい映っています^^;

フェラーリ360 vs エクストラ300Sのスピードバトル


室屋義秀さんのエクストラ300S アクロバット飛行



“こやす”のミニッツボディ エンツォの製作を開始。

↓用意した塗料はこんなカンジ。

2011.10.28エンツォ 1


↓まず1000~1500番ペーパーでエッジを研ぎ出して中性洗剤で洗浄。
そしてホワイトサフ→ホワイト→蛍光レッドと塗装。
2011.10.28エンツォ 2 

↓クリアは実車用をうすめ液で2倍に希釈してエアブラシで吹きました。
2011.10.28エンツォ 2.5 

しかし、蛍光レッドがつや消しで表面がザラザラだったため、十分な光沢を得るまでに30回以上塗り重ねるハメに><
2011.10.28エンツォ 3

GSIクレオスのラッカーのブラックで塗り。

2011.10.28エンツォ 4

↓エアインテーク、ダクト類はタミヤ エナメルフラットブラックで。

2011.10.28エンツォ 5 

↓そして完成!
“こやす”のオーダー通り白、蛍光レッド、蛍光イエローの3色で仕上げました。
塗り分けパターンは私の独断でARTA NSXっぽくし、F1をモチーフとしているロングノーズをあえて目立ちにくくしました。
蛍光イエローをどう入れるかを迷いに迷った挙句、無難にハチマキのみとしました。
1/10ボディのように、ホワイトと蛍光レッドの境界に蛍光イエローを入れたりすると、スケール感が乏しく完成度の低いボディになってしまう気がしたので。

ちなみに蛍光イエローのハチマキは、タミヤが大昔に出していた蛍光3色(レッド、イエロー、グリーン)のカッティングシートです。

2011.10.28エンツォ 6 

光沢部分をソフト99液体コンパウンド9800(超鏡面用)で軽く磨いてちょっとだけツヤを出しておきました。
ホントはコーティング剤のようなものを塗りたかったのですが、残念ながら時間が足りませんでした><

まあ、これはレースでガンガン走らせるボディなんで、このくらいでヨシとしましょう(爆)

2011.10.28エンツォ 7 

“こやす”!

今日のレース頑張ってこいよ( ̄ー+ ̄)キラリ
2011.10.27都市対抗

今日は都市対抗野球の応援で京セラドーム大阪に行ってました。
両チーム選手のプレーも良かったし、応援団のパフォーマンスも素晴らしく、非常に盛り上がりました☆

さて、昨日のダイヤの会ですが、岡山タミラーBIG2“Tさん”&“としおさん”とご一緒させてもらいました。
しかも“Tさん”は、全日本オープンクラス仕様TRF417を駆っての『激走予告』をされていたので、めちゃめちゃ楽しみにしていたのですが・・・

2011.10.26ダイヤ 1 

なんと!

“Tさん”ともあろうお方が珍しく見事にやらかしちゃいまして、TRF417、TA06ともに走行不能という非常事態にガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

2011.10.26ダイヤ 2 

私はTRF416WETA05Ver.Ⅱをガンガン走行。
この日は寒かったのと、他のお客さんがいなかったせいで路面はイマイチ。RP30よりRP24のほうがグリップしました。

FC2動画では視聴に制限がかかったりするみたいなので、youtubeにもアップしてみました。
試しに大容量で高画質なのをそのままアップロードしてみたところ、見事大成功!さすがyoutube^^b


中村祐弥選手の活躍はコチラ☆彡


ロナルド・フェルカー選手松倉直人選手のバトルはコチラ



さて、空と大地のカーニバル後のダイヤモンドサーキットテストですが、前回“テル”バージョンⅡを試乗した際のデータを元に、さらにMyバージョンⅡを速くするのが狙い。

1.フロントサスマウントの前開き1°を1A/1Aで0°に
2.リアダンパーオイルを300→450
3.フロントダンパーオイルを350→500

という3項目で格段に良くなったので、ボディを世間ではあまり評価の良くないNSX2007からGTボディ最強クラスの定番NSX2005に交換。
ところが、これが思ったほど差がなく、どっちでもいい感じだったので2007に戻しました。
2011.10.23ダイヤ 1 

マシンのセッティングがほぼ決まったところで、ここから怒涛のタイヤテストをスタート!

タイヤの状態は全て中古で、ソレックス28Rはフロントがやや摩耗気味、タミヤAはほぼ新品。
ホイールは、ソレックスがヨコモを使用している以外はメーカー純正ホイールです。

()内は使用インナー、数字は100点満点中の点数です。
タミヤ2種以外は全てマイティグリッパーを使用(10分放置→拭き取り)
タイヤウォーマーは不使用で、タイヤの温まり具合に気を付けながら5分以上走行

1.RP30 (ボンバーイエロー) グリップ90  コントロール性90
 1周目からフルグリップ。小径であるRPタイヤらしくバキバキ曲がり、コース左半分のコーナーで速い。摩耗は少なめ。

2.ソレックス28R(RPミディアムソフト) グリップ100 コントロール性100
 これ最強☆右半分の区間で特に速く、外周の高速コーナーの走りやすさがダントツ。摩耗はRPよりやや多そうだけど許容範囲内。

3.ソレックス36R(ボンバーイエロー) グリップ85 コントロール性85
 硬度が路面に合っていないけど、ぜんぜん普通に使える範囲。インナーがもう少し硬ければいいかも。摩耗は少なめ。

4.采シルバードット(采ファーム) グリップ75 コントロール性70
 このタイヤは製造年月日やロットによって特性がバラバラなので何とも言えませんが、今回のテストでは普通にグリップするけどアンダー傾向で、意外に摩耗するという印象。

5.タミヤ タイプA(タミヤ ミディアム) グリップ60 コントロール性65
 普通に使えるけど、RPやソレックスとは勝負にならないような・・・。今度マイティ塗ってみます。あまりグリップしていないせいか、摩耗は少なめ。

6.タミヤ ミディアムナローラジアル(付属スポンジ) グリップ50 コントロール性50
 新装前の最強タイヤが王座陥落><
新品に近いほど評価は上がるはずですが、摩耗がかなり激しいのでコスト的に厳しいかも。

<まとめ>
以上のように、平凡なドライバーがザックリとしたテストを行なった結果・・・

たぶん何のタイヤを使っても無難にグリップします! (←これ重要)

そして気持ちよさを求める場合は、ソレックス28、32、RP30あたりで間違いなさそう。
今回は路面グリップ向上に寄与する狙いもあり、まめにグリップ剤を塗りましたが、たぶん塗らなくてもそこそそイケます。

以前の路面は「55ラジアル以外お断り」という特殊な状態だったのですが、ハイグリップで定評のあるタイヤが順当にキテるということで、今後の路面向上が大いに期待できると思います。

ソニー サイバーショット究極奥義「スイングパノラマ」で撮影したコース全景。
中央手前がビョーンとなってますが、実際は真っ直ぐです^^;
2011.10.23ダイヤ 2 

私がこのコースを好きな最大の理由は丸く作られたコーナー。フェンスギリギリをくるーっと回った瞬間が非常に気持ちいい♪
意外とマシンに優しいのも嬉しいポイントです。

↓早くもレコードラインが黒くなってきてます。インドアハイグリップコース誕生の予感!?

2011.10.23ダイヤ 3 
2011.10.23空と大地 2

昨日、笠岡ふれあい空港で開催された
『空と大地のカーニバル2011』に行ってきました!

会場まであと2kmというところで渋滞にハマってしまい、そこから駐車場までなんと2時間もかかってしまいました;;

↓大好きな救急車の運転席でテンション急上昇の
“りょうや”
2011.10.23空と大地 1 

↓この日最大の見どころはフェラーリvs飛行機!なんと滑走路で直線勝負(;゚Д゚)!

フェラーリは360チャレスト、飛行機はエクストラ300Sっていう機体のようです。
2011.10.23空と大地 3 

エクストラ300Sのパイロットは有名な室屋義秀さん。テレビで観たことあります♫
2011.10.23空と大地 4

↓観客に手を振りながら出撃する室屋さん。
この対決はビデオに収めてあるので、後ほど動画をアップする予定です☆


2011.10.23空と大地 5  

↓入口ゲート横にイケメンのうどん屋さんがいました。
2011.10.23空と大地 6 

って、よく見たら“Aki”じゃん!!しかも客は“JUNくん”だしw
2011.10.23空と大地 7 

帰りも駐車場から出るのに30分以上かかってちょっと疲れました。
ダイヤから帰って3時間しか寝てなかったので^^;

でも・・・

帰宅後すぐに・・・


道具一式積み込んでダイヤに向かいました(爆)
2011.10.22ダイヤ 1

またまたダイヤの夜を楽しんできました!
メンバーはお馴染みダイヤメイト“テル”“Tさん”と私の3人。

昨日は“ダイヤ店長さん”が路面を一皮剥いてくれた初日、言わば『新装開店日』
路面の状態やタイヤの食い具合が心配だったのですが、トータルで20人近いお客さんがガンガン走行☆最初はダスティでパーキングロットのようだった路面が、日付が変わる頃にはハイグリップタイヤが生きる路面に変わっていました☆

早い時間帯では55ラジアルハイグリップ(ソレックスetc.)だったのですが、後半はハイグリップ系優位で55ラジアルはそこそこグリップするけど摩耗が激しすぎて厳しい感じに。

使用したマシンはTA05Ver.Ⅱのみで、タイヤをRP30に固定してテストを順調に消化。
今回から“テル”“Tさん”や私と同じ「タミグラGT-A仕様」バージョンⅡを投入したことにより、ハイスピードバトルがかつてないほどに激化!!

楽しすぎてもう病みつき♪

2011.10.22ダイヤ 2 

↓出走ごとにマイティグリッパーを塗布。
他のお客さんで、スポンジ仕様のF1トゥエルブを走らせている方が大勢いたおかげで、ホコリっぽい状態でもそれなりに効いていました。

2011.10.22ダイヤ 3 

実はダイヤに向かう直前、数年ぶりに「とれるやん」でボディのペイントを剥がしました。

餌食となったボディはタミヤ フェアレディZ バージョンニスモ

実はこのボディ、遡ること2年前の夏、
WANGANタミチャレ攻略作戦のため、なんとTA05Ver.Ⅱと同時に生み出されたものだったのです!!(過去記事検索で思い出した><)

塗装パターンはエース“OH!月”ワーチャンバージョンをアレンジしたものですが、恐らく製作当時は時間が足りなかったのでしょう・・・(って、毎度おなじみのパターン;;)今見るとフロントが真っ白なのが何ともいただけない気がします。

2011.10.22ダイヤ 4 

せめてリップの部分だけでもにしておけば(´;ω;`)

2011.10.22ダイヤ 5 

↓というわけで、マスキングテープから下の部分をゴッソリ剥がします!

2011.10.22ダイヤ 6 

↓根気強く30分ほどゴシゴシして出来上がり!!

2011.10.22ダイヤ 7 

↓見事に透明になりました^^v

2011.10.22ダイヤ 8

↓ここで「とれるやん」のウラ技(?)。ときどきハンドピースの掃除に使ったりしてます。
揮発性がかなり低いので、カップにちょっと入れて数日放置した後、うがいをするとこんな感じに汚れが出てきたりします

2011.10.22ダイヤ 9 
2011.10.22バー2 1

今さら感アリアリですが、TA05Ver.Ⅱのメインシャーシと前後ステフナーをカーボン強化タイプに交換しました。

↓ノーマルシャーシの重量は161g。
2011.10.22バー2 2 

↓対してカーボン強化タイプは157g。案外軽くないですね。
でも初代TA05カーボン強化シャーシのように歪みでカタカタしないのはイイ!^^b
2011.10.22バー2 3 

↓交換完了!!剛性感はノーマル比で3倍位に感じます☆
2011.10.22バー2 4 

↓ミニのボディは完成間近。あとは裏からクリアを吹いて、ライト周りとウインドウスモークを入れるだけ♪
2011.10.22ミニ 1 

では今からダイヤに行きますよ!!
かなり苦労しましたが、WANGAN全日本EPツーリングの秘蔵動画をアップしてみました。

撮影に使ったデジカメは昨年春から愛用しているソニー サイバーショットDSC-HX5
世界で初めてAVCHD方式フルハイビジョン動画撮影を可能にした画期的なコンデジで、家族のスナップショットやブログネタ写真もHX5で撮っています。

今回の全日本の動画も元は超キレイなんですけど、ネットにアップロードするとかなり粗くなってしまいますね><
ハイビジョンの16:9が4:3みたいになってるしΣ(゚д゚lll)ガーン
動画形式の変換とか圧縮に関する知識がぜんぜん無いのが痛いところです゚(゚´Д`゚)゚

さて、まずは我らが“中村祐弥選手”の決勝第4ラウンド。
第3ラウンドまでのリザルトでは確か3位だった“祐弥くん”が、プレッシャーをも味方に付けたカンペキな走りで逆転チャンピオンを決めました!!
あまりにキレイな走りに、最初からシビれっぱなしで撮影してました><

[広告 ] VPS


ヨコモ松倉直人選手ロナルド・フェルカー選手の決勝第4ラウンド。
当たり前だけど二人とも超すげー((((;゚Д゚))))
この最終ヒートはスタートから松倉選手の勢いがすごくて見応えがありました☆ 

[広告 ] VPS


ミニボディは微速前進中^^;
2011.10.21ボディ 1
2011.10.20ボディ 1 

マスキングとステッカー裏貼りが完了しました。
このあとは、まずエンジンカラー クリアを吹いてから塗装に入ります。

2011.10.20ボディ 2 

オールドミニのオーバーフェンダーを黒でいくか、ボディ色のファスライムで同色にするか悩んだ末に、同色でいくことに決めました。
2011.10.20ボディ 3 

↓最近お気に入の神戸女子大学のCM。
ギターを弾いている女の子は梨里杏(りりあ)さんというタレントさん(?)なのですが、観るとなんだか元気が出るというか、ちょっと幸せな気分になります☆



福山ラジコンセンターで予約しちゃいました!

次期主力戦闘機『TRF417X』!!!

発売時に資金が手元にあるかどうかは非常に怪しいところですが・・・まあ福ラジカードがなんとかしてくれるでしょう(;´∀`)


2011.10.19TRF417X 1


そしてTA05Ver.Ⅱカーボン強化シャーシを求めて、めちゃ久しぶりに『RCパーク ら・じれ』さんへ。

↓そこで偶然にもミニッツコソ練中の“こやす”と遭遇。
2011.10.19ミニッツ 0 

“こやす”“ら・じれ店長”のミニッツをやらせてもらったり、イマドキのミニッツ事情についていろいろレクチャーを受けました。
そんでめちゃビックリしたんですけど、最近ではMR02のボディ・タイヤレスのシャーシとパーマンプロポのセットが10K以下で買えるんですね(゚д゚)!

なんかスゲー欲しくなってきた(爆)

でも今すぐそのセットを買う予算は無いので、とりあえずミニッツのタイヤだけは先に買っておきました!

2011.10.19ミニッツ 1 

っていうのはウソで、実は私が唯一所有しているミニッツ『デロリアン』のタイヤが、経年劣化で朽ち果てたのを補修する目的で買ったんですね~。

2011.10.19ミニッツ 2 
初めてちゃんと走れるタイヤを履いた『デロリアン』

2011.10.19ミニッツ 3 

でも走らせるのはもったいないかも><

2011.10.19ミニッツ 4 

↓帰りに“こやす”に頼まれちゃったミニッツのド定番ボディエンツォ

普段からエアブラシを使い慣れてると思って安心してるかもしれんけど・・・
2011.10.19エンツォ 1 

ツヤのあるモンから塗ったことなんてほとんどないぞ!Σ(゚д゚lll)ガーン
M03用ミニボディ3枚のマスキングをしました。

この3枚のコンセプトは「なるべく付属ステッカーを使い、スケールボディらしく仕上げる」。ただし、クラッシュや転倒によりステッカーが痛みそうな箇所は、透明両面テープによる裏貼りでいきます。

使用する塗料は、手持ちの全てのファスカラーの中から、奥さんと娘二人に好きな色を選んでもらいました。

オールドミニクーパーは長女“ゆか”が選んだライムファスチェンジ・ゴールドの2色をメインに。

2011.10.18ボディ 1


↓唯一、この計画のために購入したフィアット500は奥さんが選んだファススカイファスチェンジ・ゴールドで。
“ザネッチ”も大好きな水色ファススカイは私がホワイトとのツートンor単色で仕上げる際に好んで使う色です♫
2011.10.18ボディ 2 

↓ロングのミニクーパー2006は次女“真由”が選んだ蛍光イエローターコイズの2色。この組み合わせはちょっと配色が難しいかも^^;
2011.10.18ボディ 3 

↓そしてRCマニアックスwebストアで久しぶりのお買い物。
お目当ては板オモリだったのに・・・気付いたらマッチモアリフェもポチってたΣ(゚Д゚ υ) アリャ
タバタ社製の板オモリは色がガンメタでマシンに搭載してもカッコよく決まりそう☆
2011.10.19オモリ 1 

↓ネットで調べまくった結果、なかなか良さげだったマッチモア4200  45Cオリオン3800  60Cとどっちが強いかな?
2011.10.19リフェ 1
昨日のフジテレビ系『ほこ×たて』の結果はRCファンにとって残念でしたね。
大人の事情により広坂選手が手加減したようにも見えましたが^^;

さて、先日のダイヤ走行会の時、“テル”から預かったタミヤ スーパーストックTZを開けてみました。


開けてびっくり!ナンジャコリャ><

チームを立ち上げたばかりの頃の“Aki”を思い出しました(爆笑)

2011.10.17モーター 1


↓コミュは7.4ミリから7.2ミリまで研磨して状態を回復。
ブラシは昔GTチューンから外した極上中古に交換。
2011.10.17モーター 2
 
↓レースで使うわけでもないので、ほとんど慣らし等は行なっていませんが、タミヤ23Tモーターでブラシのアタリが出ていなければこんなもんでしょう。たぶん^^;
2011.10.17モーター 3 2011.10.17モーター 4
 
モーターマスターを引っ張り出したついでに、M05で使っているライトチューン2基のゴキゲンも伺っておきました。

2011.10.17モーター 5 2011.10.17モーター 6
 
ウチのライトチューンの中には、一時期問題にもなった『箱出しで規制値を超える』ような素晴らしい才能を持った子はいないので、たぶんこれでも絶好調なはず^^;

ブラシもほとんど減ってないし、コミュの焼け等の以上もないので、当分このまま使います☆

2011.10.17モーター 7 2011.10.17モーター 8
2011.10.16安佐動物園 1

広島市の安佐動物公園に行ってきました!

大好きな動物図鑑で動物の名前をいっぱい覚えた“りょうや”も大喜び♫

キリンやヤギに餌をあげたり、テンジクネズミを抱っこしたり、ライオンやトラを間近で見れたりと子供たちは大満足。

2011.10.16安佐動物園 1.5 

広い園内にテーブル+ベンチや日陰がたくさんあるので、お弁当を持参してもバッチリ楽しめます。

2011.10.16安佐動物園 2 

入園料が大人¥500、小人(小学生以上)¥300、駐車料金¥440と、とってもリーズナブル。

2011.10.16安佐動物園 3

予想していた以上に素晴らしい動物園だったので、いつかまた行きたいと思います^^
 
2011.10.14ダイヤ 1

“テル”“Tさん”“としおさん”とダイヤでガンガン走らせてきました!“JUNくん”は子守のためライブカメラ視聴というかたちで参加(爆)

雨で湿度が上がっていたため、路面がちょっとヘンな感じでしたが、先週の雨の日ほど悪くなかったので閉店までバッチリ楽しめました♫

10.5T+リフェのパワーでもコースレイアウトとフルタイム4WDのおかげでかなり握れます。ブレーキを多用して走るってめちゃめちゃ面白いw

2011.10.14ダイヤ 2 

“テル”TRF417TB03を持ち込みました。タイヤはもちろん55ラジアル。でも現役バリバリのハイエンドTRF417よりも2年前のタミグラ以来ノーメンテで放置していたTB03が絶好調って( ̄▽ ̄;)!!

2011.10.14ダイヤ 3 

↓後半は仕事帰りに立ち寄った“Aki”のおかげで面白くなりました☆

2011.10.14ダイヤ 4 

↓アンテナを担ぐジョエルジョンソンスタイルを好む“Aki”には4PKM11Xのアンテナは短すぎ(笑)

2011.10.14ダイヤ 5 

来週も行けるといいなぁ♫
いま巷の速い人たちの間で主流っぽいタミヤ ブラシレス10.5TTA05Ver.Ⅱのセンターをダイレクトにするためのパーツなどを福山ラジコンセンターで買ってきました。

2011.10.11買い物 1


↓センターダイレクト化によりフルタイム4WD仕様へと生まれ変わったTA05Ver.Ⅱ。モーターも10.5Tに換装。
フロントのギアデフは今のところオイル漏れも無くイイ感じ。でもなぜかプーリーの歯の部分ににタイヤカスがめちゃめちゃ付きます。リアのプーリーにはぜんぜん付かないのに><

あ、そういえば10.5Tだとバッテリーをリフェにしないと速すぎて危ないかも。
でもリフェって、タミヤ 2200オリオン 3800(角型)を1本ずつしか持ってないんだったΣ(゚Д゚|||)

2011.10.11バー2 1 

以前短くカットして使っていた中古ボディポストに交換して、ABCホビー先っちょカッターで先端をきれに整えました。
昔流行ったアルミボディポストみたいな形状でカッコいいし、ボディ穴に通すのがラクちんになりました☆

↓アンテナの処理もいま流行りのカンジに♫

2011.10.11バー2 2 

↓そしてM05弐号機のギヤデフに小細工。中にフリクションダンパーグリス(ハード)をたっぷり入れているのですが、ギアケースのふちからちょっと漏れていたので、シューグーで密閉してやりました。これでもまだベベルの軸受(?)から漏れる可能性がありますが、この状態でしばらく様子を見ます。

2011.10.11ミニ 1 

↓シャーシをバラしたついでにロープロサーボ使用時の定番加工を施しました。B4部品をひっくり返し、前側のポストを3ミリカット。
2011.10.11ミニ 2 

↓サーボ位置が3ミリ低くなって、ちょびっと低重心化。
2011.10.11ミニ2.5 

弐号機にはM05Raのアップライトを前後に組んでいるのですが、フルボトムまたはロール時に、リアアップライトがボディマウント下部に当たってしまうので、ボディマウント側を斜めにカットしています。同様にフロントもクリアランスが少ないのが気になりますが、リアほどではないのでこれまた様子見です。

2011.10.11ミニ 4 

↓ほとんどTカー状態の壱号機から青いアルミパーツ各種を移植して完成。
明日、都合が良ければダイヤモンドサーキットで走らせるかも☆彡

2011.10.11ミニ 5
2011.10.9ダイヤ 1

昨日は“JUNくん”、“こやす”、“ちーぱぱさん”、“福ラジ店長”とダイヤで盛り上がりました!

私はTA05Ver.ⅡM05弐号機を持ち込んでテストメニューを順調に消化。
Ver.Ⅱのほうはフロントギアデフとスタビの追加という大きな変更があったのですが、だいたい想像していた通りの満足のいく動きで、だいぶイイ感じになってきました。
次回はセンターワンウェイをダイレクトに換えて、フロントサスのセッティングをいくつか試す予定です。

M05
“こやす”のアドバイスでスプリングを変更。
目標である「コーナーを丸く速く曲がる」マシンにちょっとずつ近付いてきました。
次回はステアリングリンケージをいじって曲がり方の変化を確認したいとおもいます。

“こやす”“ちーぱぱさん”『ら・じれタミチャレ』帰りでいろんなマシンを持ち込んでいたので、最近気になって仕方がないTA06を試乗させてもらいました。2台ともら・じれタミチャレが主戦場のためか、ダイヤのコースにはセットが合っていない印象でしたが、前後のロールバランスが良くてよく曲がってました。

“福ラジ店長”は23T+リフェ仕様のTB03を持ち込んで、精力的にセット出しを頑張っていましたが、いい動きにするにはちょっと時間が足りなかったかな?^^;

2011.10.9ダイヤ 2 

この日も路面は良好で、55ラジアルがかなりグリップしてました。
ただ、ミゾが無くなってくるとちょっとキツい感じです。

ミニは相変わらずMグリップラジアルがバリ食いでした♫
2011.10.8ギヤデフ 1

“Tさん”セットに合わせるためにギヤデフをフロントに、スタビを前後に組みました。

アルミバルク仕様TA05Ver.Ⅱのフロントにギヤデフを入れると、白いギヤケースが目立ちすぎて好みではないので、プーリーの部分以外をブラックに塗装することにしました。

2011.10.8ギヤデフ 2 

↓使用したのは染料系塗料の『染めQ』ブラック
あとで気づいたのですが、1510ベアリングがハマる部分はマスキングしておかないとダメでした。
結局、軸の部分に載った塗料を剥がすハメに><

2011.10.8ギヤデフ 3 

↓シリコンオイルは確か京商50000番を持ってたはず。と思って、探し出してみると・・・

「ん?なんか0がやけに多くね!?・・・500000番やんけ!!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」

まあ、せっかく持ってるんだから入れとけ~!ってことで、えいっ!と封入。ほとんど水飴でした^^;

2011.10.8ギヤデフ 4 

↓無事組み込み完了。スタビバーはミルキーブルーを使いました。
あとはセンターワンウェイをダイレクトにすればバッチリなのですが、来週福ラジに入荷するまではこの仕様でガマンしないといけません。

2011.10.8ギヤデフ 5 

↓組み上がったマシンを眺めていたら、長いケーブルがカッコ悪いのが気になってきたので、TRF416WEとの共用が可能な長さに短縮して、ヨーロピアンでコネクトしておきました。これで25gの軽量化に成功☆
アンプのスイッチは、クーリングファンの横にカーボン柄ポリカで作ったステーを貼り付けて、その上に両面テープで固定しました。

2011.10.8ギヤデフ 6
2011.10.7ダイヤ 1

昨日、ダイヤモンドサーキットTA05Ver.Ⅱのセッティングとタイヤテストをやってきました。
今回は前回と違い、路面グリップはかなり良好で、持ち込んだタミヤ ナロー系、シルバードット等のキワモノタイヤは全てハズレ。
結局55ラジアルが一番グリップしました。

↓今回からVer.Ⅱ451Rを積んでM11Xの使用を開始。
サーボはKO PDS2413ICSのままですが、M05のときのような舵角の異常は無く、いい感じでテストを続けることができました。
2011.10.7ダイヤ 2 

この日は“テル”の会社のラジ仲間が集まってワイワイ楽しんでいたのですが、その中でも明らかに不調だったTRF417“Tさん”が診察。メニューはプロポの修理に始まり、最終的にはなんとボールデフのメンテまで。スゴすぎる☆彡

2011.10.7ダイヤ 3 

私のVer.Ⅱは全体的にグリップが低く、アンダーなのに特定のコーナーで巻くというひどい状態。
タイヤやスプリングを換えたりしながらいろんなことを試したのですが、いくらやっても解決策は見つからず・・・

そんな中、“Tさん”のマシンを試乗させてもらって衝撃を受けました!!
とても同じ車種とは思えない素晴らしい動きで、今まで経験したことのあるIFS車とは次元が違いました。

こりゃ根本的に何かが違う・・・

2011.10.7ダイヤ 4 

ってことで、フロントプッシュロッド位置、長さ、ロッカーアームのスペーサー量、アッパーアーム角度等、サスマウントの種類とダンパーオイルの硬さが微妙に違う以外はサスセッティングをほぼフルコピーさせてもらいました。


すると・・・



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


なんと!駆動レイアウトの違いによる曲がり方の違いを差し引いて考えると、ほぼ同じ動きになりました!


こりゃマジすげー!!

2011.10.7ダイヤ 5 

こうなったらもっと“Tさん”仕様に近付けて、そこからもっと自分に合うセッティングを探っていくしかない!と決意したのでありました☆彡
先日、ラジ資産を整理したときに、スクエア製と思われるステアリング用ブレーキディスクが出てきたので、ちょっと手を加えてM11Xに装着しました。

まず真ん中の穴をリューターで14ミリに拡大するため、目安となるマスキングテープを貼ります。

2011.10.7ブレーキ 1


↓拡大完了。これでステアリングホイールの軸にぴったりハマります。
2011.10.7ブレーキ 2 

↓キャリパーを綺麗なブルーにしたかったので、マスキングをしてミッチャクロンタミヤ ポリカシルバーアルクラッドⅡトランスパレント ブルーの順に塗装し、ブルーアルマイトの質感を狙いました。
2011.10.7ブレーキ 3 

シューグーブラックでホイールの軸に固定して完了。M11X純正ホイールはかなりカッコいいので、これで十分満足です^^
アルミ製のブレーキディスクを装着したことで、ステアリングホイール全体としての重量が増し、金属製ホイールに交換したようなちょっと重厚な操作フィーリングになりました☆彡

2011.10.7ブレーキ 4 

では準備してダイヤに行きます^^ノ
M11Xのステリングスプリングが固い問題を早く解決すべく、ステアリング周りをちょっとバラしてみました。
が、フタバKOみたいにステア周りをちょっとバラしたくらいでは無理なことが判明。

とりあえずサンワさんに電話で相談。
すると、「ソフトスプリングへの交換は費用¥2000くらいで可能ですけど、納期が約半月くらいになります。」とのこと。
往復の送料も含めると約¥4000の出費で、そのうえ半月も使えないなんて、そりゃちょっとキビしい^^;

そこで、昨年からM11Xユーザーとなられている『世界やわステ教会』教祖“S田師匠に聞いてみたところ、「けっこう大変だけど自分でできるよ!」とのこと。

2011.10.6M11X 1


そこで・・・


はい、やっちゃいました><

2011.10.6M11X  2 

↓出ました!固そうなスプリングが。

2011.10.6M11X 3 
↓左が3PK2.4GHzで使っていたフタバ 3VC用、真ん中がEX-ⅠURで使っていた“S田師匠”謹製スプリング、右がM11X純正
今回はもちろん“S田師匠”バネを選択!
バッチリ好みの固さで、上質な操作フィーリングになりました☆彡

ちなみにスプリングにグリスを少量付けると、ビョーンみたいな、いかにもバネだけっぽいカンジから、まるでダンパーを装着したかのような滑らかな感触になりますよ♫

2011.10.6M11X 4 

↓そして今日ダイヤモンドサーキットで使うためのタイヤを準備。
ナローサイズのレーシングラジアルっていうタイヤを発見したので試してみます。
キット付属の一番リーズナブルなクラスのタイヤのようですが、今のダイヤの路面なら案外グリップするかも。

2011.10.6タイヤ 1 

↓ナローのホイールはあまり好きじゃないないので、レーシングラジアルはミディアムナローのイエローディッシュに貼りました。
ついでに、買っていたのもすっかり忘れていたF1のゴムタイヤと55ラジアルも接着しておきました。

2011.10.6タイヤ 2
2011.10.5ダイヤ 2

昨日、“Tさん”のお誘いを受けてダイヤモンドサーキットへ行ってきました!

持ち込んだマシンはTA05Ver.ⅡM05弐号機
着いてすぐにMグリップラジアル(ハードインナー)を貼ってM05に装着。その間に充電出来たバッテリーをTA05Ver.Ⅱ(ボディはNSX2007)にセットしてコースイン!タイヤはもちろん55ラジアル。

しかし、この日の路面はこの前とは全く違い、どんなタイヤもほとんど使い物になりませんでしたΣ(゚Д゚|||)
なんと!おそらくドリフトタイヤのカスであろうと考えられる黒い樹脂のようなものがトレッド面にビッシリ付いて、5周もすると前後のタイヤがやられてしまい、完全にドリフト状態になってしまうんです><

トゥエルブ、F1、ツーリングはどれもそんな状態で、店長や他のお客さんと話して出た結論としては、高い湿度(天候は雨)のせいで、アスファルトに詰まっていた樹脂カスが浮き上がってきて、数周で即席ドリフトタイヤが完成していたのではないかと。

ということで残念ながらVer.Ⅱは早々に終了。

そんな中、唯一絶好調だったのがMグリ装着のミニ!!
ミニってこんなに曲がるんか?!と思わず叫んだほどのバリグイで、めちゃめちゃ楽しかったです☆
しかもシャーシ全体に樹脂カスをたっぷり拾ってくるという“いい仕事”もしていたので、これからミニがこの調子でガンガン走れば、けっこう早く樹脂カスも出尽くして、いい路面が出来上がるんじゃないでしょうか?

2011.10.5ダイヤ 1 

そんな絶好調のM05弐号機で、待望の『新兵器』を試すことにしました!!

その新兵器とは・・・

サンワ M11X !!

人生初のラジコン、タミヤ マイティフロッグと一緒に、笠岡商店街の「おもちゃの国 にしおか」で買った

サンワ ダッシュS(←もちろん大切に保管してます)以来のサンワのプロポです。

なんだか妙に懐かしい(´;ω;`)

少年時代に憧れた名機“マシーン1の血統・・・ついにこの手にする時がやってきたのかと思うと、非常に感慨深いものがあります。そいうえばEX-ⅠURのときもこんな気分になったなぁ^^;

2011.10.5ダイヤ 3 

予算等の都合により、サーボはKO PDS-2413のまま受信機RX-451Rを積んだのですが、まず驚いたのがステアリング系が壊れるんじゃないかというほど切れる!ってこと。アップライトがCハブにガツガツ当たっちゃってます( ̄▽ ̄;)
とりあえずデュアルレートを80%に落とすとイイ感じになりました。サンワのシステムって、サーボの動作角が大きいのかな?
私の場合、路面コンディションがとんでもなく悪いとか、マシンが絶不調でコントロール出来ないとか、マシンの機構的に下げざるを得ないなど、余程のことがない限り、デュアルレートは100%のままマシンをセットアップしてそのまま走らせます。
プロポをフタバからKOにチェンジしたときは特に何も感じなかったのですが、今回のはサーボがサンワ純正ならまた変わってくるのでしょうか?

気になる走行フィールですけど、今回に限っては、EX-ⅠUR(レスポンスは20~30%で使用)に対して特に速いとか、何かスゴいとは思いませんでした。
ただ、クルマの動きが滑らかで挙動変化を感じやすい気はしました。

この辺のことについては、長年走り込んでいる府中ポムサーキットでツーリングを走らせたら違いがはっきり分かる自信があるので、また今度のお楽しみということで☆彡

2011.10.5ダイヤ 4 

あ、そういえばひとつ問題も^^;

M11X大好きなんですけど、ただ・・・


ステアリングのバネが私の好みよりだいぶ固いです ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
2011.10.5バーⅡ 1

TA05Ver.Ⅱタミヤブラシレス16Tを積んで、ステアリングリンケージを取説通りに調整しました。
Ver.Ⅱは組み上げてから現在までたいして走らせていないので、これからダイヤモンドサーキットを中心にセット出しを楽しもうと思います」☆

↓やはりケーブルの短縮やブラック統一などは行わず、そのまんまたわわ~んとさせてます。

2011.10.5バーⅡ 2 


↓ついでに掛川耐久仕様のままとなっていたTA05(04足)のサスマウントを1X〇を使ってナロートレッド化しました。
今後ストリート系ボディで遊ぶことを想定してのセット変更です☆

2011.10.5TA05 1
2011.10.4ミニ 1

遂にM03三兄弟が完成しました!

3台に共通している点が、「徹底的にエコな仕様」であるということ☆
持っている物だけを使って組み上げ、一切お金を掛けないというビンボーコンセプトです><

モーターのケーブルは大胆にKOグリーンを使い、しかもいまどき誰も知らないクロス4ピンコネクター(なんと当時1組で¥500><)で接続。放っておいたら一生使わないであろうアイテムを極力消費するように心掛けました。
アンプ側のケーブルも過去に仕様変更等で外された物の中から、要らないものから順にセレクトして使用。
キーエンスのケーブルなんて高価だから、中古といえども普段から大切にキープしています。

↓長男・壱号機M03R。唯一青いパーツを纏い、チタンビスで組まれています。
2011.10.4ミニ 2 

↓アンプはLRP クァンタム コンペティション、プロポシステムは3PKスーパー2.4GHz、サーボはKO PDS2511ICSで、バッテリー固定方法をグラステープ止めから純正ホルダーに戻しています。

2011.10.4ミニ 3 

↓次男・弐号機はいたってフツーのM03M。ビスはオールスチールながら、こだわりのスクエア製 ボタンヘッドブラックを使用。青いアルミパーツを排除してシブい色合いに仕上げました。

2011.10.4ミニ 4 

↓アンプはキーエンス エクストレイで、プロポシステムは3PKシンセ。サーボはフタバ S9550
3台もと絶対必要ないと分かっていながら、ストレートKOのハイグレードなショッキーを付けています。もう持ってても今後使う機会は無いでしょうから^^;

2011.10.4ミニ 5 

↓末っ子の三号機「ら・じれミニ耐久」で活躍したM03Sで、耐久用に改良したポイントもたくさん残っています。
ダンパーが純正フリクションになっている理由は単に「今まで使ったことないから」。この子はめちゃ車高が高いです><

2011.10.4ミニ 6 

↓アンプはKO VFS2000、プロポシステムは3PJスーパー(PCM)、サーボはサンワ ERG-XRです。う~ん、全部古いなぁ^^;

2011.10.4ミニ 7 

久しぶりにフタバの旧型プロポを触ったのですが、3PJ~3PKのシリーズはやっぱりカッコいいです☆彡

M03を3台組むために、キットの箱やラジ道具の引き出し・道具箱等、パーツの潜んでいそうな、ありとあらゆる場所を掘り返した流れで、現在所有する全てのラジ資産を完璧に整理しないと気が済まなくなってしまい、6時間かけて徹底的にやり切りました。

2011.10.4整理 1


途中↓のような工作に脱線しつつも、アルミビスチタンビスに始まり、イモネジやEリングやシムに至るまで、全て色・素材・サイズごとにパーツケースに収納し、絶対使わない物はバシバシ処分しました。いや~気持ちいい♫

それにしても↑のパーツ代の合計って、計算したらたぶん気絶するくらい恐ろしい額なんでしょうね><
まあ、ほとんどの物はもう一生買わなくていいくらいあるのでいいですけど^^;

2011.10.4整理 2 

↓そして放牧中のアンプたち集合!
左からKO VFS2000キーエンス エクストレイアツシハラ ツイスター2.3LRP スフィアコンペティションTCスペック

右2つはいつでも現役復帰可能な実力馬なので、さすがに遊び用M03に使うのはもったいないですね^^;

2011.10.4整理 3 

↓続いて同じく放牧中の受信機とサーボ。
フタバファンなので、やっぱりフタバばっかりですが、いずれもかつて大活躍した名馬揃い。

3PKスーパー2.4GHz、3PK、3PJスーパーの3機は出走確定ですが、ひょっとしたら老兵メガテックPCMの出番も来てしまうかも・・・って、全部ちゃんと動くかな><

2011.10.4整理 4
2011.10.2ダンパー 1

家中に散らばっていたダンパーの部品を全て結集し、遊び用M03に付けるダンパーを組み立ました。

↓ヘンな色合いのタミヤ ローフリクションダンパーが2組・・・
遊び用M03の場合、走りとかセッティングなんてどうでもいいので、シリンダー以外の各パーツを416WETA05.verⅡのダンパーをオーバーホールした際に出た中古パーツで賄い、地球にもサイフにも優しいエコなダンパーが完成☆彡

2011.10.2ダンパー 2 

遊び用スプリングは、ガチガチすぎて普段全く使うことのないエクストラハード(白)に決定。でもありえないくらいフニャフニャでロールしまくったほうが子供たちにウケるかな?
左の黒いTRFダンパーは予備だけど、パーツケース内の部品でもう1セット出来そうです^^

2011.10.2ダンパー 3
 
416WEのダンパーをいじったついでに、TRFダンパー大型スプリングリテーナーを使ってみました。
ヨコモHPIテックなどのスプリングにはピッタリ合いますね。路面追従性がアップしそうな予感♫

2011.10.2ダンパー 4
“JUNくん”&“テル”と一緒に、グリップ専用サーキットとして生まれ変わった

井原市『ダイヤモンドサーキットⅡ』に行ってきました!!

前回走らせに行ったのは・・・なんと3年前!(過去記事調べ)で、まだカーペット路面でした。
現在はアスファルト路面で、一見シンプルだけど実は奥の深いレイアウトとなっております☆

私が持ち込んだマシンはTRF416WEM05壱号・弐号

416WEタミヤブラシレスから17.5Tブーストシステムに換装し、ソレックス&RPの各コンパウンドを次々に試したのですが・・・

結局全部ダメでした><

コースの大きさに対してスピードが出過ぎなのも一因でしたが、他のお客さんに聞いても、やはりハイグリップ系のタイヤはいまいちグリップしないとのこと。
ミニのほうはタイプA・BSグリップを使いながらサスセットをいろいろ試しましたが・・・

2011.10.1ダイヤ 1 

“テル”の愛車TRF417。先日加茂川サーキットでシェイクダウンしたばかりの新車で、最初はヨコモのタイヤで何とかしようと頑張っていたのですが、結局タミヤ550円ラジアルに落ち着きました^^;

2011.10.1ダイヤ 2 

TA06タミヤが生んだ最高傑作にして歴史的名車TA05を超えることができるのか・・・

って、これ誰の??

2011.10.1ダイヤ 3 

↓閉店までガンガン走らせてお腹いっぱいになりました^^
昨日までは路面状態があまり良くなかったようですが、今日はけっこういい感じでしたよ♫

これからダイヤモンドサーキットに行こうとお考えのみなさんにおすすめタイヤ情報を。

ツーリングタミヤ550円ラジアルミニMグリップラジアル(Sグリップじゃないですよ)を用意しておけばバッチリです!

ギュルギュルギュル!!!ってすごい音がするくらいグリップしますよ☆彡

2011.10.1ダイヤ 4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。