1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090804新水槽 1

新しい水槽の設置が完了しました。
今回のリニューアルでは10年前に海水魚で使っていた60×45×45アクリル水槽を使おうと考えていたのですが、いざ引っ張り出してみるとアクリル板の内部に無数のスジが入っているなどの劣化が見られたので使用を断念しました。

そこで楽天市場でみつけたcharmさんでコトブキレグラス フラットF-600L(60×45×45)をオーダー。この水槽は定価22500円なんですけど、なんと8270円という超特価でした(驚)
コーナー曲げガラスタイプのR-600Lとどちらにするか迷ったのですが、曲げガラスはどうしてもコーナー周辺の内部が歪んで見えるのが気になるのでやめました。
水槽台も専用のレグラススタンド 600Lを一緒に購入。これも他のショップだと35000円くらいするのですが、charmさんは15900円!!なんと半額ですよ@@

新しい水槽セットでテンションMAX!
まずは手持ちのエーハイム 底面オーバーフローフィルター改をセット。そしてホームセンターで買ってきた網戸のメッシュを敷いて濾過一番サンドの極小粒の落下を防いで投入開始。
濾過一番サンドを薄く敷いた段階でADA バクター100をまんべんなく振り撒いておきました。

水は旧水槽から20L×2を頂いて使用。この水がバクテリア繁殖のためのエサになるかなと。それに新しい水を足して↓の状態に。
 20090804底面フィルター 2

パワーフィルターは“JUNくん”とこから帰還したエーハイム2211。濾材は不純物吸着のためとりあえずエーハイム純正活性炭を半分くらいとパワーハウスを入れています。

20090804スタンド 1

エーハイム 底面フィルターはこんな感じにセット。スリットにサンドの極小粒が落ちるのを防ぐために網戸のネットを敷きました。
パワーフィルターに接続するパイプはオーバーフロー用を手持ちのパイプ小を用いて底面直結型に改造。底面吹上式として循環スタート☆
果たして水の白濁は取れるのでしょうか・・・。


20090804底面フィルター 1
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nobuciviceg9.blog50.fc2.com/tb.php/1153-a839dc48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。