1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100108取り外し 1

予備のエリシオンテールは用意していないので、Myエリシオンから外します。
フェンダー側はナット3個ずつですぐに外れたのですが、ゲート側の取り外しにやや苦戦。

内張りを外せば何か道が開けるかも・・・と思って外してみたのですが・・・

100108取り外し 3 


↓苦戦の原因は赤マル部のクリップ。結局裏側からタオルを当てて(ケガ防止のため)軽く叩いたら外れました^^;

100108取り外し 2

フェンダー側は↓のようなレンチがあれば内張りのフタを外すだけで簡単に外せます。ただ、ナットを車体内部に落とさないように注意が必要です。

100108取り外し 4 

↓外したエリシオンテールを切開するため、以前から要していたホットナイフを用意。
これはかなり昔に使っていたグットのニクロムヒータータイプ最強のKS-100Rにオプションのホットナイフ先端を取り付けたもの。ホットナイフとしては十分すぎるパワーを発揮するはずだったのですが・・・

100108ホットナイフ 1

なんとヒーターが切れていてOUT!!

Σ(゚д゚lll)ガーン


100108ホットナイフ 2

とりあえずフェンダー側リューターでいけるみたいなのでサクッと切開。
↓は下側(ウインカー)。養生テープで傷防止。

100108フェンダー側 2

↓上側(ブレーキ)は鉄板が邪魔してフタになる部分を破壊せずに開けることができませんでした><
鉄板の形状がみんカラで見たものより凶悪なのはなぜ?;;

 
100108フェンダー側 1

日没までに出来るところまで進めたかったので、リューターで可能なところだけ先に済ませ、後でホームセンター ホリデイホットナイフを買いに走ったのですが、結論から言うと全てホットナイフでやるべきでした。

エリシオンテールブレーキ部内側に別パーツのレンズが入っていたのですが、切開時に出る削りカスが奥に入ってしまうと取り除くのがめちゃ大変です。
これからトライされる方は全部ホットナイフでやることをオススメします。

100108フェンダー側 3

やっているうちにちょっと欲が出てきたので、急遽LEDパラダイスさんで↓のアイテムを購入。
左はブレーキ用5ミリ赤。真ん中はウインカーバックに仕込む予定の3ミリホワイト(珍しい円筒型)。


100108LED 1

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nobuciviceg9.blog50.fc2.com/tb.php/1218-0687da9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。