1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100109ゲート側 1

エリシオンテールのゲート側を切開しました。
リューターとホットナイフを使って切り取ったのですが、リューターで出た細かい樹脂クズがけっこう付着しています^^;

これからこういった作業をされる方、おられましたらホットナイフオンリーでやることをオススメします。

ゲート側ブレーキ部で一番切りにくい部分はこんな感じ。車体への取付強度に関わる箇所は残しています。



100109ゲート側 2

バック部。開いてみたら5ミリ砲弾4発×4ではなく、×5もイケることが判明。少しでも明るいほうがいいので4発の基盤を2個追加製作しました。

100109ゲート側 3

ブレーキ部のインナーレンズを掃除したかったので思い切って摘出しました。

100109ゲート側 4

↓フェンダー側のユニットが完成したのでテストを開始。
基盤はエスティマフェンダー側純正をそのまま使用。抵抗もぜんぜん熱くならないので安心です。


100109テスト 1

↓ユニット裏面はこんな感じ。ホットボンドを多用してガッシリ組んでいます。

100109テスト 2

テール(スモール)点灯状態。カッコイイです♪

100109テスト 3

↓そしてブレーキ!!けっこう眩しい><

100109テスト 4

↓苦心の跡が見えるウインカーユニットです^^;
ブレーキにも使っているエスティマフェンダー側リフレクタエリシオンテールブレーキ部のアールに合わせるため、3つに切り離して位置調整しつつホットボンドで固定。間にもうひとつ追加して4発×4仕様としています。
ウインカー部はスペースが広いので、基盤裏の配線はゆったり目です。


100109テスト 5

↓そしてウインカー点灯!!いい感じです☆
ちなみにエスティマフェンダーリフレクタの穴には5ミリ砲弾4発が超ジャストフィットします(驚)


100109テスト 6
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nobuciviceg9.blog50.fc2.com/tb.php/1219-729a0f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。