1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100112フェンダー側 1

フェンダー側ブレーキユニットをインストール。
↑の右下にチラッと写っていますが、普通は光らないところに赤5ミリ砲弾LEDを片側6発ずつ仕込んでいます。
のコードはその電源で、無難にスモール連動としました。これで夜間の視認性が大幅アップ!安全性がかなり向上したかも☆

↓フェンダー側の基盤も収縮チューブで保護しています。


100112フェンダー側 2

最後にバック部の作業を。
バックユニットは↓のような感じになりました。
リフレクタ下部の細かいギザギザの部分をあえて2~3ミリ残したのは照射角度調整のため。これにより僅かに下向きになり、夜間のバックカメラの視界確保を狙います。


100112バック 1

最後の最後に手こずったのがバック部のイルミ。
ウインカー部のホワイトとお揃いにするため、何とかしてホワイトLEDを仕込みたいと考案したのが↓のユニット。
スペースが非常に狭いため、5ミリ砲弾の使用は無理と判断。先日入手したばかりの3ミリ円筒型を0.8ミリ厚ポリカ板に京商Dフレックスカラーデカール・メタリックシルバーを貼ったものに3発直列でセット。


100112バックイルミ 1

↓3ミリの穴にLEDをギュッと刺し込んでいます。

100112バックイルミ 2

↓3つある窪みが不要なハンダゴテで溶かして作ったLEDをセットする箇所。その下にある隙間にLEDの足(配線)が収まるのですが、メッキが電気を通してしまうのでショートに注意が必要です。
窓が黄色いのは作業中のトラブル防止のためマスキングテープを貼っているから。


100112バックイルミ 3

↓そしてなぜか一気にエリシオンへ装着する寸前の写真に。(ノリノリで作業していて撮り忘れてました><)

カーボンカッティングシートが貼ってあるのは赤LEDのおしりから光が漏れるのを防ぐためです。シートの下や各部シーリングにはラジコン界ではおなじみの「シューグー」をふんだんに使ってでバッチリ防水^^v


100112フェンダー側 3

このあと無事装着を終え、動作確認などもバッチリで感動的な達成感を味わったのですが、車体があまりキレイじゃなかったので、また洗車してから写真を撮ってアップしたいと思います^^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nobuciviceg9.blog50.fc2.com/tb.php/1222-ed4815bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。