1. 無料アクセス解析
30代のパパがラジコンやクルマなどの趣味について書いています。ホンダがんばれ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.5.18POM第5戦 3

<タミヤクラス>

久しぶりにステアリングサーボを搭載して走行可能な状態となったTA05-IFS。モーターをエース級GTチューンに換装しただけで、他の部分は一切ノータッチのまま出撃!
今回のタミヤクラスコース変更で行われました。 コース変更になると、普段マシンが一切通らない「路面=砂場状態」のセクションを通過するようになるので、マシンコントロールが非常に難しくなります。まあそれも腕の見せ所ではあるのですが。

予選第1ラウンドは集中力を欠いてミスを連発してしまい、ストライクフリーダムNSX2007ボディの傷を増やしてしまいました;;
暫定順位はタミグラ岡山大会の鬱憤を晴らしたい“JUNくん”タミヤ戦線に華麗に舞い戻ったスーパーエキスパート“S藤さん”に次ぐ3番手。

予選第2ラウンドタミヤクラスF1のモナコGP並にスタート位置が重要。
逆転TQを狙い、超本気モードで限界まで攻めました。縁石に一度も触れることなくノーミスでゴールして10周 3'09″640をマーク!なんとかポール・ポジションを獲ることが出来ました。

しかし決勝では“S藤さん”がやる気マンマンでボディを「ウイングレスドリドリR34GT-R」から勝負ボディ「ウイング付きNSX」に変更。
これは2008タミヤクラスでは“一大事件”といっても過言ではない出来事で、初めてちょっと本気を出した“S藤さん”を相手にどこまで戦えるのか・・・イケのかオレ・・・

そしてタミヤクラスAメイン決勝

予想通りスタートと同時にものすごい勢いで加速してくる“JUNくん”“S藤さん”!
1コーナーから右S字区間で並びかけられて軽く接触しますが、幸いポジションを落とすことなく1周目をトップで帰って来ました。
しかし、スピードが一枚上手“S藤さん”TA05にジリジリと差を詰められ、レース後半は車間距離1メートルで追いまわされっぱなし!!
一度でも縁石に触れたらアウト!!という厳しい状況でしたが、刺されることなくなんとか5分間しのぎ切り0.7秒差で辛くもトップチェッカー!

久しぶりに緊張感のあるタミヤクラスでしたが優勝できてよかったです^^;

2008.5.18POM第5戦 4

でも“S藤さん”がだんだん本気になってきているのが怖いです((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nobuciviceg9.blog50.fc2.com/tb.php/850-d1249a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。